平成の終わりに昭和のクルマを愛でる幸せ。ノスタルジック2デイズ 2019 イベントレポート

  1. イベント
  2. 183 view

去る2月23日、24日にパシフィコ横浜で開催された、毎年恒例のイベント「Nostalgic 2days(以下、ノスタルジック2デイズ)」の取材に行ってまいりました。イベントとしては今年で11回目。CL CARS(旧カレントライフ)として2015年から開始したこのイベントの取材も、早いもので今年で5回目となりました。

第11回ノスタルジック2デイズ 2019 旧車

第11回ノスタルジック2デイズ 2019 旧車

▲開場前から入口には長い行列が。会場内に足を踏み入れてみると、大勢のギャラリーでごった返していました

今年で11回目の開催となり、旧車好き・クルマ好きのあいだでもすっかり定着した感のあるノスタルジック2デイズ。週末の横浜みなとみらいの街中に轟く旧車サウンドを聴くたび「今年もこの時期が来たんだなー」と気分も盛りあがります。

ノスタルジック2デイズ 2019:日本車編

第11回ノスタルジック2デイズ 2019 旧車

年々勢いが増しつつある国産旧車の人気。平成から新元号へと変わっても、その勢いは衰えないのでしょうか…。今年も、会場内に所狭しと貴重なクルマが並べられていました。なかには注目度が増したことで「いつの間にこんな価格になったんだろう」と驚いてしまうような個体も。そして、外国人のギャラリーが増えたことも印象的でした。「定年退職後に、若いときに憧れたクルマを買おう」と考えていらっしゃる方、ここ数年の動向にを要チェックです。場合によっては時期を早めた方がいいかもしれません(その際、欲しいと思っているクルマのオーナーさんに直接コンタクトを取り、動向を教えてもらった方がよさそうです。よほど失礼な対応をしない限り、喜んで情報を教えてくれるはずですから)。

第11回ノスタルジック2デイズ 2019 旧車

▲トヨタ2000GTが放つ威光は、新元号になっても衰えを知らないでしょう

第11回ノスタルジック2デイズ 2019 旧車

▲貴重なハンドメイドのいすゞ117クーペ。ハンドメイド・前期・後期で顔つきや全体の雰囲気が異なる点を見分けるのも楽しいものです

第11回ノスタルジック2デイズ 2019 旧車

▲旧車とくくるべきか…。AE86こと「ハチロク」も、まだまだ現役のクルマのオーラを放っています

第11回ノスタルジック2デイズ 2019 旧車

第11回ノスタルジック2デイズ 2019 旧車

▲日産フェアレディZ(S30型)の人気も衰え知らず。それどころか、販売価格の上昇が著しいモデルのひとつです

第11回ノスタルジック2デイズ 2019 旧車

第11回ノスタルジック2デイズ 2019 旧車

第11回ノスタルジック2デイズ 2019 旧車

▲愛知県のRX-7専門店「トータルセブン」ブースで展示されていた、マツダ サバンナRX-7(FC3S)。しかも限定モデルのアンフィニ。さらにこの個体は、カタログ非掲載色として販売された幻のホワイト。いまや超がつくほど貴重な個体をレストアしたそう。もはや文化財の域です

第11回ノスタルジック2デイズ 2019 旧車

第11回ノスタルジック2デイズ 2019 旧車

▲この種のイベントには欠かせない存在であるハコスカ&ケンメリGT-R。今後も海外への流出が懸念される2台だけに、資力のあるオーナーさんに維持していただきたいものです

第11回ノスタルジック2デイズ 2019 旧車

第11回ノスタルジック2デイズ 2019 旧車

▲スカイライン専門店としてすっかりお馴染み。岐阜県にある「R31 HOUSE」。何十年もの時間を費やし、自社で部品を製作。オーナーとその予備軍にとって、これほどありがたいことはないはず。まさにセーフティーネットであり、駆け込み寺だ

第11回ノスタルジック2デイズ 2019 旧車

▲こちらも貴重な存在となりつつあるトヨタ ソアラ(z20)。しかも最上級モデルの3000GT リミテッド!

第11回ノスタルジック2デイズ 2019 旧車

▲レパード専門店「カーショップフレンド」。今年もたくさんのレパードを展示。同店がこのクルマにとってのセーフティーネットになっているようですね…

第11回ノスタルジック2デイズ 2019 旧車

▲NA1と思いきや、こちらはNA2。NSX TypeSです。しかも、珍しいパールホワイト。販売車両でした(車両本体価格は1500万円とのこと)

第11回ノスタルジック2デイズ 2019 旧車

第11回ノスタルジック2デイズ 2019 旧車

▲スバル アルシオーネ SVXをはじめ、さまざまな名車の専門店でもある「K・STAFF」。埼玉県川越市に店舗があるので、小江戸川越を訪れた際にはぜひ立ち寄ってみては?

ノスタルジック2デイズ 2019:輸入車編

第11回ノスタルジック2デイズ 2019 旧車

興味の対象は日本車がメインで、輸入車はあまり…という方にとっても、ノスタルジック2デイズでは珍しいクルマを間近で観ることができます。なかには世界で1台しか存在しないような貴重なモデルから、往年名車まで。通常、この種のクルマがイベントに展示されていても、柵で囲われていることが多いのです。しかし、このイベントでは、触れられるほど近い距離で観ることができます(もちろん、触れることはNGですが…)。

ノスタルジック2デイズ 2019における日本車と輸入車の比率は8:2といったところでしょうか。ギャラリーも日本車好きが多いのか、輸入車のエリアは比較的空いていた印象。その分、ディープな方を惹きつけるようで、あちこちでマニアックな会話が聴こえてきました。実は、古い輸入車の方が部品が手に入りやすいこともしばしば(もちろんクルマにも因りますが…)。「古いクルマに乗ってみたいんだけれど、どれを選んだらよいか分からない」という方、日本車だけでなく、輸入車にも射程圏内に入れてみると思わぬ出会いがあるかもしれません。*いずれにしても、信頼できる主治医の存在が不可欠ではありますが…。

第11回ノスタルジック2デイズ 2019 旧車

▲神奈川県にある「ヴィンテージ湘南」の販売車両であるメルセデス・ベンツEクラス(W124)。根強い人気を誇る1台だけに、どのタイミングで決断するか悩みますね…

第11回ノスタルジック2デイズ 2019 旧車

▲今年はベントレー100周年ということで、「ワクイミュージアム」がノスタルジック2デイズに初出展。貴重なベントレーが間近で観られるとあって、多くのギャラリーの注目を集めていました

第11回ノスタルジック2デイズ 2019 旧車

▲こちらもいまや懐かしささえ感じるフェラーリ308GTS。黒いボディカラーも似合います

第11回ノスタルジック2デイズ 2019 旧車

▲こちらは岡山の「OLD BOY」が展示していたディーノ246GTS。ショールームには他にも複数のディーノがある模様

第11回ノスタルジック2デイズ 2019 旧車

第11回ノスタルジック2デイズ 2019 旧車

第11回ノスタルジック2デイズ 2019 旧車

▲「OLD BOY」は、他にもレストアされた「ナローポルシェ」を2台展示していました。これほどきれいな個体を間近で観られる機会はなかなかありません

第11回ノスタルジック2デイズ 2019 旧車

第11回ノスタルジック2デイズ 2019 旧車

第11回ノスタルジック2デイズ 2019 旧車

第11回ノスタルジック2デイズ 2019 旧車
▲他にもさまざまな輸入車が。ジャガーもありましたが、全体的にはドイツ車が多かったように思います

第11回ノスタルジック2デイズ 2019 旧車

第11回ノスタルジック2デイズ 2019 旧車

第11回ノスタルジック2デイズ 2019 旧車

▲特別展示車両として注目されていたレーザー&ミザール。いずれも世界に1台しか存在しない貴重なクルマ。しかも2台並べて展示するのは世界初(!)とのことだ

ノスタルジック2デイズ 2019:盛り上がりに期待したい!部品編

第11回ノスタルジック2デイズ 2019 旧車

旧車・絶版車の生命線ともいえる部品の供給。しかし、多くの旧車乗りが「欠品」「廃盤」といった壁にぶち当たります。最近でこそスカイラインGT-Rやユーノスロードスターの部品再生産のアナウンスがありましたが、これはまだまだ特殊なケース。かといってエンドユーザーが自ら造るには難しい部品も数多くあります。特にゴム類などは、実車に装着していれば劣化が進みますし、長期保存していても劣化していくもの。民間の企業のお陰で再生産されるモデルもちらほら…。ユーザーとしては何ともありがたい話しだけに、今後の動向に注目です。

第11回ノスタルジック2デイズ 2019 旧車

第11回ノスタルジック2デイズ 2019 旧車

第11回ノスタルジック2デイズ 2019 旧車

▲埼玉県所沢市にある「THサービス」は、トヨタ セリカ リフトバックの製造廃止部品のリプロダクション品を販売。その他、各種トヨタ車の部品販売も行っているのだとか

第11回ノスタルジック2デイズ 2019 旧車

第11回ノスタルジック2デイズ 2019 旧車

▲会場内には、じっくり見れば見るほど掘り出しモノや貴重な一品が見つかる。迷っていたら他に誰かが買ってしまうぞ!

ノスタルジック2デイズ 2019:自動車メーカー編

第11回ノスタルジック2デイズ 2019 旧車

今年はメーカーとして出展していたのはマツダとトヨタ MEGA WEB。特にマツダは、昨年同様、ユーノスロードスターのレストアプロジェクトをしっかりアピールしてきました。さまざまな考えがあると思いますが、日本車メーカーでいちばん旧車・絶版車オーナーとの距離が近いのがマツダではないかと思います。レストアの費用や条件などで賛否があるようですが、まずはメーカーが過去のクルマに目を向け、再生していこうと舵を切ったことを賞賛してもいいはず。誤解を恐れずにいえば、「一定の条件を満たし、相応の待ち時間とお金を払えば、限りなく新車に近いユーノスロードスターが手に入る」時代が再び訪れたのですから…。

第11回ノスタルジック2デイズ 2019 旧車

第11回ノスタルジック2デイズ 2019 旧車

第11回ノスタルジック2デイズ 2019 旧車

第11回ノスタルジック2デイズ 2019 旧車

▲展示車両は直接触れられるだけでなく、シートに座ることもできた。当時の記憶が甦ってきた人も多かったはず。マツダの粋な計らいともいえる

ノスタルジック2デイズ 2019:展示・販売ブース編

第11回ノスタルジック2デイズ 2019 旧車

ノスタルジック2デイズの名物ともいえる展示・販売ブースコーナー。カタログやミニカー、カー用品、ファッション、雑貨等々。ありとあらゆるグッズが展示・販売されている一角。筆者も、毎年とても楽しみにしています。この一角に来ると仕事を忘れそうになるので、筆者にとってもキケン地帯(?)であります。来年訪れる方は覚悟してください(笑)。過去4年間はどんなに欲しいモノがあってもぐっと堪え(衝動買いしないよう、現金もいつも以上に少なめ、カードも持参しないようにしています)ていたのですが、MINICHAMPS製の1/43 ポルシェ959(黒)が2000円と破格だったため、迷いに迷って購入してしまいました…。確か、このミニカーは保有していたはずですが、これは「閲覧用」ということで仕事部屋に置いています。

第11回ノスタルジック2デイズ 2019 旧車

第11回ノスタルジック2デイズ 2019 旧車

第11回ノスタルジック2デイズ 2019 旧車

第11回ノスタルジック2デイズ 2019 旧車

▲展示・販売ブースコーナーはご覧のとおり。そういえば、中込氏や山本氏をはじめ、CL CARS執筆陣が会場内にいたはずなのに、今年は会えず…

第11回ノスタルジック2デイズ 2019 旧車

▲2000円(しかも税込み!)という破格値に惹かれて衝動買いしてしまったポルシェ959。確か、家の押し入れにあったような…

ノスタルジック2デイズ 2019:まとめ編

第11回ノスタルジック2デイズ 2019 旧車

平成最後の開催となったノスタルジック2デイズ 2019。まもなく、31年間続いた平成が終わりを告げようとしているのに、それより前の時代に造られたクルマを愛でるイベント。しかも、年々盛りあがっている…。取材中、ふと冷静になって立ち止まると、不思議な光景のように思えてきました。

第11回ノスタルジック2デイズ 2019 旧車

小さい頃に見た絵本では、21世紀にはクルマが空を飛び、ロボットが歩いていました。ところが実際に21世紀が訪れてみると、キャブレターの音が支持されたり、いまだにSL(蒸気機関車)が全国各地で走っていたり…。実物大のガンダムがお台場に立ちましたが、歩くことはできません。かつてはノイズが一切混じらないCDのデジタル音源に感動したものですが、最近では「アナログレコードの音」が再認識されているようです。今後、ますます電気自動車や自動運転機能を備えたクルマが普及していくものと思われますが、よほどの法改正がない限り「パワーウインドウ、パワステ、エアコンなし、3ペダルMT車」が息絶えることはないように思えてきますし、またそうであって欲しいものです。

第11回ノスタルジック2デイズ 2019 旧車

新元号に変わってからは初めての開催となる来年のノスタルジック2デイズ 2020は、2020年2月22日(土)23日(日)とのことです。いまからスケジュールを押さえておきましょう!

[ライター・撮影/江上透]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
松村 透

輸入車の取扱説明書の制作を経て、2006年にベストモータリング/ホットバージョン公式サイトのリニューアルを担当し、Webメディアの面白さに目覚める。その後、大手飲食店ポータルサイトでコンテンツ企画を経験し、2013年にフリーランスとして独立。現在はトヨタ GAZOO愛車紹介の監修・取材・記事制作や、ベストカー誌の取材等で年間100人を超えるオーナーインタビューを行う。カレントライフは2015年より参画。副編集長を経て、2019年、編集長に就任。現在の愛車は、1970年式ポルシェ911Sと2016年式フォルクスワーゲン ゴルフ トゥーラン。9月11日生まれの妻と、平成最後の年に産まれた息子、動物病院から譲り受けた保護猫と平和に(?)暮らす日々。

記事一覧

関連記事