Hナンバーのメルセデスベンツ300SL見て…クルマってまさに文化である

  1. ドイツ現地レポ
  2. 174 view

メルセデスベンツ300SLというと、初代のガルウィングのクーペを思い浮かべる方も多いかもしれません。しかし後期になると、よりモダンで存在感のあるフロントマスクとともにオープンのロードスターに変更になります。パフォーマンスも、乗り心地も、ユーティリティも全ての点においてガルウィングモデルを凌駕していると言って良いのが、この初代SLでは後期モデルのロードスターです。

生産台数もそこそこ多い上に、現存台数も決して少ないとは言い難い初代SLも、昨今のクラシックカーブームのあおりを受け、日本円では億のオーダーをくだらない状況にはあるのですが、それでも比較の問題としては、ロードスターの方がリーズナブルなようで、宝くじでも当たったら一台手に入れるのも悪くはないだろうな。最中にすでに辟易としそうな妄想に自分で虚しくなったりしているものです。そんな初代SLのロードスターについての便りがドイツから届きました。

13062062_989258077848019_3827727533920819530_n

12994374_989258044514689_6259697023398087166_n

みなさまの元にも届きましたか?自動車税。5月末までだそうですね。まあ、支払うというのは面白くないものです。しかし、クルマを持っていれば「持っていなくては絶対実感できないようなメリット、素晴らしい思い出」などかけがえのない収穫もあるものです。そうなると持っているものが受益者負担でしょうか。何がしかの税負担を強いられるというのは、致し方のないことなのではないでしょうか。せいぜい、税負担した分くらいは、「金がかかるからクルマは持たない」なんて分別のある人間を標榜する連中に、クルマのある楽しさを見せつけてやろうではありませんか。

ただ、その負担の配分については、やっぱり日本も見習えないものだろうか、と羨ましくなってしまうのが、このドイツのHナンバーの制度ですね。論点をすり替えて、旧車を偏愛し、それを足にすることはもしかすると、社会通念上感心されることが少ないかもしれません。しかし、もし、普段の足に広く客観的説得力を伴う最新のエコカーなんかも持っていて、なおかつこうした古い車も大切にする。そんなことであれば、社会通念上もバランス取れるのではないでしょうか、などといろいろ考えたりもするわけです。

13055162_989257941181366_1247473151892526797_o

実際は経済的な余裕があるので、買い集めたという人ばかりではなく、比較的経済的に裕福でも、かなり退路を絶って愛車を維持しているカーガイは少なくありません。もっと言うと、一見金回りの良さそうな人の中にも「そのクルマを命ある限り守らなければならないから」と、そのクルマのために仕事をしているというような人も少なくありません。

何の意味があるの?ではなく理由なく、運命付けられたような暮らしをしている人を見ていると、クルマってなるほど、まさに文化なのだなと思わないではいられません。

春、私たちも屋根を下ろして出かけようではありませんか!

外車王公式チャンネル「外車王TV」

輸入車好きに向けて、人気車両の走行シーンからサウンド、車両レビューなど、さまざまな角度から輸入車をテーマにした動画をYouTubeで公開中!!【チャンネル登録お願いします】

外車王TV
中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し、その後大型展示場のオープン準備から、展示在庫の目視選定業務に従事した。そのころ企業Facebookページでの在庫車に関する紹介や、クルマで出かける旅行コンテンツなどを担当。その後フリーランスライターとして活動現在に至る。クルマの売り買いの経験から、ドライブを通じてクルマの魅力楽しさを紹介することをライフワークとしている。車選び.com ,NAVI CARS他で執筆中。「クラシックカー美女」テキスト担当●温泉ソムリエ●一級小型船舶操縦免許

記事一覧

関連記事