ディーゼルながら「2002」の再来?BMW1シリーズカブリオレ「123d」

  1. ドイツ現地レポ
  2. 19 view

最近では日本でも、その人気の虜になる人は多いディーゼルエンジン。その昔、ディーゼルエンジンというと、燃費がよくタフだけど、うるさくて高速などは得意じゃない。そんなイメージもあって、あまりよいイメージがなかったというのも実情だったと言えるでしょう。しかし、国産でもラインナップは増えてきましたし、輸入車にもとくにドイツ車が積極的に導入。

日本でも身近で一般的な存在になってきた

BMW1シリーズカブリオレ「123d」

新世代のクリーンディーゼルエンジン、静かで軽やかなそのフィーリングも昔のそれとはまったく違うものになり、驚くべきトルクフルな力強い走りを享受できる上に「今までどうしてハイオクガソリンのクルマに乗っていたのだろう」と、一抹の後悔を覚える、という人までいるほどの高い経済性で、日本でもかなり身近で一般的な存在になってきました。趣味性の高いスポーツカーの愛好家も普段の足はディーゼルモデル、そんな方もかなり多いようです。

ただ、日本におけるラインナップ、増えては来ましたが、まだまだ一部であるのは事実のようです。ファミリーカーからちょっとスペシャルな1台、もちろん荷物がたくさん積めるクルマなど、一部の高級スポーツカーをのぞいて、ヨーロッパではほとんどすべて、といってよいほどのクルマにディーゼル仕様が設定されているのです。ドイツからBMW1シリーズカブリオレのレポートが届きましたが、このクルマもディーゼルなのです。

日本にも正規輸入されていた1シリーズカブリオレ。3シリーズなどにも搭載されていた2000cc直列4気筒エンジンを搭載した「120i」にカブリオレが設定されていました。価格と大きさ、使い勝手などを考えると、「オープンモデルとしては」というエクスキューズを抜きにしても、非常にコストパフォーマンスの高いクルマの1台として注目の一台です。

またどことなく昔のトライアンフヘラルドのコンバーティブルのような「それほど流麗すぎない」懐かしいたたずまいも含め、なかなか趣味のいい選択肢だと思っています。ガソリンモデルもクラスの中ではかなりトルクフルで、「トルクバンドを食い散らかす」かのような「各ギヤの美味しいところだけ」を渡り歩くようにポンポンとシフトアップしていくATがエンジンの性能以上にクルマにパフォーマンスを付与するようなセッティングで、なかなか心地いい。そんなクルマでした。

パフォーマンスが高めなチューニングのエンジン

BMW1シリーズカブリオレ「123d」

この写真をみると、「123d」。そのモデルのディーゼルエンジン、しかも、23dということはややパフォーマンスが高めのチューニングを施してあるエンジンのクルマではありませんか!このシリーズにも、伝統の、そしてファンの多いストレートシックスを積んだ、128i/130iといったガソリン直6モデルが仕向地に寄っては設定されていましたが、このエンジンだと、走りはおそらく、そんなモデルに勝るとも劣らないものなのではないか。そんな予感がするのです。ディーゼルながら「2002」の再来?妄想するだけでわくわくしてくる、そんなモデル、できることなら一度乗ってみたいものですよね。

[ライター/CL編集部・中込健太郎 カメラ/ドイツ駐在員]

※当記事は過去公開した記事の再編集版です

中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し、その後大型展示場のオープン準備から、展示在庫の目視選定業務に従事した。そのころ企業Facebookページでの在庫車に関する紹介や、クルマで出かける旅行コンテンツなどを担当。その後フリーランスライターとして活動現在に至る。クルマの売り買いの経験から、ドライブを通じてクルマの魅力楽しさを紹介することをライフワークとしている。車選び.com ,NAVI CARS他で執筆中。「クラシックカー美女」テキスト担当●温泉ソムリエ●一級小型船舶操縦免許

記事一覧

関連記事