往年のメルセデス・ベンツも多数展示。Techno Classica(テクノクラシカ)2015

  1. イベント
  2. 14 view

4月17日にドイツ・エッセン市で開催されたTechno Classica(テクノクラシカ)2015の模様をお届けいたします。

往年のメルセデス・ベンツも多数展示。Techno Classica(テクノクラシカ)2015

今回は、メルセデス・ベンツ編です。

往年のメルセデス・ベンツも多数展示。Techno Classica(テクノクラシカ)2015
まずは、350SL(R107)。日本でもまだまだ元気な姿を見掛けることができますね。

往年のメルセデス・ベンツも多数展示。Techno Classica(テクノクラシカ)2015
こちらの350SL、価格は19,500ユーロとのことです。

往年のメルセデス・ベンツも多数展示。Techno Classica(テクノクラシカ)2015
黒というよりは、かなり濃い茶色のボディカラーと思われる280SL(w113)です。

往年のメルセデス・ベンツも多数展示。Techno Classica(テクノクラシカ)2015
1968年式の280SL(w113)。価格は70,000ユーロ。

往年のメルセデス・ベンツも多数展示。Techno Classica(テクノクラシカ)2015

シャンパンゴールドのボディカラーが美しい230SL(W113)。

往年のメルセデス・ベンツも多数展示。Techno Classica(テクノクラシカ)2015
こちらの個体の価格は92,500ユーロとあります。

往年のメルセデス・ベンツも多数展示。Techno Classica(テクノクラシカ)2015
ソリッドの赤いボディカラーが美しいW113のSL。フロントガラスに59,000ユーロとあります。

往年のメルセデス・ベンツも多数展示。Techno Classica(テクノクラシカ)2015
おそらくレストアされた個体でしょうか。内装の状態も良好ですね。

往年のメルセデス・ベンツも多数展示。Techno Classica(テクノクラシカ)2015
シャンパンゴールドのボディカラーが美しい、230SL(W113)。屋外に展示されていたものとは別の個体のようです。

往年のメルセデス・ベンツも多数展示。Techno Classica(テクノクラシカ)2015
こちらの個体は、2,000kmしか走っていない個体なのでしょうか?販売価格は105,000ユーロだそうです。

往年のメルセデス・ベンツも多数展示。Techno Classica(テクノクラシカ)2015

ブラバス社がレストアしたSL(W113)でしょうか。チョコレートブラウンのボディカラーが美しいですね。

往年のメルセデス・ベンツも多数展示。Techno Classica(テクノクラシカ)2015
まさに、新車のように汚れひとつないエンジンルームです。

往年のメルセデス・ベンツも多数展示。Techno Classica(テクノクラシカ)2015
こちらの個体は、キャメル色のシートとウッドパネルの状態も新車のようなコンディション!

往年のメルセデス・ベンツも多数展示。Techno Classica(テクノクラシカ)2015
ゲレンデヴァーゲンも販売されていました。

往年のメルセデス・ベンツも多数展示。Techno Classica(テクノクラシカ)2015
なんとウニモグの売り物件も!このモデルではありませんが、かつてはヤナセが正規輸入していました。

往年のメルセデス・ベンツも多数展示。Techno Classica(テクノクラシカ)2015
もはやコレクターズアイテムである、メルセデス・ベンツ600Pulllman/プルマン(W100)。2,000台以上が製造されましたが、現存するのは何台なのでしょうか?

いかがでしたか?3年ほどまえに、NHKのニュースでドイツのクラシックカー事情が取り上げられていましたが、年々クラシックカーの価値(相場)が値上がりしているようです。メルセデス・ベンツに限らず、他のメーカーでも、ここ数年で著しく価格が上昇したモデルもあります。

他のメーカーも随時ご紹介してまいりますので、ご期待ください。

[ライター/CL編集部・カメラ/ドイツ駐在員]

カレントライフ編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがない方々にも幅広く魅力を伝えられるよう記事を執筆中。ドイツ駐在員が貴重な情報をお届けするドイツ現地レポも随時更新してます。

記事一覧

関連記事