古き良きアメリカを体現。大きく豪奢な「キャデラック・エルドラド・コンバーチブル」とドイツの別荘地で邂逅

  1. ドイツ現地レポ
  2. 33 view

歴史的な猛暑だった2018年の夏。北半球全体がその傾向にあったようで、日本から遠く離れたドイツでも今年は異常な暑さが続きました。9月に入ってからも中旬まではまだ残暑が続いていましたが、下旬に入ってからは激変。ベルリンの日中の最高気温は15度に届かないくらい、最低気温は10度を下回るくらいになってしまいました。今回ご紹介するのは、9月のまだ暑さが少し残っていた時期に出会った1台。川沿いの別荘地にひっそりと停まっていた、豪奢なキャデラック・エルドラドです。

ドイツで意外なほど人気の「アメリカ車」

ドイツでは、伝統的に合理性や経済性、安全性といった機能面を重視したクルマが多く、富裕層向けのリムジンのようなクルマを除けば、豪華な装飾よりも虚飾を配したデザインが好まれてきました。メルセデス・ベンツのSクラスのような車両価格が高いクルマであっても、ドライバーが目にしたり直接手で触れたりする部分は、あくまで見やすく誤操作が起きないよう大きめのスイッチや配列にするなど、見た目の豪華さよりも機能的であるかどうかが重要なポイントだったのです。

そうしたドイツの機能的なクルマたちへのアンチテーゼでしょうか。ドイツのクラシックカーフェスティバルへ足を運ぶと、ドイツ車とはかけ離れた存在ともいうべき「古き良き時代のアメリカ車」を意外なほど数多く見かけます。むしろフェスのアイドル的存在である、と言い切っても良いでしょう。ドイツでは「古いアメリカ車のみ」が参加するクラシックカーフェスティバルが存在するほど、現在でも根強い人気があります。

長く、幅広く、重く、大排気量のV8気筒エンジンで、内外装ともにデザイン性が強く、そして経済性に乏しい。どれもドイツ車にはあまり見られない特徴を備えたアメリカ車は、ドイツの人々にとってある種の憧れの存在なのかもしれません。ちなみに、アンチテーゼはもともと「命題の反対」を意味するドイツ語で、die Antitheseと表記します。

搭載するのは8.2リッターV8

今回撮影したのは、1976年頃に製造されたキャデラック・エルドラド・コンバーチブルです。製造後30年を経過し、今なおオリジナル状態を維持しているクルマだけに付与される「Hナンバー」(ドイツ語のhistorisch:歴史的な、という意味の頭文字)を付けたこのエルドラドは、惚れ惚れするような美しいコンディションを保っていました。ボディパネルには歪みもなく、真っ白な幌には傷すら見付けられず、丹念に磨かれた塗装やクロームパーツには曇りひとつ見当たりません。こんな気軽に路上駐車しても大丈夫なのかな…とこちらが心配になってしまうほど、コンクール・コンディションと言っても差し支えない極上車でした。

写真のキャデラック・エルドラドは、1971年から1978年にかけて生産されていた第7世代と言われるモデルで、第7世代の間でも外装のデザインは少しずつ変化しています。全長5,960mm×全幅2,030mm×全高1,380mmの現代の目から見ても大柄なボディと、2,190kgに達する車重、そして何より搭載されるエンジンは8.2リッターのV8と、現行車種では到底考えられないスペック。燃費はリッターあたり4kmと、当時のヨーロッパのライバル車から比べるとかなり悪いものとなっていました。またエルドラドは、こんな巨大な車体であるにもかかわらず、フロントエンジン・フロントドライブを採用していました。当時、世界最大の乗用FF車だったのです。

もう登場し得ないクルマだからこそ

晩年のエルヴィス・プレスリーや某有名プロレスラーなど、世界中の著名人が愛したキャデラック・エルドラド。環境に関する負荷やエネルギー問題、対人衝突の回避や自動運転などがテーマとなる今後の自動車開発の中で、キャデラック・エルドラドのような豪華で大きな、そして経済性に乏しいクルマが登場することはまずあり得ないでしょう。だからこそ、人々はこのクルマにかつてあった時代を重ねて、当時に思いを馳せるのかもしれません。これだけ大きな排気量のクルマがいつまで公道を走れるのかはわかりませんが、博物館に行くのはまだ早過ぎる、そう思うのは筆者だけではないはずです。まだしばらくは、その美しい姿を公道でも披露してもらいたいですね!

[ライター・カメラ/守屋健]

守屋 健

鹿児島県出身。幼い頃、歯医者の待合室で偶然手に取った自動車図鑑、それに載っていた緑のポルシェ911ターボ(930型)に衝撃を受け、「将来必ずこのクルマに乗る」と決意するも、今日まで実現には至らず。1993年シーズンのDTMや1995年のル・マンでヨーロッパへの思いを募らせ、念願叶って現在はベルリンに居を構えるフリーランスのライター。自他共に認めるドイツ好きだが、何の因果か現在までの愛車はカングーやルーテシアといったフランス車ばかり。

記事一覧

関連記事