日本のクルマ文化には無限大の可能性がある!お台場旧車天国2017イベントレポート

  1. イベント
  2. 508 view

去る11月19日(日)に、お台場にある船の科学館付近の特設会場にて開催された「お台場旧車天国2017」。

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

開催日前日の東京は冷たい雨。しかし、イベント当日は晴天に恵まれ、東京の最高気温は12.3度。肌寒いながらも絶好のイベント日和となりました。

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

9時30分の開場と同時に、外で待ちわびていた人たちが特設会場になだれこみ、あっという間に人で埋め尽くされていきます。人の多さは、思わず某大佐の「見ろ!人がゴ○のようだ!」のフレーズが頭をよぎるほど。今回は、参加車輌のホンの一部ですが、会場で見掛けた名車をご紹介いたします!

お台場旧車天国2017:輸入車編

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

生産国、そして年代を問わず、多数の輸入車がエントリーされていました。イベントでしか見掛けることができないような珍しいクルマも多数あり、よくよく考えると、それが狭い空間に勢揃いしているというだけでも驚きです。スーパーカーはもちろん、一瞬車名が思い浮かばないような珍しいクルマまで。こうして観てみると、日本にはさまざまなジャンルのクルマ好き、そしてマニアの方たちによって独自の文化が形成され、支えられていることを改めて実感します。

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

▲これは…、マッドマックスのインターセプターです!

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

▲ナイトライダーのKITTを再現したトランザムも展示

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

▲そして、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」でお馴染みのデロリアンも。この4台が横並びに展示されているということにも驚きです

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

▲何とアメリカのパトカー(本物)でエントリーしたという和田さん。アメリカの国旗の衣装に身を包んだ美女にショットガンを持たせてこのポーズ

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

▲先ほどの美女は、実はこちらの美しいブルーのキャディラックの前に立っていた方なのです。イベント前日ぎりぎりまでクルマを仕上げていたそうです

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

▲こちらの個体は、1955年式 キャデラック・フリートウッド60 スペシャル。まさにピンクキャディラック!

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

▲ブルーとグリーンの絶妙なさじ加減のボディカラーが美しい、フォード F100

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

▲ワインレッドのメタリックカラーが眩しい1929年式T型フォード。さまざまなクルマが集まったこのイベントでも注目度の高い1台でした

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

▲フェラーリは1980〜90年代のモデルを中心にエントリー。348スパイダーとtsが一度に観られる機会も貴重になってきた感があります

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

▲会場内に何気に置かれていたのは…フェラーリ288GTO!「初めて観た!」という声があちこちから聞こえてきます

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

▲これだけのクルマが集まっていても、改めて人気の高さを実感したディーノ

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

▲リベット留めのフェンダーが似合う、デ・トマソ・パンテーラもエントリー

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

▲こちらは大変珍しい、デ・トマソ・マングスタ

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

▲そして、オランダ製のスーパーカー、スパイカーC8もエントリー

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

▲ロータスの各モデルは、エランやヨーロッパ、歴代のエスプリなどが大挙してエントリーしていました

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

▲トライアンフTR3とホンダZが仲良く並んでしまうのもこのイベントならでは

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

▲これは珍しい、1973年式BMW2000ツーリング

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

▲懐かしのBMW6シリーズかと思いきや、こちらはなんとアルピナ

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

▲現役当時のオーラを発していた、メルセデス・ベンツSクラス(V126)。AMGのホイールもボディと同色で決まっています。このような個体も年々貴重になりつつありますね

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

▲そしてこちらは、ロリンザー E190 3.0。つまり、ロリンザーのコンプリートカーです。日本に3台しか生息していないのだとか

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

▲ユダ会長の愛車であるMGBも展示されていました

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

▲ホワイトのボディカラーにオレンジのストライプがレーシーなジネッタ

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

▲フィアット500も色とりどりの個体がなんと20台もエントリー!1台ずつ微妙に異なる仕様にも注目です

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

▲かつてGT選手権を走っていたという、ランボルギーニ カウンタックもエントリー

お台場旧車天国2017:日本車編

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

輸入車も見逃せませんが、我が日本車も、さまざまなクルマが開場に集結。

筆者も、さまざまな取材を通じ「輸入車よりも日本車の方が旧車の部品確保が困難」という現実を目の当たりにしてきています。各モデルのオーナーさんが知恵を絞り、情報網を駆使し、こつこつとへそくりを貯め、家族からのブーイングもどうにかこうにかなだめすかし…と、まさに涙ぐましい努力の末に維持しているケースも多々あるように思います。その結果、このようなミントコンディションの個体たちが時代を超えて存在していることを、記事を通じて感じていただけたらと思います。

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

▲トヨタ2000GTとアルファ ロメオ4Cという、日伊クーペが並んでいました。お好みはどちらですか?

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

▲アラフォー世代以上には懐かしい、マツダ サバンナRX-7もエントリー。オーナーの明石さんと阿部さんの個体はまさにコンクールコンディション!内装もご覧のとおりです

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

▲オーナーインタビューでご紹介した田中さん(https://crediblecar.life/owner/leopard-minato303-tanaka/)も、愛車レパードでエントリー。田中さんの愛車は被弾した雰囲気を再現するため、会場に着いてから準備したのだとか
(移動中に飛んでいってしまうため)。お友達の生沼さんと2人で「ユージ」を見事に再現していました。イベント開催中、エンジンを切っても屋根のパトランプが点灯できるよう、別にバッテリーを用意して参加したのだとか。そんなご苦労があったんですね…

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

▲グループBマシンとして日本国内でも少数が販売されたという、貴重な日産240RSが2台エントリー

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

▲思わず「懐かしい!」と叫んでしまいそうな、日産ブルーバード。部品の確保が大変かもしれませんが、これからも維持していただきたいクルマです

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

▲実は、発売されてから今年で50年となる、日産ブルーバード(510)。21世紀になっても大切に乗られていますね。果たして、どれほどの現代のクルマが50年後まで残れるでしょうか…

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

▲こちらのフェアレディZ(Z32)は左ハンドル!当時販売されていたZEEKのコンプリートカーだとか。テールランプはシュトロゼックが手掛けたZ32のような雰囲気のものに交換されていました

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

▲現役当時、街中で見掛ける機会が多かった日産ローレル(C33型)

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

▲旧車風にカスタムされたクルマは九州地方からのエントリーのようです。自走でお台場まで来たのでしょうか

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

▲こちらも最近は見掛ける機会が激減しつつある、マツダ センティアとアンフィニMS-9

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

▲トヨタ2000GTは、会場でも注目の的でした

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

▲「オバフェン」&「シャコタン」のカスタムがバッチリ決まっているトヨタ カローラレビン(TE27型)。オーナーさんの深い愛情とこだわりが感じられる1台でした

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

▲こちらの日産ブルーバード(510型)もカスタマイズされた1台。上のレビンのオーナーさんのお友達の愛車だそうです。お2人は小学校時代からの幼馴染みなんだとか

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

▲スバル360ヤングSS。クルマもさることながら「ヤング」という響きが時代を感じさせますね

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

▲マツダ ユーノスロードスターをカフェレーサー風にカスタムした個体。極小のウィンドウシールドに注目です

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

▲こちらは、マツダAZ-1と思いきや…。M2が架装し、当時のオートザムが販売した最終限定車の1015。超がつくほどレアな個体だと気づいた人たちが見入っていました

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

▲ホンダS600をベースに造られたフライングペガサス、通称「グリフォン」も2台がエントリー

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

▲ついに「先代モデル」となったホンダNSX(NA1型)。3リッター、タイプR、3.2リッターエンジンを積むタイプSが一堂に会していました

お台場旧車天国2017:会場編

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

会場内にはさまざまな輸入車や日本車が展示されていますが、もちろんそれだけではありません。トータルで250を超える企業や飲食店、そしてスワップミートコーナーがあり、ちょっと油断すると、あっという間に散財してしまいそうな掘り出しモノを見つけることもしばしば。開場と同時にスワップミートコーナーへ駆け寄り、まずは掘り出しモノを見つけてからじっくりと展示車を眺めるという人も。

会場で偶然出会った知人によると、インターネットオークションでもなかなか見つからないようなレアモノもあるそうです。そんなアイテムを探したい場合は、来年以降は朝イチで入場するのがオススメのようです。

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

▲何と、ガソリンエンジンを搭載したトヨタスポーツ800、通称「ヨタハチ」のラジコンカー!トヨタも後援しているというスペシャルマシンです(http://www.e-f-planning.com/?shop=ts80001)

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

▲ラジコンカーや飛行機の実演もあり、会場内は「永遠の少年たち」にとってまさに『天国』そのもの

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

▲会場内でお見掛けした込氏こと中込氏と、フナタンさんこと小鮒氏。お2人とも精力的に取材活動を行っていらっしゃいました

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

▲トヨタ2000GTのエンジンルームを覗き込む中込氏。おそらくは無意識だと思われますが、カメラや腕時計などの金属部分が車体に当たらないようにしっかり配慮しています。会場内で展示車を触っている人を見掛けたのも事実。オーナーさんの大切な愛車だけに、観る側も、中込氏のようなさりげない気配りを習慣づけたいものです

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

▲会場内には旧車テイストにカスタムされたバイクも展示されていました

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

▲旧車乗りにはありがたい、ADVAN HF TypeDのアナウンスも。今後、さまざまなサイズを展開していく予定とのことで、要注目ですね(http://www.y-yokohama.com/product/tire/adavn_hf_typed/)

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

▲竹やりマフラーまできっちり再現された旧車の模型がずらり

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

▲美しく仕上げられたエンジンルーム。ステッカー類にもこだわりが。ボンネットの「つっかえ棒」が敢えて竹なのもオーナーさんのこだわりでしょうか

日本のクルマ文化よ、これからもっと盛りあがってくれ!!

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

お台場旧車天国の楽しみ方はひとそれぞれ。自慢の愛車を開場に持ち込み、気の合う仲間たちと談笑するもよし。スワップミートコーナーでじっくり掘り出しモノを見つけるもよし、おそらくはこのイベントでしか見ることのできないような希少なクルマたちを眺めるもよし。開演時間は9:30~15:30ですが、トータル7時間では足りないくらい見所満載のイベントであることは間違いありません。

お台場旧車天国2017 クラシックカー ビンテージカー 旧車 絶版車 名車 希少車 珍車

旧車天国と銘打つだけあり、会場内を埋め尽くすクルマの多くが「絶版車」。かなりの確率で2度と生産されることのないクルマばかりです。これらのクルマは、減ることはあっても増えることはほぼありません。最近では、自然淘汰されていくだけでなく、海外へと流出しているケースも増えつつあります。

クルマを大切にするオーナーが所有すれば、国は関係ないという考え方もあるでしょう。しかし、いちど日本を離れたクルマが、再びこの国の道を走る確率を考えたとき、1台でも多く留めておきたいと考えてしまうのが、多くのクルマ好きの本音ではないかと思います。

この日のために、全国各地から集結した旧車が一堂に会したお台場旧車天国2017。エントリーした1台1台のオーナーが、この日のために整備をして、美しく磨き上げたからこそ実現した光景であることを強く実感した取材となりました。

[ライター・撮影/江上透]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
松村 透

輸入車の取扱説明書の制作を経て、2006年にベストモータリング/ホットバージョン公式サイトのリニューアルを担当し、Webメディアの面白さに目覚める。その後、大手飲食店ポータルサイトでコンテンツ企画を経験し、2013年にフリーランスとして独立。現在はトヨタ GAZOO愛車紹介の監修・取材・記事制作や、ベストカー誌の取材等で年間100人を超えるオーナーインタビューを行う。カレントライフは2015年より参画。副編集長を経て、2019年、編集長に就任。現在の愛車は、1970年式ポルシェ911Sと2016年式フォルクスワーゲン ゴルフ トゥーラン。9月11日生まれの妻と、平成最後の年に産まれた息子、動物病院から譲り受けた保護猫と平和に(?)暮らす日々。

記事一覧

関連記事