ドイツで免許取得後のギモン。初心者マークはつけなければならないのか?

  1. ドイツ現地レポ
  2. 293 view

なんとドイツの街中で若葉マークを付けたクルマを発見。恐らく日本のドライバーさんだと思われますが、ドイツの初心者マークはどのようなものかご存知ですか?

日本では道路交通法により免許取得1年未満のドライバーは、車両に初心者マーク表示の義務がありますが、ドイツにはそのような義務はないのです。初心者の区分としてドイツでは、免許証交付された日より2年間Probezeit(試用期間)がありますが、それはマークではなく免許証を見て初めて分かるものです。

1977392_960318304075330_5588086350713204216_n (1)

ドイツの初心者マークは日本のように既定デザインもありませんが、一般的にはマークで「初心者(Anfänger)」と書いてあります。

ちなみにこの初心者マーク、なかなか店舗で販売している所を見たことがありません。筆者の日本人の友人も、ドイツで免許を取得し初心者マークを探していたのですが、結局街では売っておらずネットで購入していました。

それほどドイツ人ドライバー間では、あまり普及していないものなのでしょうか。しかし近年特に若年層の初心者ドライバー事故が増えていることから、ドイツでも初心者マーク表示義務付けの必要性を訴える声も挙がっています。

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
NAO

NAO

在独6年目のライター。Current Europe GmbH (ドイツ現地法人)所属。ドレスデン工科大学修士課程を修了し、現在はケルペン在住。2012年よりドイツワイン店に勤務し、日本向けの販売・輸出業に携わる。独英韓中の語学力を活かし、通訳・翻訳家、現地コーディネーター、日本語教師としても活動。現代車にはない欧州クラシックカーの多様性に惹かれ、個人的にロイトとフィアット推し。「本当のドイツをもっと見てほしい」と自動車にまつわる文化・マーケティングを中心に現地情報を発信している。

記事一覧

関連記事