名車のレプリカ?「フォードGT40」リメイクモデル

  1. ドイツ現地レポ
  2. 611 view

クルマが好きでいろんなクルマを見て「いいなあ」「素敵だなあ」と心酔することしきりですが、一方で、クルマを見て行くほどに、知らないこともまだまだ多いなあと思うことが多々出てまいります。ドイツからフォードGT40のレポートです。

(編集部追記:当記事は過去配信した記事の改定版です)

名車が復活「フォードGT40」リメイクモデル@ドイツ現地レポ

1964年にデビューし、ル・マン24時間耐久レースでも大活躍。そんな名車のレプリカでしょうか。今風なマッドブラウンが妙にマッチしていますね。このクルマはアメリカのフォード・モーターが世に送り出したスポーツプロトタイプのレーシングカーです。

冒頭の「知らなかったこと」とは、私自身「GT40」だと思って呼んできましたが、フォード自身は一度も「GT40」と呼んだことはないのだそうです。もともとは「フォードGT」。40というのは車高が40インチ(1016mm)だったからだそうです。まあ、それでもこれからもGT40と呼ぶでしょうけれど。たまにこういう知識の核心に迫るような発見に触れると新鮮な気持ちになるものです。

1960年代にフォードのイメージ戦略もあり、モータースポーツの分野での躍進が有効であるということで、当時ル・マンでは圧倒的な強さを誇っていたスクーデリア・フェラーリの買収を画策していましたが、失敗に終わり、そこで自社でローラ・GTをベースに開発されたのがこの写真のもとになった「フォードGT」でした。

ドイツといえば、このフォードGTがデビューを飾ったのは、1964年のニュルンブルクリンク1000kmでした。この時の結果はリタイア。続くル・マンでもラップレコードとル・マン史上初めて300km/h超えは果たしながらリタイアに終わりました。この新時代の幕開けを告げるかのような高性能マシン、1966年にはル・マンで表彰台を独占。こうして多くの車好きの記憶に強く残る一台になっていきました。

こんなGT40、自分の好きな車の中で屈指のお気に入りに数える人も少なくなく、フォードは100周年記念してオリジナルの通称「GT40」を彷彿とさせつつ、現代風のスーパースポーツとして1500台限定で「フォードGT」を2005年にリリースしました。写真はその一台でしょう。

日本には正規輸入はされなかったものの数台持ち込まれている模様です。ルーフの部分の材質が異なるようにも見えるので、もしかするとオープンの「GTX1」かもしれません。しかしカフェに乗り付けるとはかなりおしゃれですね。

[ライター/CL編集部・中込健太郎 カメラ/ドイツ駐在員]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し、その後大型展示場のオープン準備から、展示在庫の目視選定業務に従事した。そのころ企業Facebookページでの在庫車に関する紹介や、クルマで出かける旅行コンテンツなどを担当。その後フリーランスライターとして活動現在に至る。クルマの売り買いの経験から、ドライブを通じてクルマの魅力楽しさを紹介することをライフワークとしている。車選び.com ,NAVI CARS他で執筆中。「クラシックカー美女」テキスト担当●温泉ソムリエ●一級小型船舶操縦免許

記事一覧

関連記事