30年以上前の消防車。なんとHナンバーをつけて走行している

  1. ドイツ現地レポ
  2. 12 view

日本人の男の子なら、手にしたことがない人はほぼいないのではないのでは思うほど、ポピュラーなミニカーのブランド「トミカ」。

トミカの中で一番たくさん売れているのは、はしご消防車なのだそうです。働くクルマは人気が高いですし、勇ましく、赤いボディが目を引く消防車はいつの時代も子供たちの憧れ…。そんなことも理由なのかもしれませんね。

とても珍しい古い消防車

30年以上前は確実!? Hナンバーを持つドイツの消防車@ドイツ現地レポ

実際のクルマは老朽化されるとその都度入れ替えられてしまうので、案外古い消防車というのは現存していないものではないでしょうか。かつては公園の遊具のようなカタチでおかれたりしているものも有りましたが、最近はあまり見掛けないような気がします。それはそれで、少しばかりさみしいような…。時代の流れなのかもしれませんし、仕方のない部分も有るのでしょうね。

今回ドイツから、古い消防車のレポートが届いたのですが「Hナンバー」をつけているところを見ると、いわゆる現役の消防車ではなく、好きな方か、(自治体かは不明ながら)消防車を大事に保存しているのでしょう。これはとても珍しい写真だと言えそうです。消防車と言っても、ポンプなどの「消防車特有の仕掛け」があるタイプではなく、ホースや隊員を運んだのかもしれません。メルセデス・ベンツの大きなバンですね。

30年以上前は確実!? Hナンバーを持つドイツの消防車@ドイツ現地レポ

日本でも、某有名大手オークションサイトを見ると、官公庁から出展されたクルマが多数掲載されていますね。その中にはときどき「消防車」が出ていたりするので、ついついじっくり見てしまいます(笑)。距離も1台で目一杯頑張ったのでしょうか?とても過走行なものがある一方、クルマはやけに古いのに、何かの間違いではないか?そう思ってしまうほど距離が短い個体があったりします。

それはそれで「きっと平和だったのかな、なにより…。」などと思ってしまうものです。ベースになっているクルマ(ヘッド)の部分が、もうとうに見なくなっているようなクルマの場合もあったりして。普通に置く場所と、余裕が有れば何かああいうものを1台入手してみたい、などとしばしば思っているものです。

陰で支えていてくれたクルマたち

30年以上前は確実!? Hナンバーを持つドイツの消防車

しかしいずれにせよ、商用車にも言えることなのですが我々の暮らしを陰で支えていてくれたクルマたちというのは、酷使されますし、定期入れ替えもあってなかなか古いものが残らない傾向が有ります。しかし、そういうものこそが実は身近なクルマであり、懐かしく、親しみのわく存在だったりもしたのではないでしょうか。ですから、このメルセデスの消防のクルマもぜひ末永く大切にされて、往年の日常の風景を後に伝える存在で居続けてほしいもの。そう願わずにはいられませんね。

[ライター/CL編集部・中込健太郎 カメラ/ドイツ駐在員]

※当記事は過去公開した記事の再編集版です

中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し、その後大型展示場のオープン準備から、展示在庫の目視選定業務に従事した。そのころ企業Facebookページでの在庫車に関する紹介や、クルマで出かける旅行コンテンツなどを担当。その後フリーランスライターとして活動現在に至る。クルマの売り買いの経験から、ドライブを通じてクルマの魅力楽しさを紹介することをライフワークとしている。車選び.com ,NAVI CARS他で執筆中。「クラシックカー美女」テキスト担当●温泉ソムリエ●一級小型船舶操縦免許

記事一覧

関連記事