魅力の詰まったミスタータフネス、メルセデス「W124」シリーズのタクシー@ドイツ現地レポ

  1. ドイツ現地レポ
  2. 325 view

日本ではプレスティッジの高い選択肢として受け止められることが多いメルセデスベンツ。しかし、よくカレントライフでも取り上げているかもしれませんが、このクルマの価値の本質は、そのプレスティッジ以上に、このクルマがクラス平均からすると過剰品質であるということなのではないでしょうか。筆者も以前所有していて、機会があれば是非もう一度所有したいと思わせる魅力の詰まったミスタータフネス。最後のミディアムクラスにして最初のEクラス、W124は忘れることのできない一台と言えるでしょう。ドイツからそんなW124シリーズのタクシーのレポートが届きました。

魅力の詰まったミスタータフネス、ベンツ「W124」シリーズのタクシー@ドイツ現地レポ
日本ではあまり見ませんが、日本以外ではメルセデス・ベンツのタクシーは大変一般的ですね。ワゴンだということなのでS124になりますでしょうか。アーク溶接でくみ上げられたボディは高い剛性を誇り、見た目にも関わらず、運転した時の感覚には塊感がある。フラットな荷室フロアを作る為に、床下に移動されたガソリンタンクをレールで吊るし、安全性にも配慮。など「ただルーフのばしただけでしょ?」で話を軽く流すことができないこだわりが随所にちりばめられているようですね。日本でもかなり人気を博し、当時都内などではよく見かけたものですね。

魅力の詰まったミスタータフネス、ベンツ「W124」シリーズのタクシー@ドイツ現地レポ
走行距離38万キロ。まだまだこれからと言ったところでしょうね。パーツ一つ一つはコストがかかった「荘厳」なもの。しかし極めてシンプルな仕組みで構築されているのがこのクルマです。いろいろメンテナンスは必要かもしれません。しかしメンテナンスしていれば新しいクルマに買い替えるのがおっくうになるほど、いつまでももつ高い耐久性はまさにタクシーにはうってつけと言えるでしょう。陸続きのヨーロッパ、時には国境を越えて・・・などといったお客さんを乗せることもあるということを聴いたことがあります。そんな環境ではこのクルマの真価は発揮されるのでしょう。

魅力の詰まったミスタータフネス、ベンツ「W124」シリーズのタクシー@ドイツ現地レポ

魅力の詰まったミスタータフネス、ベンツ「W124」シリーズのタクシー@ドイツ現地レポ
ことさら騒ぎ立てることは無いのですが、十分に高性能。当然にそこそこ低燃費(当時のクルマとしては)。悠然とした風格がある。必然であるように場所を選ばない。こういうクルマはなかなか無いと思います。ただしここへ来てだいぶいいものが厳選され、ただ単に安かろうな個体はだいぶ姿を消した印象があります。もし欲しいという方はお早めに手に入れた方がいいかもしれません。そしてぜひ、ひけらかすメルセデスではなく、向き合うほどに手になじむメルセデス、ご自身で体感していただきたいものです。

[ライター/CL編集部・中込健太郎 カメラ/ドイツ駐在員]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
中込 健太郎中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し、その後大型展示場のオープン準備から、展示在庫の目視選定業務に従事した。そのころ企業Facebookページでの在庫車に関する紹介や、クルマで出かける旅行コンテンツなどを担当。その後フリーランスライターとして活動現在に至る。クルマの売り買いの経験から、ドライブを通じてクルマの魅力楽しさを紹介することをライフワークとしている。車選び.com ,NAVI CARS他で執筆中。「クラシックカー美女」テキスト担当●温泉ソムリエ●一級小型船舶操縦免許

記事一覧

関連記事