このダイハツ・クオーレは「日本の皆さん、僕は元氣です」とでもいいたげ

  1. ドイツ現地レポ
  2. 205 view

国際という言葉はすでに空気くらいなんでもないような言葉になってしまったかもしれません。ただ、その国際、結構その表現方法は様々で、海外経験が長い、とか、外国語が堪能だとかだけでは片付けられない部分があるような気がしてならないのです。こんなことを私が言うと、不得手な英語を棚にあげるためにそんなことを言って、と叱られるかもしれません。まあ、否定はしないですが。

「日本の皆さん、僕は元氣です」とでもいいたげなダイハツ・クオーレ

ドイツから、可愛らしいダイハツのクルマに関する便りが届き、そのクルマ、どうもかなりの日本びいきの方の愛車を思わせる状態なのであります。

クルマはクオーレと書いてありますが、ミラですね。ものとしては。ただ、かつて日本でもラインナップされていたこのクオーレ、今ではすでにヨーロッパ市場からは撤退してしまったダイハツですが、長いこと輸出専用車として販売されていました。そして日本のように軽自動車という括りではなく、1000cc。ちょうどこの形のミラの外観がクラシックな「ミラジーノ」に「ミラジーノ1000」という登録車の仕様がありました。まさに中身はあれです。ミラジーノ1000のジーノ抜き、なんだか「天ぷらそばのそば抜き」のようですが、これがヨーロッパではスタンダードだったのですね。

11535825_824604130980082_494143902885196952_n

そんなクルマの中を覗き込むと、シートカバーがオリジナルであつらえてあるようですね。しかも背の部分には大きな「氣」という漢字が刺繍されているではありませんか!!こういうのを見ると、有難いし嬉しいし、僕よりもこの国を愛している人なのかしら。そんな風に思ったりもしてしまいます。もっとも、このオーナーの方、意味がわからずなんとなく、でやっているかもしれませんし、真の日本をわかっているのかといえば、そうではないかもしれません。しかし、そういうのでいいのではないでしょうか。私がどのくらい日本を理解しているかという議論になればそれはそれで怪しいものです。そしてどんなことであれ、やってみる、チャレンジしてみる。これ以上に価値があることなどそうそうないのではないか。そんな風に感じるのです。

11226912_824604150980080_302510408251019822_n

冒頭の国際の話に戻ります。海外の人に意思を伝得られるという意味では語学も文化や歴史の勉強も大事でしょう。しかし、まず、私たちの国にはこんなことがあるんだよ、と説明できること、知っていること、自分なりに理解していること。なんだか「ちゃんとできてるだろうか?まだまだだなあ」と反省させられるような、そんな一台に感じてしまったのです。

さらっと、僕たちの文化を取り入れてくれている。素直に嬉しくなるドイツの街角にいたダイハツの写真。シンプルなクルマに旧漢字の氣、妙に叩き起こされるような気になるから不思議です。

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し、その後大型展示場のオープン準備から、展示在庫の目視選定業務に従事した。そのころ企業Facebookページでの在庫車に関する紹介や、クルマで出かける旅行コンテンツなどを担当。その後フリーランスライターとして活動現在に至る。クルマの売り買いの経験から、ドライブを通じてクルマの魅力楽しさを紹介することをライフワークとしている。車選び.com ,NAVI CARS他で執筆中。「クラシックカー美女」テキスト担当●温泉ソムリエ●一級小型船舶操縦免許

記事一覧

関連記事