プジョー504カブリオレとフォルクスワーゲンポロが「なかなか渋い」

  1. ドイツ現地レポ
  2. 162 view

もう少しで日本でも自動車税の時期ですね。頭が痛いです。古い車は懲罰的にかけてきますので、なかなかしびれますね。さて、Hナンバーで歴史的な価値のあるクルマは優遇していこうという取り組みで、こちらの読者の方にはすっかりおなじみかもしれませんが、ドイツからそんな少し古い車に関する話題が届きました。

(編集部追記:当記事は過去配信した記事の改定版です)

日々の暮らしに寄り添ったクルマたちこそ、Hナンバーがふさわしい。@ドイツ現地レポ

車はプジョー504カブリオレとフォルクスワーゲンポロですね。なかなかこのあたりは「渋い」という評価になるのではないでしょうか。

プジョー504は、1968年から1983年まで生産(ライセンス生産車はアルゼンチンで1999年まで生産されましたが)されたフランスの大変オーソドックスなセダン並びにワゴンなど、をもつアッパーミドルクラスのフランスを代表する車種の一台です。その中でクーペとカブリオレはピニンファリーナの仕事による流麗なボディを与えられました。とても量販車の派生車種とは思えない雰囲気がありますよね。セダンも含め、一時は大変たくさん走っていましたが最近は世界的にも台数が減ってきているようです。こういうクルマをさらっと乗るのはなかなか素敵なのではないでしょうか。

日々の暮らしに寄り添ったクルマたちこそ、Hナンバーがふさわしい。@ドイツ現地レポ

カフェオレのような色のフォルクスワーゲンポロは、一応二代目ということになろうかと思います。

今のようにシュコダやセアトがグループ企業にいなかった当時、旧東欧地域、南ヨーロッパの低所得者層マーケットの開拓を視野に入れて開発されました。当時ゴルフに続いてスポーツ名のポロを車名を採用した裏には東方見聞録のマルコ「ポーロ」もかけられていたとも言われています。これが登場するまではフォルクスワーゲンはドイツを中心とする西側諸国に限られたマーケットの中でのセールスがメインだったと言います。もっと軽量で、経済的で安価な乗用車ということで、フォルクスワーゲンのファンを一気に増やした中興の祖、立役者と言ってもいいでしょう。

日々の暮らしに寄り添ったクルマたちこそ、Hナンバーがふさわしい。@ドイツ現地レポ

レーシングカーや高級車、特注のコーチビルダーの作品のようなクルマは比較的後世に残りますが、大衆車、商用車、ベーシックカーはそもそもクルマを趣味としては考えていない人たちが、クルマ趣味のことなどを全く想定しないまま利用していたクルマがほとんどです。そのため残存率は高級車よりも遥かに少ないと言えるでしょう。

しかしながらこうしたクルマこそ、クルマが私たちの暮らしと密接にかかわり合い、日常の一コマ、歴史の一ページを彩っていたことを示す大変貴重な資料ではないでしょうか。そういうものも残しやすいこのHナンバーの制度。やはり尊いと思いますね。

[ライター/中込健太郎 カメラ/ドイツ駐在員]

輸入車のご売却は、なんでもご相談ください!

「外車王」を運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車の高価買取が可能。愛車のご売却はなんでもご相談ください!

売却相談はこちら
中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し、その後大型展示場のオープン準備から、展示在庫の目視選定業務に従事した。そのころ企業Facebookページでの在庫車に関する紹介や、クルマで出かける旅行コンテンツなどを担当。その後フリーランスライターとして活動現在に至る。クルマの売り買いの経験から、ドライブを通じてクルマの魅力楽しさを紹介することをライフワークとしている。車選び.com ,NAVI CARS他で執筆中。「クラシックカー美女」テキスト担当●温泉ソムリエ●一級小型船舶操縦免許

記事一覧

関連記事