雨の横浜みなとみらい赤レンガ倉庫とポルシェに見とれて。エキサイティングポルシェミーティング2015

  1. イベント
  2. 373 view

去る11月8日に、横浜みなとみらい赤レンガ倉庫にて開催された「エキサイティングポルシェミーティング2015」の模様を取材してまいりました。

当日はあいにくの雨。この日のために磨き上げたポルシェたちのボディが綺麗に水を弾き、より一層、フォルムを引き立たせてくれています。オーナーさん、特に古いモデルをお持ちの方は、帰宅後に水分を落とすため、相当なご苦労があったのだと思います。

そんな雨のなか、さまざまなポルシェたちが、エキサイティングポルシェミーティング2015に参加いたしました。本当はすべてのポルシェをご紹介したいところですが、カレントライフ編集部の独断で気になったモデルたちをピックアップいたしました。

EPM2015
当日の天気はご覧のように冷たい雨。しとしとと降る雨に濡れるポルシェは風情があります

IMG_2705
この日、唯一のエントリーだった356。そしてナローとの2ショット

EPM2015
ナローポルシェも、オーナーの嗜好によって雰囲気がずいぶん異なりますね

EPM2015
珍しいボディカラーまとったナナサンカレラ

EPM2015
薄いブルーメタリックのボディカラーが素敵なナローも参加

EPM2015EPM2015
鮮やかなブルーのナナヨンカレラでしょうか。こんな個体があるんですね…

EPM2015
ナロールックにモディファイされた930。ボディカラーとゴールドのホイールの組み合わせがいいですね

EPM2015
以前、取材させていただいたクロスポイント25も出展していました

EPM2015
カレラかな…と思いきや、こちらはSCとのこと。すごく綺麗な個体でした。いまや貴重な1台ですね

EPM2015
こちらの930ターボは、ブラックバード号としてお馴染みですね

EPM2015EPM2015
独自のモディファイを施したフォルムが、100台を優に超えるポルシェのなかでも注目されていた1台

EPM2015EPM2015
こちらは懐かしのフラットノーズ。なんと、マフラーが片側3本出しです

EPM2015
944と930カレラの2ショット。一昔前にタイムスリップしたかのような光景でした。赤レンガの風景にマッチしていますね

EPM2015
こちらの964…実はワイドボディなんです。通好みの、さりげない感じがなんともまた素敵です

EPM2015EPM2015
先ほどのナナヨンカレラの横に並んでいた水色の964。こんなビビットな色が似合うのも911ならでは

IMG_2680IMG_2681
貴重な964ターボ3.6も姿を見せていました。確か、ディーラー車は100台にも満たなかったはず…

EPM2015
独自のモディファイが施された993。ホイールもキマっています

EPM2015EPM2015
こちらの993は、さりげなく空冷最後の911であることをアピール。911 50周年のステッカーもレアアイテムですね

EPM2015EPM2015
貴重な993RSクラブスポーツ!スピードイエローのボディカラーが似合いますね

EPM2015
なんとショッキングピンク!ラッピングでしょうか?目立ち度ナンバーワンだったかもしれない996です

EPM2015
ゲンバラコンプリートカーとおぼしき996ターボ

EPM2015
EPM2015
空冷911を想起させるモディファイがキマっている997。相当な拘り派?オーナーさんにお話しを伺いたかったです…

EPM2015
こちらの991GT3はテクニカルメイトが出展。同じホワイトでも、モデルによって色味がずいぶん違いますね

EPM2015
924も元気な姿を見せていました。しかも2ケタナンバー!もはや貴重な個体です

image5
image6
大切に扱われていそうな944の姿もちらほら。さりげなく、ドアミラーがターボタイプになっていますね

EPM2015
944と968の2ショット。こんな光景が観られるのも、エキサイティングポルシェミーティングならでは

EPM2015
マリタイムブルーのボディカラーが美しい944。さりげなく、ミラーとホイールが交換されていますね

EPM2015
17インチのカップホイールが似合う968。綺麗に水を弾いていますね。大事に乗られているのだと思われます

EPM2015
現行ボクスターと928の2ショット。こうして眺めると、928の顔つきは愛嬌ありますね

EPM2015
こちらの928はS4でしょうか。このボディカラーも素敵です

EPM2015
928が現役当時は大きいと思ったものですが、現行ボクスターと並べるとご覧の通り

EPM2015
このボディカラーはラッピングでしょうか?センターラインが入ると、見た目が引き締まりますね

IMG_2689
人気沸騰で争奪戦が繰り広げられているという、ケイマンGT4。先日、クラブスポーツが発表になりましたね

EPM2015
ここからはRUF。このホイールが一番似合いますね

EPM2015
964ベースのBR。当時はこのホイールがオリジナルでしたね

EPM2015
*こちらはノンターボのCR。他のRUF同様、ヘッドライトのレンズは通称”CTRレンズ”になっています

EPM2015
こちらはターボボディのBR。このボディカラーはルビーストーンレッドでしょうか

EPM2015
EPM2015
このリアガーニッシュがRUFの証。さりげない違いでRUFであることを主張する数少ない識別ポイントです

EPM2015
こちらは996ターボベースのR-turbo。内装がグリーンのレザーという、何ともお洒落な1台です

EPM2015
こちらのRUFは、オーナーインタビューでもご紹介したペッキーさんのRGTですね

EPM2015
雨のなか、赤レンガに佇むナローたち…

EPM2015
そして、964ベースのRUF

EPM2015
996、その奥は993たち…

EPM2015
997、996、993、964、930、ナローと、歴代の911がずらり

IMG_2699
ある993のポルシェクレストバッチ上に貼られていたステッカー

主催者の方によると、100台を優に超える参加枠でありながら、キャンセル待ちになるほど盛況だというエキサイティングポルシェミーティング。来年はぜひエントリーしてみたいという方は、公式サイトでチェックしてみてはいかがでしょうか?

オーナーさんにインタビューしてみようと思っていたのですが、雨のために建物のなかにいらしたのでしょうか。なかなかお見掛けすることができませんでした。何人かの方にお話しを伺うことができたのですが、印象的だったのはシルバーのSCのオーナーさん。愛車を眺める眼差しからその思いがひしひしと伝わってきて、ドイツから遠く離れた日本にやってきたポルシェたちは本当に幸せな環境にいることを実感できました。

来年もぜひ取材してみたいです。せっかくなので、参加者の一員として…などと密かに思ってしまいました(笑)。エキサイティングポルシェミーティング2016は晴れることを願って!

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
松村 透

輸入車の取扱説明書の制作を経て、2006年にベストモータリング/ホットバージョン公式サイトのリニューアルを担当し、Webメディアの面白さに目覚める。その後、大手飲食店ポータルサイトでコンテンツ企画を経験し、2013年にフリーランスとして独立。現在はトヨタ GAZOO愛車紹介の監修・取材・記事制作や、ベストカー誌の取材等で年間100人を超えるオーナーインタビューを行う。カレントライフは2015年より参画。副編集長を経て、2019年、編集長に就任。現在の愛車は、1970年式ポルシェ911Sと2016年式フォルクスワーゲン ゴルフ トゥーラン。9月11日生まれの妻と、平成最後の年に産まれた息子、動物病院から譲り受けた保護猫と平和に(?)暮らす日々。

記事一覧

関連記事