ポルシェ930ターボのEV車で参戦!日本EVフェスティバル2016 イベントレポート

  1. イベント
  2. 215 view

去る11月3日に、日本EVクラブが主催する「第22回日本EVフェスティバル」が筑波サーキット コース1000にて開催されました。カレントグループからはチームカレントとして、ポルシェ911(930ターボ)をベースに製作したEV車で「コンバートEV1時間ディスタンスチャレンジ」に参戦するということで取材してきました。

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲「日本EVフェスティバル」は、改造したEV車でレースに参加したり、販売されているEV車に試乗できるなど、誰もが楽しめる歴史あるイベントとなっています

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲何度も「コンバートEV1時間ディスタンスチャレンジ」に参加している歴戦の勇者も

ポルシェ930ターボをベースに製作したEV車で「コンバートEV1時間ディスタンスチャレンジ」に参戦

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲チーム カレントも930ターボベースのEV車で参戦です

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲コンバートEV「eCurrent 930T-EV」。見た目は930ターボそのものです

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲本来であれば空冷フラットシックスがあるはずのエンジン(電源)ルームにはリチウムイオン電池が搭載されています

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲本来であればマフラーカッターが見える部分もご覧のとおりです

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲ボディサイドのデカールもEV仕様になっています

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲エンブレムにもちょっとした遊びゴコロが

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲内装も一見するとノーマルの930ターボのようですが…

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲おなじみの5連メーターもEV仕様に

ハチロクやシルビアも…一見するとEV車には見えません

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲930EV車とAE86EV車が仲良く並びます。これだけではEV車とは分からないですね

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲こちらはAE86EV車とS13型シルビアEV車。よくあるサーキット走行会の風景です

コンバートEV1時間ディスタンスチャレンジ エントリーカー

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲筑波サーキット コース1000にエントリーカーたちが並び、いよいよスタート間近

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲東京マツダEVチームのEV ROADSTER。ベースはマツダ ロードスター(2代目/NB型)です

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲千葉県自動車大学校の千葉県自動車大学校EVシルビア。ベースは日産シルビア(S13型)です

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲中央自動車大学校のタイサン CTS PORSCHE。ベースはポルシェ914です

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲Team TAISANのタイサンポルシェ916EV。ベースはポルシェ914です。日本のレースシーンでもお馴染みのタイサンが参戦していました

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲読売自動車大学校のYccm Gino 2016。ベースはダイハツ ミラジーノです

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲そしてチーム カレントのeCURRENT 930T-EV。ベースは911ターボです

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲千葉県自動車総合大学校のViViO-EV・FR。ベースはスバル ヴィヴィオです

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲OZ MotorsのOZ Motors ユーノスロードスターEV。ベースはユーノス ロードスターです

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲九工大 e-carのEV86。ベースはトヨタ レビン(AE86)です

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲METEO MOTORSPORTのe-MINI 48。ベースはミニ1.3lクーパーです

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲T.M.WORKSの富士山deEVワゴンR。ベースはスズキ ワゴンRです

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲よく見ると、こんな遊びゴコロが

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲千葉県自動車大学校の千葉県自動車大学校EV86。ベースはカローラ レビン(AE86)です

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲Team BolderのMarch EVECK-01。ベースは日産マーチです

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲読売自動車大学校のYCCM RX-8。ベースはマツダRX-8です

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲トヨタ東自大のトヨタスポーツEVツイン。ベースはトヨタスポーツ800です

コンバートEV1時間ディスタンスチャレンジ レースレポート

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲スタート前の作戦会議中。ピリピリしているかと思いきや、意外にも和やかムード?

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲スタートの時間を待ちます

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲レーススタート!全車音もなく、スーッと加速していきます。しかも、速い!

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲eCURRENT 930T-EV号も順調に周回を重ねていきます

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲ドライバーチェンジもスムーズに

EV フェスティバル 筑波サーキットEV フェスティバル 筑波サーキット
▲何だかとても楽しそうで、筆者も飛び入り参加したくなりました…(もちろんできませんが)

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲エンジンからリチウムイオン電池に交換しただけで、中身はポルシェ930ターボ!速いです

EV フェスティバル 筑波サーキット
EV フェスティバル 筑波サーキット
▲レースだからこそ、マナーも大事。各チームが安全なレース進行に配慮していることが伝わってきました

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲サーキットで見るAE86はやっぱりカッコいいと改めて思いました

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲レース後半でeCURRENT 930T-EV号にトラブル発生。エンジン(電源)ルームから白煙が!

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲カレントチームのメカニックも何とか修理できないか対応にあたります

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲筑波サーキットのオフィシャルが冷却剤を吹き付け、電源周りをクールダウンさせます

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲eCURRENT 930T-EV号はリタイアとなりました。美女たちにもEVポルシェの走りを見せたかったのですが…

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲優勝は千葉県自動車大学校の千葉県自動車大学校EVシルビア。2位はTeam TAISANのタイサンポルシェ916EVとなりました

「新しい酒は新しい革袋に盛れ」ならぬ「新しい酒は古い革袋に盛れ」?

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲夕闇迫る筑波サーキット。この年代のクルマが横一列に並ぶのはいいものです。11月になると、暗くなるのが早いですね

今年で22回目の開催となった日本EVフェスティバル。つまり、第1回は1994年。今回出走していたS13型シルビアがS14型になったばかり。ロードスターは初代(NA型)が現役という時代でした。いつの間にか、あたりまえのように日産リーフなどの電気自動車が日本の路上を走る時代になっています。風切り音とタイヤのスキール音だけで目の前を走り去って行く光景は近未来のレースシーンを予感させるものなのかもしれません。

eCURRENT 930T-EV号は電源周りのトラブルでリタイアとなってしまいましたが、サーキットを走る姿はまさにポルシェ930ターボそのものでした。筆者を含めたいまの世代があとどれくらい内燃機関を搭載したクルマに乗っていられるのでしょうか。正直、そのことを考えてしまったことも事実です。

「新しい酒は新しい革袋に盛れ」という言葉がありますが、古い革袋(ボディ)にエンジンに替わるリチウムイオン電池を搭載したEV車に、例えば廃車同然になったクルマたちが再生する可能性のようなものを垣間見た気がします。次々とクルマを買い替えていくことで日本の経済がまわっていくことは事実かもしれませんが、古いクルマたちが少しでも長く延命できるのなら、コンバートEV車という選択肢もありなのかもしれません。

※コンバートEV「eCurrent」のサイトはこちら
http://www.ecurrent.biz/

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
松村 透

輸入車の取扱説明書の制作を経て、2006年にベストモータリング/ホットバージョン公式サイトのリニューアルを担当し、Webメディアの面白さに目覚める。その後、大手飲食店ポータルサイトでコンテンツ企画を経験し、2013年にフリーランスとして独立。現在はトヨタ GAZOO愛車紹介の監修・取材・記事制作や、ベストカー誌の取材等で年間100人を超えるオーナーインタビューを行う。カレントライフは2015年より参画。副編集長を経て、2019年、編集長に就任。現在の愛車は、1970年式ポルシェ911Sと2016年式フォルクスワーゲン ゴルフ トゥーラン。9月11日生まれの妻と、平成最後の年に産まれた息子、動物病院から譲り受けた保護猫と平和に(?)暮らす日々。

記事一覧

関連記事