何より凛としたその雰囲気。シャレた縦目メルセデス・ベンツSクラス

  1. ドイツ現地レポ
  2. 461 view

ドイツから送られて来た写真の中にシャレた縦目Sクラスの写真が。なんでも、もうすぐ現行型Sクラスクーペにもカブリオレが登場するのだとか。やはりメルセデスの本質はSクラスにこそ、という面はあるのかもしれません。色もいいし、何より凛としたその雰囲気。クラシックカーとしても普段から使える一台としても、信頼性も高く扱いやすい一台と言えるのではないでしょうか。クラシックカーと暮らすなら、このクルマ、ホントありだと思います。

何より凛としたその雰囲気。シャレた縦目メルセデス・ベンツSクラス

しかしこの写真、よく見ると見慣れないナンバーが。フレームも赤字で文字も赤字。なんでもドイツの仮ナンバーのようなのです。自動車は登録して使用しますね。そうなると、どうしても登録の前後で、整備や手続き上、回送や移動をしなければならないことも。日本でも「臨番」、いわゆる仮ナンバーを借りることができます。これは私も何度か申請したことがありますが、臨時運行許可制度といって、該当する期間に有効な自賠責保険があれば、回送ルートを申請すると借りることができるものです。これは陸運支局ではなく、市役所や区役所など「自治体の役所」で手続きすることになっていますね。

自分のクルマではないのですが、こういう制度がないと、個々のカーライフは始まりません。支障をきたします。そういう事情は日本もドイツも同じなのかもしれませんね。また、これはクルマ好きの目線なのですが、どんなに優雅で、心奪われる美しいクルマ、スーパーカー、ビンテージカーであっても、やはり登録しなくては乗れない、そんな「夢の中の現実」のようなものがある光景ではないでしょうか。

過去に素晴らしい戦績をおさめたレーシングマシンであっても、一世を風靡した大スターが所有したクルマで、今もその面影すらも伝えるかのような名車であっても、車検を通過して書類を揃えて所定の手続きを経なければ登録はできないのです。実はどんな夢の彼方からやって来たように美しいクルマでも、時空を突き抜けて来たようなグランプリマシンでもその法規、レギュレーションのに適合していなければ、自動車として公道を走ることはできないのです。

実はこのことが自動車の魅力の大事な要素なのではないでしょうか。単なるからくりではなく、美術品でもない。最もメカニカルな機械でありながら、日常に寄り添える存在である。だからこそエモーショナルだったり、愛着がわいてくるのではないか。実は極めて事務的に写る登録制度があるからこその仮ナンバーを見ていて、ふとそんな風に思ったものです。

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し、その後大型展示場のオープン準備から、展示在庫の目視選定業務に従事した。そのころ企業Facebookページでの在庫車に関する紹介や、クルマで出かける旅行コンテンツなどを担当。その後フリーランスライターとして活動現在に至る。クルマの売り買いの経験から、ドライブを通じてクルマの魅力楽しさを紹介することをライフワークとしている。車選び.com ,NAVI CARS他で執筆中。「クラシックカー美女」テキスト担当●温泉ソムリエ●一級小型船舶操縦免許

記事一覧

関連記事