第11回は11月11日に開催!エキサイティングポルシェミーティング2018

  1. イベント
  2. 934 view

去る11月11日、今年で11回目となる「エキサイティングポルシェミーティング 2018(EXCITING PORSCHE MEETING/略称:EPM)」の取材に行ってまいりました。すっかり秋のポルシェのイベントとして定着したようで、キャンセル待ちが出るほどの人気です。

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲会場となった横浜赤レンガ倉庫

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲会場を埋め尽くした150台近いポルシェ。偶然訪れていた観光客の人たちも驚いていた様子

エキサイティングポルシェミーティングの取材は、CL CARSとしても今年で5回目。2014年は曇り、2015年は雨、2016年と2017年は晴れ。今年も見事な秋晴れとなりました!1奇しくも、1並び(11th 11月11日開催)となった今回のエキサイティングポルシェミーティング。ナローから991、ボクスター/ケイマン、914、924、944、968、そしてRUFに至るまで、 少なくとも150台近いエントリーがあった模様です。

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲今年で11回目。すっかり秋のポルシェのイベントとして定着したエキサイティングポルシェミーティング

横浜赤レンガ倉庫を埋め尽くした150台近いポルシェ。晴天に恵まれた日曜日ということもあり、多くの観光客が現地を訪れていました。赤レンガを埋め尽くしたポルシェを見て驚いた人、記念写真を撮る人、オーナーに話し掛けてクルマ談義に華を咲かせる人、オーナー同士が談笑する光景もあちこちで見られ、思い思いに秋の休日を楽しんでいる姿が印象的でした。

150台近いエントリーカーをすべてご紹介したいところですが、泣く泣く割愛して気になったポルシェをご紹介いたします。

エキサイティングポルシェミーティング2018:ポルシェ911(911/ナロー)編

いわゆる「ナローポルシェ」が参加すると、ポルシェのイベントもグッと華やかになります。オリジナル度の高い個体から、往年のレーシングカーをモチーフに造りあげたスペシャルマシンまで。さまざまな「ナローポルシェ」が集結。普段、これほどの台数が同じ場所に集まる光景が観られるのは、ポルシェオーナーともいえどもレアなこと。会場内でも常に多くのギャラリーの注目を集めていました。

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲メアリー・ステュアート型のフォルムをワンオフで再現したナロー。日本だけでなく、海外でも知られた存在。1/43スケールミニチュアカーで市販化を希望したいところです

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲RECAROシートとMATTER製ロールケージが組み込まれたRSR仕様のナロー。グラマラスなフォルムが魅力的な1台

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲カレラRS2.7も参加。ダルメシアンブルーという珍しいボディカラーをまとっています

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲ダックテールが実に魅力的な2台。向かい合う964と見比べると、このフォルムが脈々と受け継がれていることがわかります

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲フロントグリルに装着されたフォグランプと、ボディ同色のホイール、あえて”Carerra”デカールなしが魅力的な1台

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲鮮やかなグリーンが特徴的な’72S

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲オーナーさんによると、全塗装して目にも鮮やかなイエローのボディカラーが甦ったそうです’73S

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲こちらのナローのミッションは、スポルトマチックというレアな個体

エキサイティングポルシェミーティング2018:ポルシェ911(930)編

カレラ&ターボを問わず、さまざまな個体がエキサイティングポルシェミーティングに集結。オリジナルか、徹底的にモディファイされているかの方向性がはっきり分かれた感のある930。いまや、最終モデルの1989年式であっても生産終了から来年で30年。ほとんどの個体が30年以上前に造られたクルマであるにも関わらず、存在感はまったく色褪せていないことを実感しました。

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲サーキット走行もこなすこちらの930、ご存知のポルシェファンも多いのでは?

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲こちらの個体のドアはなんとガルウィングで開閉!外国人の方にも大人気の1台でした

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲オリジナル度が高い930ターボ。しかも’89/5速ターボのようです

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲こちらのターボも有名な1台ですね。ターボSのようなバンパーとイエローのフォグがオーナーさんのこだわりを感じます

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲現役当時から特別な存在だったフラットノーズ。991型では復活しませんでしたが、992型(仮)では発売されることを願います

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲こちらはさらにレアなフラットノーズカブリオレ。内外装の色の組み合わせや、ボディ同色のホイールが素敵です

エキサイティングポルシェミーティング2018:ポルシェ911(964)編

モディファイされた個体が多かった印象の964。日本におけるポルシェに対する考え方が多様化していることを実感します。964といえばMTが人気ですが、ティプトロニック仕様を購入して自分好みに仕上げるのもありかもしれません。モディファイの方向性を模索している人にとっても、エキサイティングポルシェミーティングは自分の好みや方向性を探るうえで絶好の機会となっているようです。

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲オリジナル度が高い964。17インチカップホイールも、レプリカではなくオリジナルのようです

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲ルーフキャリアを装着し、スケボーが載っている964。こんなポルシェがあってもいいと思わせてくれた1台でした。ヘッドライトも交換されているようです

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲グラマラスなフォルムが魅力的な964ターボ。ホイールとリアウイングが交換されているだけで、かなり雰囲気が変わります

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲オリジナル度が高い964ターボ3.6。このモデルは海外に流出した個体も多いようで、1台でも多く日本に留まってほしいところです

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲メアリー・ステュアート型のナローと同じ”Body works db”が手掛けたという964

エキサイティングポルシェミーティング2018:ポルシェ911(993)編

他のモデルに比べて、比較的大人しめ(?)な個体が多かった感のある993。生産終了から20年以上経過した現在でも、空冷エンジンを搭載した最後の911の人気は根強いものがあります。それだけに、長年高値安定の相場を維持していることが功を奏しているのか、大切に乗られた個体が多かったのも印象的でした。今年はGT2やタルガなど、レアな個体がエントリーしており、外国人のギャラリーが熱心にチェックしていました。

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲”mid night”のステッカーが貼られた2台の993

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲純正エアロを装着したオリジナル度が高いこちらの993

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲STROSEK DESIGN製のホイールでしょうか?オーナーさんのセンスを感じさせてくれる1台

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲珍しい993タルガ。しかも、内外装の色の組み合わせが素敵な1台です

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲これも貴重な1台。993GT2。ブルーのボディカラーが映えます

エキサイティングポルシェミーティング2018:ポルシェ911(996)編

各モデルがエントリーするなか、今回もっとも熱量があった感のある996。モディファイされているクルマは、もはやベース車輌が分からないほど別モノへと変貌を遂げている個体もありました。911のなかでは比較的リーズナブルな相場を形成しているからなのか、若い世代のオーナーさんを見掛けたことも印象的。来年はさらにバラエティに富んだ996がエントリーするのでしょうか。いまから楽しみです。

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲強烈な存在感を放っていた、フラットノーズを思わせるフォルムの3台。車高の低さにギャラリーの人たちも驚いていました

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲もはや別モノの996(左)と、フルオリジナルと思しき996ターボ(右)。左の個体には歌舞伎風のペイント(ラッピング?)が

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲リアウイングを交換した996GT3。よりレーシーな雰囲気になっていたのが印象的

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲貴重な存在である996GT2。最近、見掛ける機会が減ってきました。海外へと流出してしまったのでしょうか…

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲内外装の色の組み合わせが素敵な996カブリオレ。大切にしたい1台ですね

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲ピンクのラッピング(?)が鮮烈な996。ホイールやミラーはブラックアウトされ、オーナーさんのセンスを感じさせます

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲何とこちらはGEMBALLAのコンプリートモデル。こういったレアな個体が間近で観られるのもこのイベントの魅力

エキサイティングポルシェミーティング2018:ポルシェ911(997)編

997も、例年以上にモディファイされた個体が多かった印象。GT3やGT3RS、ターボSなどのスペシャルなモデルが多数エントリーしていたのもこのモデルの特徴かもしれません。最初の911として996や997を選ぶオーナーさんが増えつつあるようですし、これから日本独自の進化を遂げ、さらに海外のポルシェフリークから注目されるようなハイセンスな1台が生まれる可能性を秘めているモデルかもしれません。

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲空冷時代の911を連想させるホイールと、ホワイトのデカールにオーナーさんのセンスとこだわりを感じます

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲レーシーな雰囲気が注目の的だったGT3

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲ターボSカブリオレというレアなモデルも参加。さりげない差し色のレッドが素敵です

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲GT3(左)とGT3RS(右)。並んでいるだけで画になる2台です

エキサイティングポルシェミーティング2018:ポルシェ911(991)編

間もなく次期モデルと噂されている992型(仮)にバトンタッチする991。今年のエントリー台数は少なめでした。前年同様、オリジナルプラスαのモディファイが施された個体が多かったようです。後期モデルからは全車ターボエンジンとなり、早くもNAエンジンを搭載した前期モデルのカレラ系の中古車は人気がある模様。空冷エンジン時代の993のような存在となっていくのでしょうか。

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲ホイールまでボディと同色にブラックアウトされた991。グッと精悍さが増します

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲こちらは珍しいタルガ。こうして眺めてみると、ルーフラインも911そのものであることがわかります

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲ホイールが交換され、車高も落とされているのでしょうか。グッとレーシーな雰囲気をまとったGT3

エキサイティングポルシェミーティング2018:ポルシェ914/924/944/968編

914、924、944、968の各モデルもエントリー。911系だけでなく、エキサイティングポルシェミーティングにはこれらのモデルの存在が欠かせません。何より、914のエントリーに心躍った人もいたはず。しかし、今年も928系の参加車輌が1台もなかったのが残念でなりません。とはいえ、街中で見掛けることもありますし、928オーナーさん、来年こそはエントリーをお待ちしております!

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲鮮やかなブルーのボディカラーがまぶしい914

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲毎年、このイベントに元気な姿を見せてくれる924。来年もぜひ!

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲マリタイムブルーという名のボディカラーをまとった944

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲こちらはカップホイールを履いた944

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲Kremerコンプリートという、極めてレアな944

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲唯一参加の968CS。本当に見掛けなくなっただけに、大切に残していきたい1台ですね

エキサイティングポルシェミーティング2018:ポルシェボクスター&ケイマン編

若い世代のオーナーさんが多かった印象のボクスター&ケイマン。かつての914や924、944のように、ボクスター&ケイマンでポルシェオーナーデビューを果たし、やがて911へとステップアップしていくのでしょうか?それとも、ボクスター&ケイマンならではの世界観を追求していくのでしょうか。911よりも自由な解釈でモディファイが楽しめそうなボクスター&ケイマンだけに、来年以降はさらにバラエティに富んだエントリーを期待したいところです。

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲少しずつ見掛ける機会が減りつつある986型ボクスター

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲こちらは最新モデル、718型ボクスターGTS。こうして眺めてみると、この20年でずいぶん雰囲気が変わりました

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲ファーストロットは争奪戦になったというケイマンGT4

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲ホイールのチョイスだけでこれだけ雰囲気が変わることを教えてくれた718ケイマン

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲リベット留めのフェンダーにより、まったく雰囲気が変わったケイマン。外国人の方にも人気でした

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲こちらも純レーシングカーのようなケイマン

エキサイティングポルシェミーティング2018:RUF編

日本はもちろん、世界でもRUFコンプリートカーがここまで一堂に会する場は少ないでしょう。エキサイティングポルシェミーティングは、RUFコンプリートカーを間近で観られる貴重な機会でもあるのです。なかには、目の前でRUFコンプリートカーを観るために、遠方から駆けつけるマニアもいるとか。オーナーさんがクルマの近くにいれば、RUFに関する生の声を聞くこともできるかもしれません。

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲伝説のマシンであるイエローバードの雰囲気そのままのRUF CTR

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲CL CARSのオーナーインタビューでもご紹介した岩瀬ご夫妻のCTR(https://crediblecar.life/owner/iwase-ruf-ctr/)

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲RUF仕様だという930。34ナンバーのままであるこの個体。現役当時のまま、現代にタイムスリップしたかのようです

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲カレラボディのRUF BR2

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲こちらはターボボディのRUF BR2。知らない人が見たら、ホイールを交換した964ターボと見間違えてしまうそうです

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲こちらもCL CARSのオーナーインタビューでご紹介したペッキー氏のRGT(https://crediblecar.life/owner/porsche-ruf-strosek911/)

エキサイティングポルシェミーティング2018:会場内の様子

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲これだけ993が並ぶと壮観のひとことに尽きます

年々、外国人のギャラリーが増えつつあることを実感することとなった今年のエキサイティングポルシェミーティング。ここ数年で海外に流出してしまった個体もあるようですが、まだまだ日本にはレアなポルシェがたくさんあります。ポルシェがたどってきた歴史、各モデルの系譜が間近で観られることも、エキサイティングポルシェミーティングの魅力のひとつです。

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲唯一参加していた356。この時代のポルシェは顔つきも優しげですね

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲RECARO + MATTER製ロールケージ。往年のポルシェ乗りにはマストアイテムですね

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲会場内ではライブも開催されていました

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲前からだけでなく、後ろから眺めてみたくなるのがポルシェの魅力のひとつ

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲リアクオーターにもオーナーさんのこだわりが・・・

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲356から991まで、歴代のポルシェを並べたコーナーも。ボディカラーもホワイトで統一され、主催者のこだわりが感じられます

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲RUF CTRが2台並び、しかも間近でエンジンルームが観られるとあって注目度は抜群でした

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲外国人の姿も多く見られました

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲どのようなグリルバッジを装着しているかをチェックするのも、このイベントのマニアックな見どころ

エキサイティングポルシェミーティング EPM EXCITING PORSCHE MEETING 横浜赤レンガ倉庫

▲来年は新元号最初のエキサイティングポルシェミーティングです。また、来年…

横浜赤レンガ倉庫には、多くの観光客が訪れます。そこへ150台近いポルシェが早朝に会場入りし、観光客の目を楽しませ、夕暮れ時に一斉に帰宅していく姿は圧巻でした。

来年は新元号最初の年に開かれるエキサイティングポルシェミーティングとなります。新型の911も間もなく発表されます。最近、イベントや有志で集まっているオフ会などでエンジンの空ぶかしを行い、せっかくの集まりが台無しになるだけでなく、終了に追い込まれるケースもあるようです。このイベントが今後も継続して開催されるために、参加者がマナーを守り、気持ちの良いイベントにしていきたいものです。

来年の開催がいまからとても楽しみです。

[ライター・撮影/江上透]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
松村 透

輸入車の取扱説明書の制作を経て、2006年にベストモータリング/ホットバージョン公式サイトのリニューアルを担当し、Webメディアの面白さに目覚める。その後、大手飲食店ポータルサイトでコンテンツ企画を経験し、2013年にフリーランスとして独立。現在はトヨタ GAZOO愛車紹介の監修・取材・記事制作や、ベストカー誌の取材等で年間100人を超えるオーナーインタビューを行う。カレントライフは2015年より参画。副編集長を経て、2019年、編集長に就任。現在の愛車は、1970年式ポルシェ911Sと2016年式フォルクスワーゲン ゴルフ トゥーラン。9月11日生まれの妻と、平成最後の年に産まれた息子、動物病院から譲り受けた保護猫と平和に(?)暮らす日々。

記事一覧

関連記事