Volkswagen Day 2016イベントレポート。マニアも家族も楽しめる、笑顔になる

  1. イベント
  2. 44 view

気づけば、5台のゴルフを乗り継いでいる筆者ですが、「よく飽きないね」と友人・知人にいわれることもしばしばです。もちろん、購入するときは他のメーカーのモデルとも比較します。しかし、結局選ぶのはなぜかゴルフなのです。

そんな筆者が、5月21日(土)、22日(日)の2日間、東京・お台場の特設会場で開催された「Volkswagen Day 2016」に行ってきました。

IMG_6211
▲「Volkswagen Day 2016 乗る、知る、感じる」実際はどうなのでしょうか?

IMG_6483
▲会場の全景はこうなっています

IMG_6247
▲両日とも晴天に恵まれ、午前中から賑わっていました

IMG_6224
▲こっそり狙っていた数量限定のハッピー缶は早々に売り切れ…(泣)

IMG_5869
▲21日は2つのモデルがお披露目となりました。J-WAVE 81.3 FMでもお馴染みのピストン西沢氏が軽快なトークで会場を盛り上げます

IMG_5924
▲ゴルフ GTI Clubsport Track Editionのアンベールは、ティル シェア社長と高松チェルシーリナさん

IMG_6006
▲アンベール後の記念撮影で終了…かと思いきや、そのままデモ走行という流れに

IMG_6118
▲そしてピストン西沢氏はそのまま特設コースへ。ゴルフ GTI Clubsport Track Editionの初インプレッションとなりました

IMG_6145
▲デモ走行のあとはご覧の人だかり。皆さん、気になって仕方がないようです

00009955
▲ちなみにこの日は、もう1台の限定車「The Beetle Dune」も発表となりました(限定500台)

IMG_6193
▲先ほどのコースでは、プロドライバーによるゴルフ Rパワースライド・エクスペリエンスおよびパワースライド・チェイサーが実施されていました

IMG_6167
▲外から見ていても、かなり激しい動きにも関わらず、スムーズかつ滑らかな挙動が印象的です。会場外のひとも興味深そうに眺めていました

IMG_6291
▲先進の安全技術を直に体験できるという、オールイン・セーフティ エクスペリエンス

IMG_6300
▲普段はなかなかできない体験なので、家族でチャレンジしている方も多かったようです

IMG_6256
▲マニア必見のヒストリックモデルも展示されていました


▲左は1967年式のタイプ3スクエアバック、右は1982年式のゴルフ GTI。素晴らしいコンディションでした

IMG_6267
▲左は1951年式のタイプ1スプリットウィンドウ、右は1967年式のタイプ2 21ウィンドウです

IMG_6326
▲2日目のトークイベントにも登場したテリー伊藤氏の愛車も展示されていました

IMG_6241
▲ゴルフおよびゴルフ ヴァリアント向けの純正オプションとしてリリースされたばかりの、駐車支援カメラシステム「SurroundEye」のデモンストレーションも実施されていました

IMG_6233
▲人と人との対話でこそ分かりやすく伝えられる、ちょっとしたコツや情報満載のオーナーズクリニックも人気でした

IMG_6385
▲機械の操作が苦手な人にもお勧めのコンテンツです。他の輸入車メーカーにも、こういった動きが広がるといいですね

IMG_6372
▲キッズマイスターコーナーでは、お子さんたちがツナギを着てメカニックの仕事を体験。この体験がきっかけとなり、将来、自動車関連業に就いてくれたら嬉しいですね

IMG_6304
▲その他、家族連れでも楽しめる施設が多数あるのもこのイベントの魅力です

IMG_6309
▲The Beetleをキャンパスにして、お子さんたちが自由にお絵かきするコーナーも賑わっていました

IMG_6221
▲Volkswagen全モデルが展示されており、各モデルの使い勝手などを確認することができます

IMG_6228
▲アイデア満載の参考出品車も展示されていました。ピンクのup!はカタログカラーのように自然です

IMG_6255
▲40種類あるという、純正ホイールのディスプレイは圧巻でした

IMG_6340
▲落ち着いてきた頃を見計らって、ゴルフ GTI Clubsport Track Editionをチェック。ゴルフ GTEとの対比です

IMG_6354
▲リアからの眺め。リアスポイラーも通常のGTIとは異なるものが装着されています

IMG_6345
▲ピュアホワイトxブラックルーフと、カーボンスチールグレーメタリックxブラックルーフ。各200台、計400台限定とのことです。すでに問合せが入っているとか

IMG_6352
▲筆者が撮影しているあい間にも、ディーラーのセールス氏に問い合わせている来場者がいました

IMG_6360
▲差し色が青が基調のGTEに対して、GTIはもちろん赤。エンジンは265ps、ブースト機能を発動させると290psを発揮。つまり、ゴルフ R以上にパワフル…

IMG_6334
▲ステアリングも通常モデルとは異なり、グリップ部分の表皮はアルカンターラ。シフトノブも専用品とのことです

IMG_6335
▲専用のレカロ製バケットシートを装備しています。良く見ると、ドアの内張りもアルカンターラ。マニアックですね

IMG_6197
▲ケータリングカーはタイプ2で統一しているというこだわり。インド人ならく、ドイツ人もびっくり!?

IMG_6330
▲家族で、カップルで、マニア同士のオフ会にも。幅広い来場者が思い思いにイベントを楽しんでいる姿が印象的でした

IMG_6239

仕事を離れていちゴルフのユーザーとして見ていても、昨年のフォルクスワーゲンは本当に苦しそうでした。普段、まず弱味を見せないディーラーのセールス氏も、さすがに辛そうな表情だったこともありました。

しかしこうやって、イベントを通じて前向きに攻めているフォルクスワーゲンやスタッフの方々、来場者のひとたちの楽しそうな表情を見ていると、日本のユーザーやファンに変わらず愛されていくに違いない。またそうであって欲しいと感じた取材となりました。

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
松村 透

輸入車の取扱説明書の制作を経て、2006年にベストモータリング/ホットバージョン公式サイトのリニューアルを担当し、Webメディアの面白さに目覚める。その後、大手飲食店ポータルサイトでコンテンツ企画を経験し、2013年にフリーランスとして独立。現在はトヨタ GAZOO愛車紹介の監修・取材・記事制作や、ベストカー誌の取材等で年間100人を超えるオーナーインタビューを行う。カレントライフは2015年より参画。副編集長を経て、2019年、編集長に就任。現在の愛車は、1970年式ポルシェ911Sと2016年式フォルクスワーゲン ゴルフ トゥーラン。9月11日生まれの妻と、平成最後の年に産まれた息子、動物病院から譲り受けた保護猫と平和に(?)暮らす日々。

記事一覧

関連記事