季節を問わず大活躍!ドイツで日常的に見かけるクラシックカーの代表格「メルセデス・ベンツW114/W115」

  1. ドイツ現地レポ
  2. 150 view

ドイツは爽やかな初夏の陽気が続き、川で泳ぐ人もちらほらと見かけるほど、暖かい日が続いています。各地ではクラシックカーの野外イベントが毎週のように開催され、冬の間はガレージでじっとしていた古いクルマたちも、この時期になると羽を伸ばすように公道に姿を見せ始めます。

そんな繊細な扱いが必要なクラシックカーたちに混ざって、季節や天候に関係なく、毎日黙々と走り続ける「日常の足として使われている古いクルマたち」が一定数存在します。そんなクルマの代表格が、今回ご紹介するメルセデス・ベンツW114/W115です。

約192万台生産の大ベストセラー

メルセデス・ベンツW114/W115が登場したのは1968年。1973年のマイナーチェンジを経て、1976年まで8年間、192万台近く生産された大ベストセラーです。1968年登場にちなんで「ストローク・エイト(ドイツ語でStrich Acht:シュトリッヒ・アハト)」と呼ばれます。上位車種に比べると小柄、という意味で「コンパクトクラス」との呼び名もありますが、実際は現在の「Eクラス」につながる系譜のミディアムサルーンです。

写真の個体はメルセデス・ベンツ230.4で、1973年から1976年の間に生産されたW115の後期型です。「縦目」と呼ばれる愛嬌のあるフロントマスクが特徴で、今のメルセデス・ベンツにはない、愛らしさを感じさせるデザインとなっています。後期型の特徴として、幅の広いフロントグリル、大型化したサイドミラー、猫耳形状のヘッドレストや、泥や雪が付着しにくい凸凹形状のリアテールランプが挙げられますが、写真の個体のテールランプは前期型のものを引き継いでいますね。

「最善か無か」の時代に生まれた名車

W114とW115の違いは、直列6気筒エンジンを搭載しているか否か、です。直列6気筒エンジン搭載車がW144、それ以外のモデルがW115となっています。写真のメルセデス・ベンツ230.4は、2.3リッターの直列4気筒ガソリンエンジン搭載車です。W115は他に、2リッター・2.2リッターの直列4気筒ガソリンモデルや、2リッター・2.2リッター・2.4リッターの直列4気筒ディーゼル、3リッター直列5気筒ディーゼルなどが用意されていました。

W114/W115は、メルセデス・ベンツが「Das Beste oder nichts(最善か無か)」の企業スローガンに邁進していた時期に開発されました。当時のエントリークラスという扱いでしたが、作り込みや仕上げに一切妥協はなく、非常に高い耐久性をもつことで知られています。

世界で最も有名なW115は、現在「メルセデス・ベンツ博物館」が所蔵している、総走行距離460万kmを走り抜いた1976年製メルセデス・ベンツ240Dでしょう。2004年に寄贈されたこのクルマの持ち主は、ギリシャのタクシー運転手であるグレゴリオス・サキニディス氏。グレゴリオス氏は1981年のドイツにて5年落ち、走行距離22万kmの中古車としてこの240Dを購入し、自走してギリシャに戻った後タクシーとして使い始めます。以来23年間で、オリジナルのエンジンと2機のスペアエンジンを11回載せ換えながら、地球115周分の距離を走破。メルセデス・ベンツの高い耐久性を物語るエピソードとして当時話題になったので、ご存じの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

パーツの供給は問題なし

W114/W115は、機関部分や電装品のみならず、外装部品や内装部品、内装の生地まで、ほとんどの部品を現在でも新品で入手可能ですし、ドイツではパーツの販売サイトや古いメルセデス・ベンツの専門ショップも充実しています。クルマ全体を一気にリフレッシュすると高額になりますが、部品の供給が安定しているので、ある程度走れるベース車両を買って悪い箇所からコツコツ直しながら乗る、ということも難しくありません。そうした理由から、W114/W115は日常の足として使うことができるクラシックカーとして、ドイツでは今でも高い人気を維持しています。

現代の基準から見ても十分なボディ剛性と、重厚なステアリングフィール。四隅の把握が容易な見切りのよいボディに、ルーミーで明るい室内。「良いセダン」のエッセンスを凝縮して形にしたようなメルセデス・ベンツW114/W115は、ドイツの人々の足として、これからも長く愛されていくに違いありません。

[ライター・カメラ/守屋健]

守屋 健

鹿児島県出身。幼い頃、歯医者の待合室で偶然手に取った自動車図鑑、それに載っていた緑のポルシェ911ターボ(930型)に衝撃を受け、「将来必ずこのクルマに乗る」と決意するも、今日まで実現には至らず。1993年シーズンのDTMや1995年のル・マンでヨーロッパへの思いを募らせ、念願叶って現在はベルリンに居を構えるフリーランスのライター。自他共に認めるドイツ好きだが、何の因果か現在までの愛車はカングーやルーテシアといったフランス車ばかり。

記事一覧

関連記事