HナンバーのVWビートルとフォードマスタング。 古き良きクルマを語ろう

  1. ドイツ現地レポ
  2. 73 view

ドイツでは古いクルマを大切にする人を優遇する制度があって、そういうクルマは毎日の足にすることはできないようですが、ナンバープレートの最後にHが付くという話題、カレントライフではよく扱ってきました。この記事でメディアを知ってくださった方もいるでしょう。

フォード・マスタング

ドイツからの最新のレポートの中にそんなHナンバーのクルマのレポートがありました。クルマは「フォルクスワーゲン・ビートル」と「フォード・マスタング」。どちらも真っ赤!目立ちますね。

フォルクスワーゲン・ビートル

フォルクスワーゲンゴルフは言わずと知れたフォルクスワーゲンの始祖。タイプⅠと呼ばれた国民車はもっともたくさん生産された乗用車ですね。そのさいの末期モデルかもしれませんね、細かい装飾類を見る限り。いわゆるこのビートルタイプⅠは2ドアのセダンとカブリオレのみ最初からそういうボディ形状での展開でした。その二種類のボディで2100万台以上を生産販売したというのですから驚きですね。むしろそういうシンプルな構成だったからよかったのかもしれません。

フォルクスワーゲン・ビートル

マスタングもそういう意味では少し似た背景があるクルマと言えるかもしれません。若者でも購入できるポニーカーとして誕生した初代マスタング。アメリカではかなり小型の部類に入ります。そしてアメリカのフォードのモデルですが、実はヨーロッパフォードの名車「アングリア」(ハリーポッターに出てきたといえばお分かりいただけるかもしれませんね。)とかなり共通部品の多いクルマなのだそうです。大きさもクラスもキャラクターも違うクルマですが、うまくできていますね。

フォード・マスタング

春が近づきまた税金の季節が来るといろいろ考えさせられます。特に古いクルマに乗っているものは。排気量も大きいし燃費も今のクルマに比べると劇的によろしくない。贅沢なのです。いろんなものが。でもそれが原因で手放したいと思うほど、魅力が希薄なわけでもないのです。それだからこそ手放せない。そこが却って悩ましいですね。

もちろん全体的には高出力低燃費な最近のクルマの方が魅力的で経済的で、社会的優位性も高いことは簡単に理解できます。しかし、それでは割り切れない情緒、風情、物を大切にする心。そうした様々な要素が旧車にはある。やはり最新のクルマの良さももちろん知っておきたいですが、古いクルマの良さはなかなか簡単にあきらめることができないもの、何らかの形でそういうものと暮らし続けていきたいもの、そんな風に思うのです。

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
中込 健太郎中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し、その後大型展示場のオープン準備から、展示在庫の目視選定業務に従事した。そのころ企業Facebookページでの在庫車に関する紹介や、クルマで出かける旅行コンテンツなどを担当。その後フリーランスライターとして活動現在に至る。クルマの売り買いの経験から、ドライブを通じてクルマの魅力楽しさを紹介することをライフワークとしている。車選び.com ,NAVI CARS他で執筆中。「クラシックカー美女」テキスト担当●温泉ソムリエ●一級小型船舶操縦免許

記事一覧

関連記事