黄色地のクルマが特徴的ドイツ版JAFであるADACは、ドイツ最大のロードサービス

  1. ドイツ現地レポ
  2. 110 view

バッテリー上がりやガス欠、パンクなどあまりお世話にならないですめば、それに越したことはありません。それでも不測の事態で、助けられることがあるのがロードサービスかもしれませんね。日本にもJAFなどは全国展開していますし、それ以外にもいろいろなネットワークがありますが、自動車先進国ドイツにもしっかりロードサービスはあるようです。

ドイツ版JAF的存在

ドイツ版JAFであるADACについて@ドイツ現地レポ

ADACはドイツ版JAFのような存在だそうです。Allgemeiner Deutscher Automobil-Clubの略、ドイツ最大の自動車連盟です。ロードサービスを中心にヘリコプター救急事業や旅行代理業、保険、出版に至るまで、その事業は多岐に渡ります。

またドライビングレッスンも主催され、なんとあの、ホッケンハイムリンクなどのサーキットで開催されるそうです。羨ましいですね。黄色地に黒で「ADAC」と書いてあり目立ちますね。

是非お出かけ前にチェックを

ドイツ版JAFであるADACについて@ドイツ現地レポ

この機会にこちらでも皆さんにお伝えしたいのは、今まさに日本でもちょうど季節の変わり目、この時期は急激に気温が上がったり下がったりするため、バッテリーがあがりがちです。とくに月に一回とかそれよりも少ない頻度でクルマを利用される方、「先月乗った時は大丈夫だったから…」今日も大丈夫、とは限らないのです。

週に一度くらい乗っているようですと大丈夫でしょうが、出かけようと思った時エンジンがうんともすんとも…今のクルマはさほど故障もしませんが驚きますよね。

ですから翌日クルマを使うと予定があるときは、しっかり確認しておきましょう。もしバッテリーがあがっていてロードサービスを呼ぶにも時間がかかりますから。前日に充電しておいた方が安心ですね。

[ライター/CL編集部・中込健太郎 カメラ/ドイツ駐在員]

※当記事は過去公開した記事の再編集版です

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し、その後大型展示場のオープン準備から、展示在庫の目視選定業務に従事した。そのころ企業Facebookページでの在庫車に関する紹介や、クルマで出かける旅行コンテンツなどを担当。その後フリーランスライターとして活動現在に至る。クルマの売り買いの経験から、ドライブを通じてクルマの魅力楽しさを紹介することをライフワークとしている。車選び.com ,NAVI CARS他で執筆中。「クラシックカー美女」テキスト担当●温泉ソムリエ●一級小型船舶操縦免許

記事一覧

関連記事