生産台数わずか305台。貴重なV型12気筒エンジン搭載モデル、アルピナB12 5.0と遭遇!

  1. ドイツ現地レポ
  2. 178 view

去る2019年3月5日から17日まで、世界5大モーターショーである第89回ジュネーブショーが開催されました。多くの新型車やコンセプトモデルが発表される中、個人的に思わず唸ってしまったのが「メルセデス・ベンツが、V型12気筒エンジンの生産を2019年をもって終了する」というニュースでした。

重い、長い、燃費が悪いなどの欠点を抱えつつ、卓越した最高出力や最大トルク、滑らかなフィーリングで多くのブランドの「最高級エンジン」として君臨していたV型12気筒エンジン。しかし、ターボ技術の向上や、環境への配慮からダウンサイジング化が進んでいる今、V型12気筒エンジンの生産から撤退するメーカーが増えるのは避けられないと言えるでしょう。

今回ご紹介するのは、V型12気筒エンジンを搭載した数少ないアルピナ、「B12 5.0」です。筆者の住むドイツの首都ベルリンでは、アルピナはかなり希少な存在で、東京の方がまだ日常的に見かける機会が多いように感じます。今回は、アルピナB12 5.0の魅力に改めて迫っていきたいと思います!

ベースとなったのは2代目7シリーズ

アルピナB12 5.0が生産されていたのは、1988年から1994年にかけてのこと。その間に生産された台数は、わずかに305台という希少車です。ベースになった車両は、BMW7シリーズの2代目モデルとなるE32型。その中でも、V型12気筒エンジンを搭載した「750i」、またはロングバージョンである「750iL」を元に開発されました。

この「750i」「750iL」に搭載されたエンジンは、戦後初めてドイツで生産された乗用車用V型12気筒エンジンでした。戦争から40年以上が経過して、ようやくドイツ車にV12エンジンが帰ってきたのです。E32型はフラッグシップモデルの名に恥じない、流麗かつ洗練されたボディラインが特徴で、空気抵抗係数(Cd値)は0.32を達成しています。

大幅なパワーアップを実現

アルピナは「750i」「750iL」のエンジンと足回りに大幅な改良を加えました。「750i」で300psを発生していた5リッターV型12気筒エンジンは、B12 5.0では350psにまで強化。ノーマルモデルで全長4.9m、ロングバージョンで5mを超える大柄なボディを停止状態から100km/hまで6.9秒で引っ張り、最高巡航速度は275km/hと発表されています。

外装には専用の前後スポイラーやデコレーションストライプ、20本スポークのアルミホイールが奢られ、内装はウッドパネルと手縫いのステッチによる本革仕立てと、アルピナの「文法」に沿った豪華な装い。写真の個体は塗装の状態も非常に良好で、オーナーから大切にされている様子がひしひしと伝わってきます。

BMWの7シリーズは、同クラスのライバルたちの多くが「雇ったドライバーに運転を任せ、オーナーは後部座席に座る」ショーファードリブンを志向しているのに対し、オーナー自らが運転するオーナードリブンを強く意識しているのが特徴です。アルピナB12 5.0も、オーナー自らが運転するという点について、より深く追求した作り込みがなされています。ビルシュタイン製のショックアブソーバーや注意深く再セッティングされた足回り、強化されたブレーキシステムによって、大柄なセダンを軽快なハンドリングで操る、という離れ業を実現していました。

アルピナはすでにV12から撤退

ちなみに2019年現在に視点を移してみると、BMWの現行7シリーズの最上級モデル「M760Li xDrive」は、6.6リッターのV型12気筒DOHCツインターボを搭載しており、最高出力610ps、最大トルクは800Nmを発生。一方、アルピナの最上級モデル「B7ビターボ」はもはやV型12気筒エンジンを採用せず、4.4リッターのV型8気筒ツインターボエンジンを搭載しています。しかし、そのスペックは最高出力608ps、最大トルク800Nmで「M760Li xDrive」とほぼ同等。アルピナにとってターボ技術は古くから追求してきたテーマの一つですから、この先もV型12気筒エンジンを採用することはほぼありえないと言ってよいでしょう。

世界的にも、そしてアルピナの歴史的にも貴重な、V型12気筒エンジン搭載車である「B12 5.0」。アルピナはすでにV12エンジンから離れ、一方のドイツの雄、メルセデス・ベンツもV12エンジンの生産を終了することを決定。ドイツにおいては、BMWだけがV12エンジンの生産を続けることになりますが、果たしていつまで続けられるのでしょうか。一つの時代が終わっていくことを実感する今日この頃、V型12気筒エンジンがいつまで生き残れるのか、じっくり見守っていきたいですね。

[ライター・カメラ/守屋健]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
守屋 健

鹿児島県出身。幼い頃、歯医者の待合室で偶然手に取った自動車図鑑、それに載っていた緑のポルシェ911ターボ(930型)に衝撃を受け、「将来必ずこのクルマに乗る」と決意するも、今日まで実現には至らず。1993年シーズンのDTMや1995年のル・マンでヨーロッパへの思いを募らせ、念願叶って現在はベルリンに居を構えるフリーランスのライター。自他共に認めるドイツ好きだが、何の因果か現在までの愛車はカングーやルーテシアといったフランス車ばかり。

記事一覧

関連記事