ドイツではMTばかり!MT車はめんどくさいのではなく、わがままに乗れるクルマだ

  1. ドイツ現地レポ
  2. 1218 view

クルマ好きの中にはMTでないとだめ、みたいな温度感の方もいらっしゃいますね。個人的にはそこまでではありません。自動変速までは、自動車の技術として、ある程度初歩的なもので、その登場で、飛躍的に利便性を向上させた。そういう技術だといっていいのではないかと思っています。ただ、私個人的な趣向性では、オートマも悪くないなあと思います。ダイレクトではないからこそ。ペダルワークで「クルマに寄り添っていく」そんな運転スタンスはマニュアル車にはないもの。そのうえで、クルマとシンクロした時の喜びは、マニュアル車ではなかなか味わえないものではないでしょうか。

10363864_819945038112658_5546734195085884584_n

11267356_819945061445989_7578340660767429696_n

最近では自動変速といってもツインクラッチタイプ、シングルクラッチタイプの2ペダルギヤ、プーリーやベルトなどを介した無段階変速CVT、オーソドックスなトルクコンバータータイプのオートマチックと多種多様。クルマの性格や、燃費性能などを考慮してチョイスされています。また、かつての欧州車は基本的にマニュアル主流で、ごく少数の自動変速車が製造されていたに過ぎませんでしたが、その信頼性や、燃費効果も高い変速機が増えてきたことで、かなり自動変速車のシェアも上がってきているようです。追従型クルーズコントロールの一般化や、エンジン自体は燃費コンシャスな小排気量過給機で、マニュアルシフトで運転するにはピーキーなものも多いからという事情も、背景としてはあるのかもしれません。

その上で、マニュアルトランスミッションはめんどくさい。渋滞の中では煩わしいといった意見に関しても、そんなに「ことさらにいうほどだろうか?」と思ってしまうのであります。クラッチのフェーズの挙動はオートマチックにはないもの。あのクリープとは全く違いますね。そして燃費コンシャスな運転も、ガシガシダイナミックな運転も自分の思いのまま。マニュアル車はめんどくさいのではなく「わがままに乗れるクルマ」だと思っています。ここ最近あちこちで、こんな風に申し上げています。

11406945_819945078112654_8867820728320944396_n

11391210_819945114779317_3285863735186036391_n

ドイツからの便りに、マニュアル車の写真がたくさん入っていました。どうも車種で判断するに、少し前のクルマですね。ダウンサイジングターボではなく、あるいはホットな仕様も含まれているかもしれません。日本に輸入されるクルマはマニュアルであっても、一番スポーティーで上等な仕様にだけ設定とかも少なくありませんね。私個人的に不満を表明したいのはその部分です。自分も「へたっぴドライバー」ですので、ハイパフォーマンスな車ほど自動変速にご登場願いたいですし、クルマの素材の良さを味わうことができるという意味でも、幸福を感じることができるのは、そういうホットバージョンのモデルではなく、一番素のモデルだったりしますね。その点でいうと、さすが現地。シート表皮の素材、内装を見る限り「ごくごく普通のグレード」なのではないか。その部分にテンションが上がってしまうわけです。

クルマはノンターボ、そんな過剰でなくてもいいので絶対的なトルクが常に泉から湧き出すようなSOHCかOHVのそんなに大きくないクルマの良さと言ったら、筆舌に尽くしがたい魅力があるのです。商品力でいえば、乗る前には不安になるほどちゃちな内容だったりします。しかし、それでも不満があまりなかったりすると、小ざっぱりしたそのなりがむしろ愛おしかったり。そんなクルマなんじゃないでしょうか。こういうクルマをマニュアルで乗ってごらんなさい。どんなに高価なクルマを一緒に持っていても、それに一切乗らなくなってしまうような危うさすら感じてしまうのです。

11391629_819945138112648_3413767777798693771_n

11391358_819945158112646_6948837879326771203_n

誤操作ではないかとされる事故が多く、それに対する解決策として、マニュアル車オンリーのライセンスを作ればそういう事故が抑えられるのではないかという意見もあり、ある種私もその意見には一定の共感を覚えるのですが、そういう危機管理の問題を抜きにしても、シンプルなマニュアル車、常に一台手元に置いておきたい。そのくらい魅力的な存在ではないか。最近そんな風に思っているのです。まさにそうそうこんなクルマ。ドイツからおくられてきたシンプルなマニュアル車の写真を見て、そんな気持ちになったのでした。

[ライター/中込健太郎 カメラ/ドイツ現地スタッフ]

輸入車のご売却は、なんでもご相談ください!

「外車王」を運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車の高価買取が可能。愛車のご売却はなんでもご相談ください!

売却相談はこちら
中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し、その後大型展示場のオープン準備から、展示在庫の目視選定業務に従事した。そのころ企業Facebookページでの在庫車に関する紹介や、クルマで出かける旅行コンテンツなどを担当。その後フリーランスライターとして活動現在に至る。クルマの売り買いの経験から、ドライブを通じてクルマの魅力楽しさを紹介することをライフワークとしている。車選び.com ,NAVI CARS他で執筆中。「クラシックカー美女」テキスト担当●温泉ソムリエ●一級小型船舶操縦免許

記事一覧

関連記事