総エントリー数323台!富士山麓に集う魅惑のポルシェたち『クラポルパ2019』

  1. イベント
  2. 826 view

清々しい秋晴れに恵まれた去る11月10日(日)、富士スピードウェイのイベント会場にて、『クラシックポルシェパーティ2019』(通称クラポルパ)が開催されました。

美しい富士山を背景に、延べ300台以上ものポルシェ!ポルシェ!!ポルシェ!!!

往年の356から最新の992まで、長きにわたり愛される唯一無二の世界観を堪能してまいりました。

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲なんて贅沢な景色!山麓なので寒いかな?と思い上着を持って出発しましたが杞憂でした。だって会場はポルシェ熱であふれかえっていたのですから

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲富士スピードウェイというだけで、もうゲート入場の時点から興奮度が急上昇

それではさっそく、モデル毎にご紹介してまいります!

ポルシェと言えば! 911(911・912/ナロー)編

『ナロー』の愛称で親しまれ、このモデルこそに強いこだわりをお持ちのオーナーさんも多い初代911。現在まで引き継がれる911スピリットの原点となる特別な世界観は、オーナーさんだけでなくギャラリーをも魅了します。

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲まっさらなオリジナルの外装と赤い塗装が美しいこちらの個体は、オーナーさんと同い年の54歳

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲1968年式でなんと出征証明書まであるという、国内に17台しかない希少なディーラー車なのだそう!

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲911の外装はそのままに、水平対向4気筒を採用した912。国内流通数も少ないため、なかなかレアな存在です

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲911Sタルガ。エンジン・ミッションともにナンバーマッチングしており、硬派な個体と思いきや、シートがボディカラーとコーディネートされており、ボヘミアンテイストすら感じられるオシャレな逸品

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲ナナサンカレラこと1973年式RS。以前はサーキット仕様になっていた内装を、現在のオーナーさん自ら当時品を探し出しては付け替えを楽しまれているのだとか!

※カレントライフのオーナーインタビューでもご紹介している個体です

永遠のスーパーカー少年「ナナサンカレラ」オーナー、神谷 元一さんへインタビュー

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲こちらも同じくナナサンカレラ。所有歴は25年で、コツコツとオリジナルに戻しているのだそう

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲白いボディに真っ赤なアクセントカラーが晴天の中でひときわ映える、911Tをベースとした73RS仕様。モービルのお馬さんやホイヤーロゴもいい味出しています!

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲フォグランプがついた姿もいいですね!ステッカーやバッジ類も所属クラブ名を冠するもので見ごたえがあります

個性豊かな個体多数! 911(930)編

バンパーが大型化したルックスが特徴的な930。ビックバンパーなどと呼ばれています。70年代はアメリカ市場を視野に入れるべく、ポルシェに限らずこのような安全基準の見直しが盛んだった時期ですね。ターボモデルが誕生したことも相まったのか、スパルタンな個体が多かった印象です。

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲1977年式911S。購入後早々にサーマルリアクター問題を解消しているそう。そして特筆すべきは北米仕様として設計されたヘッドライト形状…。ポルシェ通の間では驚愕な呼び方をされているようですが、筆者の口からはちょっと申せません(お察しください)。ヘッドライトウォッシャーが付いていますね…と話をそらしてみます(笑)。いずれにしても、貴重な個体であることは確かです

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲こちらも元はビッグバンパーだった個体をナロールック(しかもワイドフェンダー)に変更、さらに3.6リッターに換装してしまった脅威の個体!どんな走りを見せるのでしょう…

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲オリーブ色のボディにベージュのホイールが、なんともレトロチックで素敵な1台。可愛い手押しグルマと演出されているところにも、オーナーさんのサービス精神が感じられますね

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲オーナーさんと同じ生まれ年の1980年式SC。コーニックブラウンという純正色で、極力オリジナルコンディションを保ちながらポルシェライフを満喫されているそうです

クラポルパ2019 クラシック

▲出店者ブースに展示してあったSC-RS。1989年ターボベースのレプリカとのこと。編集長が激しく反応しておりました。オリジナルのSC-RSは果たして何台日本に残っているのでしょうか…(編集長談)

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲こちらはなんとフルFRPボディを纏っている930。内装もスパルコのシートにロールケージと、今すぐにでもFSWを走れてしまいそうな1台!

※カレントライフのオーナーインタビューでもご紹介している個体です

オトコの夢とロマンを現実に!「ポルシェ911カレラ」オーナー、勝田 雅彦さんにインタビュー

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲カレラRSR3.0に変身を遂げた完璧なレーシングカー!これだけのポルシェが集結した場所でも存在感を放っていました。まさに目が覚めるような、異色の存在

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲フラットノーズ用のフロントバンパーやサイドエアロの取り入れ方が、スポーティでありながらも非常に上品です。RUFのホイールが組まれていますね

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲そしてやっぱりスピードスターは美しく、その響きもひときわスペシャル!

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲クラブスポーツという名にふさわしく、1,175kgの軽量ボディにレブリミット6,700rpm。外装もとても綺麗な状態を保たれていました

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲1989年に少量のみ生産された大変貴重なターボS。通常のターボモデルよりもさまざまな部分が強化された存在で、知る人ぞ知る左右4本出しのマフラーは必見!

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲ナロー調にモディファイされたカレラ3.2。黄色いヘッドライトにゴールドホイール、ちょっと変わったエンジンフードがとっても目立っておりました

参加台数ダントツ! 911(964)編

販売期間こそ短かったものの、ちょうど日本がバブル時代だった影響か、今でもたびたび見かける964。装備面がグッと現代的になりつつも、空冷の味をも楽しめる…それに加えて従来モデルを踏襲した911らしい前向きな丸目。おいしさいっぱいで人気が高いのも頷けます。RUFコンバージョンの参加があったのも見どころです!

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲漫画『彼女のカレラ』でおなじみ、ルビーストーンレッドのカレラRS。新車で購入後、サーキット向けにマター製ロールバーを装着している以外はほぼオリジナルの状態で、オーナーさんいわく“人生の相棒”!

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲特別展示枠として登場していた、カレラ4をベースとする日本で唯一のシンガーポルシェ!4リッターエンジンにゲトラグ製6速ミッションを積んだその外装は、気品漂うモーブ色

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲同じく特別展示車両のRSR3.8。レース仕様でシートは1座、フロアむき出し、自然吸気で350ps以上を叩き出すハイスペックマシン!

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲スペシャルシャーシ仕様という点が非常に気になるカレラ2。1993年に納車されたワンオーナーカーです

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲ボディとホイールのマリタイムブルーがさわやかな、RUFコンバージョンの964RCT

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲こちらもRUFコンバージョン。オーナーさんのご厚意で内装も見せていただいたところ、ステアリングやペダル類もコツコツとRUF製を集めたそうです。ASM YOKOHAMAモデルのレカロシート・RUBYの赤ステッチも車体と合いますね

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲限定車であるターボS。385psを誇る希少車で、クレーマーレーシングジャパンにてメンテしている個体だそう。アップの写真、まばゆいばかりに輝くキラキラフレーク塗装がおわかりいただけるでしょうか?

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲RSにさらにNGT(グループNのGTクラスの意)が付いた964。車内を見ると実にスパルタン。ステアリング頭頂部に黄色いマーキングが付いているのもレーシーです

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲カーボン製のフロントリップスポイラーがカッコいい1992年式ターボ

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲ちょうど同系色をワンショットに収めることができました。豊富なカラーバリエーションもポルシェの魅力のひとつですね

空冷最後の砦?!911(993)編

依然として空冷人気の高い911。その一番最後のモデルである993は、ポルシェマニアの中でも特別な思い入れがあることでしょう。世代としては“クラシック”と呼ぶにはあともう一息な感じもしますが、当時すでに水冷が当たり前だった背景からすれば、じゅうぶんにクラシカルと捉えることができそうです。

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲特別展示枠に飾られていたテクニカルメイトワンオフ仕様の993。詳細を掴むことは叶いませんでしたが、見た限りでもかなりエアロダイナミクスに力を入れていることがわかります

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲美しいアヴェンチュリーグリーンメタリックの個体は、お父様から引き継がれ、親子2世代で楽しまれているそう。フロントバンパーとリアフェンダーに散らばる“走りの勲章”が力強さを物語っているようです。ポルシェミュージアムで購入されたと思しき同型のミニカーも愛らしい演出

愛され続ける元祖ポルシェ! 356編

最後の空冷モデルまでをご覧いただいたところで、いったん911から離れ時代をさかのぼってみましょう。キュートな356は同じモディファイが2つとなく、オーナーさんの持ち味が生かされていている印象を受けました。

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲ポップなデカール使いで360°どこから見ても楽しい356C

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲ジェントルなグリーンが映えるこちら、オーナーさんと同い年の1953年式ですが、長らくアメリカにあったのち、日本にやってきたのだそう

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲ベルトの雰囲気がボディカラーとマッチしている356A。リアグリルのバッジの数がスゴイです!

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲アウトロー仕様とされたスピードスター、こんなオシャレなオープンカーでドライブしたらさぞ気持ちよさそう!

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲356カレラGTスタイルに仕上げられた356A。去年めでたく迎えたポルシェ70周年のステッカーが

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲ミッレミリアに参加されていると思しきスピードスター。ということは、内外ともにほぼオリジナルを保たれている証でもありますね

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲真っ赤でキュートな356C。積載しているトランクが“グローブトロッター”製なところが何とも粋!

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲特別展示車両にも356の姿がありました。かつてフランス人ドライバーがワンオフで作成したモデルをザガートが9台限定でレプリカ製作。日本にあるのはこの個体のみなのだとか。550スパイダーを彷彿とさせるレーシーでスマートな珠玉の逸品

まだまだありますレアクラシック! 914・928・944・968編

911以外のモデルを一同見ることができるのも、こういったイベントならではの醍醐味!ポルシェ=RRのイメージが強いのですが、通称“ワーゲンポルシェ”の914や、水冷FRなど、数々誕生した多彩なクラシック~ネオクラにも注目です。

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲こんなにたくさんの914が勢ぞろい!!!

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲911Tと同じ6気筒エンジンを搭載した914-6は、特別展示コーナーにてお披露目。オプション設定とされていた大きなフェンダーが特徴的

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲希少な928がここまで並ぶ光景は滅多にお目にかかれないでしょう!重量配分を50:50に近付けた、まさにFRスポーツとして理想的なレイアウトになっています

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲944S2。オーナーさんのコメントにも「絶滅危惧種」と書かれていましたが、確かにそうかも…。希少なおクルマ、ぜひとも末永く可愛がってあげてくださいね!

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲1991年式で最終型の944S2。リアパーセルには数々のポルシェメダルや、ハゼットのフェンダーカバーが!ポルシェ工具と言えばハゼットなので、このような演出はついニヤニヤしてしまいます(工具好きなもので)

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲最後のFRポルシェとされる968。ワンオーナーで、オーナーさん自ら「日本で一番長く968に乗っています」とアピール。この方以上に968に精通した者はいないでしょう!

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲これまたレアなカブリオレモデルの968。フロントに装着されているカバーは飛び石対策でしょうか。このマスク姿でひときわ目立っておりました

進化は現在進行形! 911(996/997/991/992)・ボクスター・カレラGT編

再び911に戻り、今度は水冷となった新たな時代の幕開けを感じてみたいと思います。『クラシックポルシェパーティ』というだけあって、近年モデルの参加は少なくはあるのですが、GT2RSやボクスターの希少モデル、伝説のじゃじゃ馬カレラGTなど、驚かされる存在との出逢いが数多くありましたのでまとめてご紹介。

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲赤い内装に合わせて赤いレカロのシートを入れている996カレラ4S。サーキット走行向けにモディファイしつつも、外装はノーマルの良さを生かしているようです

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲ザンジバルレッドというガン〇ムっぽい名前のボディが美しい996GT3

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲GT3RSと言えばこのツートンなイメージが強い997。さすがスパルタンなルックスです

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲こちらは991型のGT3RS。997と酷似したルックスでありながら、ウィンカーなどの細部にはよりエッジが効いて、より今っぽい風合いに

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲イベントスポンサーの区画に展示されていた991GT2RS!一言「は、激しい…」

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲今年リリースされた世界限定1948台の911スピードスター。この生産台数は1948年に生産された356スピードスターへのオマージュであるがため。おそらくこれが991型の最終モデルとなるのでしょうか?

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲そして場内歴代911の中で最新鋭なのはこちら!992カレラ4Sカブリオレ。長い歴史なだけあって、その起源と最新型を一度に見られるというのは非常に感慨深いものがありますね…

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲ボクスター部門では987から、日本に37台しか上陸していない希少なRS60スパイダーが、なんと2台仲良く並んでお目見えです!(右の個体の助手席には、ドライブ好きなわんちゃんが噛んだあとがあるそうで、そんな可愛らしいエピソードもオーナーさんの歴史の1ページになっているのだとか)

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲プロドライバーをも悩ませるとウワサのカレラGT…!!後付けのタルガのエンブレムに“あえて”感たっぷりなこだわりが感じられます

まとめ~素晴らしきポルシェワールド~

数多くの車両の中から50台あまりをご紹介してまいりましたが、オリジナルを保った個体・モディファイされた個体、どちらもオーナーさんならではの意気込みが感じられました。愛されているクルマって、1つとして同じモノはないのですね!

そしてまた、これほどの台数をすべて見て回っていると、ドイツ車・ポルシェのモノづくりの真摯さがビリビリと伝わってくるものです。

素晴らしい天候とロケーションで、こんなにもたくさんのポルシェたちにお目にかかることができた『クラシックポルシェパーティ2019』、実にディープでハッピーな1日となりました!

EV化が進む世の中ではありますが、古いモノを大切に乗り継いでいくハートにも、ぜひ温情をかけてくれたらなと願ってやみません。『クラシクポルシェ』編集部のみなさま、来年の開催も楽しみにいたしております!

(あっ、そういえば924のお姿を見かけませんでしたので、オーナーさまいらっしゃいましたら来年はぜひ。叶うならば959も…)

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲場内はマーブルチョコみたいでとってもにぎやか

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲同系色が並ぶと綺麗なグラデーションのできあがり

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲人気コンテスト受賞車両に添えられたお花とカード

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲物販コーナーもオシャレ

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲海外メディアも取材に来ていたようです

クラポルパ2019 クラシックポルシェ祭り ClassicPORSCHE

▲半濁点がヘッドライトになっているイベントロゴにご注目!

[ライター・カメラ/細谷 明日葉]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
細谷明日葉

誰からの洗礼も受けず、ただ何となくクルマ好きになっていただけの平々凡々な一人っ子。愛車はダイハツコペンとロータスエリーゼ。夜戦と称してはクルマで夜間徘徊をしてみたり、天体観測をしてみたり、一見夜行性と思われがちですが工具集めや園芸・フラワーアレンジメントも嗜み、ちゃんと陽の光も浴びています。多分生涯コペンとエリーゼを愛し続けるけれど、最近どうもラテン車が気になって気になって、バックミラーにアルファロメオのグリルが映ると無性にムラムラ。メガーヌRSも気になるし、けどシロッコRも捨てがたい、遠征時はV90も良さそうだなと思ったり…つまるところは節操なし。グッズや印刷物のデザイン等を手掛け、愛車たちを養うべく奮闘しているデジタルネイティブ世代。

記事一覧

関連記事