第10回記念!日本最大級のクラシックモーターショー、ノスタルジック2デイズ 2018 イベントレポート

  1. イベント
  2. 478 view

去る2月17日、18日にパシフィコ横浜で開催された「Nostalgic 2days(以下、ノスタルジック2デイズ)」の取材に行ってまいりました。2015年から開始したこのイベントの取材も、今年で4回目となります。

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

今年のノスタルジック2デイズは、第10回記念というメモリアルイベント。それだけに、例年以上に勢いが感じられる内容となりました。

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲会場であるパシフィコ横浜には、CL執筆陣である中込氏の姿も!

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲同じくCL執筆である山本氏にはお会いできなかったのですが、愛車のオペル マンタは、マニアックな方からの熱い視線をあびていました

ノスタルジック2デイズ 2018:日本車編

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

ノスタルジック2デイズに出展するクルマの多くが日本車。懐かしいクルマもあれば、当時はもちろん、現在でも貴重な名車が一堂に会するのが、このイベントの大きな魅力なのです。その一方で「国産旧車」の現状、つまり各モデルの相場のようなものが確認できる場でもあります。最近、見なくなったなと思っていたクルマが驚くような価格で売られているケースも…。

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲今年の東京オートサロンでも注目を集めていたガレージアクティブが手掛けた2台のR32GT-Rが展示されていました

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲プリンスガレージかとりのブースに置かれていたのは、懐かしいカルソニックカラーのR32GT-R

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲こちらも懐かしのニスモ400R。貴重な個体だけに、1台でも多く国内に留めておきたいですね…

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲トータルセブンのブースでは、2台のサバンナRX-7と、マツダRX-7の姿が。1台のサバンナRX-7は、何と逆輸入車!

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲日産レパード専門店としてお馴染みのカーショップフレンドブース。今年はさらに規模が拡大された模様。F31型レパードも、いまや新車以上の価格に…

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲当時から高嶺の花だったトヨタ ソアラ(初代)。時代は変わり、旧車として再び手の届かない存在となりつつあります

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲ハイソカーブームのど真ん中に位置していた通称「71マークII」。こちらもソアラと同様、当時の新車価格並みの価値がついてきたということでしょうか

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲こちらのトヨタ スプリンター トレノ。いわゆる「ハチロク トレノ」は、ワンオーナー車で実走行1.5万キロ、エンジンオーバーホール等々で、価格はなんと648万円。一生モノを手に入れたい方にとってたまらない1台ですね<

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲これはかなりレアな個体。日産240SXコンバーチブルです。北米仕様なのでもちろん左ハンドル。この個体を手に入れたら、このままの状態で乗ってあげたいですね

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲日産Be-1も、いまやすっかり旧車の仲間入り。このクルマが発売されたとき、日本はバブル絶頂期。争奪戦が繰り広げられたことを覚えている方も多いはず

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲一昔前までは当たり前のように見掛けていた気がする日産プレーリー。販売台数が多くても、この種のクルマの生存率は低く、残っている個体は貴重です

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲生誕60周年を迎えるスバル360。この個体も、21世紀に開かれた旧車のイベントに展示されるとは思わなかったでしょうね…

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲当時からレアな存在だったスバル アルシオーネSVX。K STAFFがSVX専門店として名乗りをあげたことで、後世に残る確率がぐっと高まりましたね

ノスタルジック2デイズ 2018:輸入車編

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

興味の対象は日本車がメインで、輸入車はあまり…という方にとっても、ノスタルジック2デイズでは珍しいクルマを間近で観ることができます。なかには世界で1台しか存在しないような貴重なモデルから、往年名車まで。通常、この種のクルマがイベントに展示されていても、柵で囲われていることが多いのです。しかし、このイベントでは、触れられるほど近い距離で観ることができます(もちろん、触れることはNGですが…)。

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲1967年式メルセデス・ベンツ230SL。価格は1200万円とのことです。これからさらに高騰するかもしれない1台。いまのうちに一生モノを手に入れるべきか、果たして…

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲今年は何とBMWのブースも出展。新旧BMW M5が並びました。意外と気がつく方が少ないように思われましたが、その分、マニアは食いついていました

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲BMWだけでなく、ボルボ・カー・ジャパンも出展。1台のボルボ車と長く付き合う方にとって、インポーターのサポートは本当に心強いですね

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲こちらは新旧FIAT500(右はアバルトですが…)。並べてみるとこれほどの「体格差」があります

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲ジャガーEタイプは、いまも昔も憧れの存在。先日、この世を去った俳優の故夏木陽介さんもEタイプクーペにお乗りでしたね

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲数々の旧車をレストアし、販売しているOLD BOY。今回は通称ナローポルシェの他、356なども出展。ひときわ華やかな雰囲気に包まれていました

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲こちらはRUF車の開発車輌として日本でもお馴染みのRUF BTR NATO。レストアが施されたこの個体。このまま余生を日本で過ごすのでしょうか

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲会場内でも注目されていた、マッドマックス インターセプター。こんなレアな個体が観られるのも、このイベントならではです

ノスタルジック2デイズ 2018:特別展示編

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

名実ともに文化財の領域にあるクルマや、雑誌の表紙を飾るような名車も展示されていました。今年はノスタルジック2デイズ10回記念ということで、例年以上に豪華な顔ぶれとなったようです。と同時に、ついこのあいだまで「もしかしたら買えるかも…」と思っていたクルマが、いつのまにか遠い存在となっていたことを再認識することとなったのです。

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲ジャパンプレミアム出展車輌として展示販売されていた1970年式日産スカイラインGT-R。完全ノーマルで車体番号は42番という貴重な個体。価格は3456万円

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲こちらは1973年式日産スカイラインGT-R。197台中、わずか7台しか作られなかったという赤いケンメリGT-R。価格は9800万円

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲こちらは1968年式トヨタ2000GT。外装のはく離、錆の除去、部品を新品に交換等々、かなり大掛かりにレストアされた1台。価格は1億3000万円とのこと

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲こちらは1969年式日産スカイラインGT-R(レプリカ)。GTをベースに、可能な限りGT-Rパーツを組み込んだレプリカ。価格は1400万円

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲1987年式日産レパードアルティマ。純正ゴールドツートン&サンルーフ付きは超レアなモデルをさらにレストア。素晴らしいコンディションを保つ1台。価格は1512万円

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲まさに歴史を後世に語り継ぐべき1台。日産スカイラインGT-R(レーシング)。伝説のチューナー白石氏が手掛けたこの個体の価格は5000万円

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲1972年式日産フェアレディZ423R。日本に数台しか存在していないといわれる個体で、価格は8640万円

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲1987年式日産スカイラインGTS-R。走行距離約3万キロという個体。あるところにはありますね…。価格は777万円です

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲1972年式いすゞ117クーペ。いわゆるハンドメイドモデルであるこの個体、全塗装やクーラー等をリビルトしての価格は499万円

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲かつて、日本が世界に向けて造り上げたスーパーカー、童夢零および童夢P2が特別展示されていました。この2台が正式に発売されていたら…日本の自動車の歴史が変わっていたかもしれません

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲こちらは、ノスタルジックヒーロー誌の表紙を飾った個体。ハコスカ&ケンメリGT-R、そしてR30型スカイライン。そして「シーマ現象」という言葉を生み出した、初代シーマ。この頃の日産車のような「熱きもの」を求めているのは筆者だけでしょうか…

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲映画「私をスキーに連れてって」にも登場して人気を博した、トヨタ セリカ。もちろん展示されている個体は「GT-FOUR」です

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲今回、トムスデザインのご厚意で詳しく観ることができたKP47スターレット。実は、ノスタルジックヒーロー誌で連載中の個体そのものなのです。敷地内にあった137E型エンジンをオーバーホールしたのを機にボディもレストア。貴重な個体が現代に甦ったのです!

ノスタルジック2デイズ 2018:自動車メーカー編

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

ノスタルジック2デイズにも、自動車メーカーが出展する時代となりました。仲間同士のトレードやインターネットオークションなどで、必死に旧車の部品確保に奔走している方にとって、これは歓迎すべきことではないでしょうか。いち事業としては収益をあげるのは難しい取り組みかもしれませんが、新しいモノばかりに目を向けるのではなく、こうして過去の名車にもメーカー自身がスポットライトを当てる…。今後、この動きが拡大していくことを期待したいところです。

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲個人的に驚いたのは、今回、スバルブースが、往年の名車の数々を展示していたことです。生誕60周年を迎えるスバル360をはじめ、スバル1000、スバル1300Gバン、アルシオーネ、レガシィセダン(初代)…。懐かしいクルマが勢揃いしました。スバリストにはたまらないイベントとなったことでしょう

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲トヨタ GAZOOレーシングも、スポーツ800と86GRを展示。旧車の部品販売およびレストアという点において動きが見えないトヨタ。果たして、今後の行方は…?

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲ユーノスロードスターの部品再生産およびレストアの事業を発表し、多くのクルマ好きから喝采を浴びたマツダ。ロードスターアンバサダーの山本修弘氏自らユーザーと言葉を交わし、熱いプレゼンテーションを行っていました。テュフラインランドジャパンのクラシックカー ガレージ認定証とともに再生産された部品が置かれ、マツダの本気度を感じさせます。元オーナーとしてはぐっとくる光景でした

ノスタルジック2デイズ 2018:デンジャラスな魔空間(?)スワップミート編

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

ノスタルジック2デイズにおいて外せないのがスワップミートコーナー。入場後、まずはここを目指すという方も少なくありません。掘り出しモノや会場限定販売モノなど、思わぬアイテムに出会える可能性が高いからです。それだけに、予想外の出費も免れないような魔空間(?)でもあります。取材中、あるプラモデルを購入していた方は「まずい。買っちゃった…。あとはどうやって奧さんにバレずに家に持ち込むかだな」と本気で悩んでいるようでした。

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲R32 GT-Rのカタログだけでなく、プラモデルや仮面ライダーのグッズなども…

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲空前の猫ブームですが、かつて「なめんなよ猫」も爆発的にヒットしましたね…

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲パーツカタログやエンジン修理書なども売られています

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲外箱なし、ビニール袋による包装。このラフな感じがいいですね

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲B級品とのことでしたが、見た目にはそれほど気になりませんでした。それでも15000円…泣く泣く断念

ノスタルジック2デイズ 2018:まとめ編

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

会場の規模を拡大し、さらに勢いが増した感のあるノスタルジック2デイズ。今年は自動車メーカーも参入し、古いクルマ対する意識が少しずつ変わりつつあるように感じました。その一方で、展示販売されている個体の多くが「ASK」であったり、思わず目が飛び出そうなほどの価格が掲げられていたり…。

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲イベントの司会進行は、TBSアナウンサーでありながら日本カー・オブ・ザ・イヤーの選考委員を務める安東弘樹さんが担当

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲アカデミー製のカーシェルター「JET(ジェット)」。アコーディオンガレージよりも耐久性に優れ、開閉も簡単。現在、数ヶ月待ちというほど人気なのだとか

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲レストアパーツ.comブースには、AE86(3ドア)のバックパネルやリアクオーターパネルが展示されていました。ハチロクオーナーにとっては朗報でしょう

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲レストア済みというBBS製ホイール。さがすとなかなかコンディションの良いBBS製16インチホイールが見つからないだけに、探していた人にとっては即買いアイテムであることは間違いなし

第10回ノスタルジック2デイズ 2018 旧車

▲R31HOUSEブースではお馴染みの光景となった、歴代スカイラインのミニチュアカー。精巧な造りに思わず立ち止まって見入る方が多数いました

第10回目も開催となった、日本最大級のクラシックモーターショー、ノスタルジック2デイズ 2018。記念すべきイベントにふさわしく、スペシャルなクルマが多数集結していました。今後、日本国内においても、電気自動車やハイブリッドカーのシェアが増えていくことはほぼ確実だと思われます。いわゆる旧車と呼ばれるようなクルマは、数が減ることはあっても増えることはまずありません。

ノスタルジック2デイズをはじめとする旧車が主役のイベントによって、1人でも多くのファンを獲得し、古いクルマを大切に乗り継いでくれる方が増えていくことを願うばかりです。

[ライター・撮影/江上透]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
松村 透

輸入車の取扱説明書の制作を経て、2006年にベストモータリング/ホットバージョン公式サイトのリニューアルを担当し、Webメディアの面白さに目覚める。その後、大手飲食店ポータルサイトでコンテンツ企画を経験し、2013年にフリーランスとして独立。現在はトヨタ GAZOO愛車紹介の監修・取材・記事制作や、ベストカー誌の取材等で年間100人を超えるオーナーインタビューを行う。カレントライフは2015年より参画。副編集長を経て、2019年、編集長に就任。現在の愛車は、1970年式ポルシェ911Sと2016年式フォルクスワーゲン ゴルフ トゥーラン。9月11日生まれの妻と、平成最後の年に産まれた息子、動物病院から譲り受けた保護猫と平和に(?)暮らす日々。

記事一覧

関連記事