ドイツ発。日本の空でもYS-11の後継機として活躍するボンバルディア

  1. ドイツ現地レポ
  2. 46 view

最近はあまり乗る機会も無いのですが、空の旅が好きです。飛行機は飛行機でも旅客機が好きというのもあるかもしれません。戦闘機はあまり好きではありません。きな臭い、マイルが貯まらない、五月蝿い、燃費が悪い。やっぱり、乗り物の魅力はキャビンがあってそれが移動する、というところにこそ神髄があるのではないでしょうか。飛行機を使うと大多数の街に家から3時間台で行くことができるのです。そう思うだけで楽しくなるものです。

ドイツから旅客機の写真が送られて来ましたよ。エアベルリンのプロペラ機ですね。この機体はボンバルディアのDHC-8(ダッシュ・エイト)Q400型ですね。DHCはデ・ハビランド・カナダの略で、この飛行機を開発したメーカーの名前です。ボンバルディア社に買収されつつ、現在も製造されています。日本でもかなり多くの機体が飛んでいる機種です。

549399_828880677219094_938510248370574156_n

このQ400は、新時代の低騒音低振動型の機材のシリーズであることを示しています。400はシリーズの中でもかなり大きな機体を有します。日本でもかつてYS-11で飛んでいた路線や、場合によってはボーイング737、エアバス320といった比較的コンパクトなジェット機で運行していた路線でQ400が活躍しています。このQシリーズでは6枚ブレードのプロペラになるのが特徴です。時速700km/hほど出るので、ターボプロップ機としては比較的高速な機種と言えるでしょう。より耐候性が高く、比較的小さな空港でも離着陸できることもあって、路線によってはジェット旅客機以上のアドバンテージを発揮できる機材だと言えるでしょう。

この機体は大阪から高知まで乗ったことがありますが、プロペラ機としてはかなり高い高度での飛行だったのが印象的でした。それでも鳴門海峡の上空くらいまで上昇をするとそこから降下を始めるという航路でしたので、まさにああいうところはジェット旅客機で高度を稼がなくとも事足りる路線だと言えるかもしれません。

11541991_828880743885754_1642200365835228691_n

一方エア・ベルリンですが、ドイツの格安航空会社です。格安航空会社の中では少し価格帯も高めで、その分サービスやマイレージプログラムなども充実している点が人気の秘訣です。同社はこのダッシュ8 Q400を10機所有しているそうです。

キャパシティでは80人前後という内容ながら、ジェット機に肉薄する性能を持っているのがこの機種の強みと言えでしょう。中には貨客混載仕様のコンビタイプのコンフィギュレーションもあるようで、日本でも間もなく琉球エアコミューターが離島便で導入する予定です。遠い異国の地で活躍する、なじみの機体を見ると。なんだか懐かしく、そしてほっとさせられるような気持ちになるから不思議ですね。これも一種の旅愁なのでしょうか。

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
中込 健太郎中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し、その後大型展示場のオープン準備から、展示在庫の目視選定業務に従事した。そのころ企業Facebookページでの在庫車に関する紹介や、クルマで出かける旅行コンテンツなどを担当。その後フリーランスライターとして活動現在に至る。クルマの売り買いの経験から、ドライブを通じてクルマの魅力楽しさを紹介することをライフワークとしている。車選び.com ,NAVI CARS他で執筆中。「クラシックカー美女」テキスト担当●温泉ソムリエ●一級小型船舶操縦免許

記事一覧

関連記事