気軽にモータースポーツを。「第1回サーキットランミーティング」イベントレポート

  1. イベント
  2. 406 view

去る2018年6月19日(火)、お誘いいただいて岡山国際サーキットで開催された「第1回サーキットランミーティング」へお邪魔しました。

第1回サーキットランミーティング

こちらの走行会は「初心者・中級者をメインに、モータースポーツを気軽に楽しむ」という趣旨があります。早朝のピットには年式幅広い車種が並び、和気あいあいとした雰囲気で走行前のブリーフィングも進みました。

こちらの走行会を開催するにあたり、込められている意図を主催の株式会社ビスボークテクノロジー代表取締役・上田昭博さんに伺いました。

「モータースポーツに親しむ機会を増やしたいという想いのもと、開催いたしました。日本でのモータースポーツにおける地位はまだ低く、暴走族と間違われたり、興味のない方々からは敬遠されがちなイメージがあります。それを払拭すべく約5年前から取り組んでいた走行会の“リニューアル版”として、今回第1回としました。より初心者・中級者が参加しやすいイベントとして取り組んでいきたいと思っています」

「この走行会の特徴は、初心者と中級者のかたが半数以上参加していることです。気軽にサーキット走行を体験していただき、参加しやすいイベントをめざしています。次回は10月 25日(木)に岡山国際サーキット、12月11日(火)に鈴鹿サーキットで開催予定です」

▲大勢の参加者とマシンで賑わうピット

▲ロータス・エキシージ(1117)も疾走

▲国内外の現行車はもちろん、今は「ネオ・クラシック」と呼ばれるようになったトヨタ・カローラレビン(AE86)など80〜90年代のクルマたちの姿も多く見られました

▲ランチタイムは、TV番組でも紹介された「サーキットレストラン」のビュッフェで

参加オーナーへインタビュー

今回の走行会に参加していたマシンのオーナーに、感想を尋ねてみました。サーキット走行初心者、久しぶりの走行というかた、クルマのエキスパートまで、幅広いオーナーが参加していました。

CL CARS読者のみなさまも、気持ちよく走ってみませんか?

■2010年式 マツダ・RXー8(SE3P)オーナー山本さん

▲山本さん(手前)とブラストレーシングのみなさん

地元・総社市から参加の山本さん。行きつけのショップ、ブラストレーシングさんに誘われて参加されたそうです。

「岡山国際サーキットは2回目で、初心者です。テーマは『とにかく安全に走る』ですね。汗かいて緊張しました(笑)。うまい人は抜いて行ってくれるので、初心者でも安心して楽しめます」

と山本さん。愛車のRX-8について伺いました。

「よく回るロータリーエンジンが大好きです。ドライブ、サーキットなどさまざまなところへ一緒に走りたい。末永く乗れたらいいですね」

▲ブレーキパッドの強化以外、オリジナルを保っているそうです

■1993年式 日産・180SX(RPS13)オーナー山沢さん

▲山沢さんの180SX。部品の交換は、中古品で対応しているとのこと

鳥取県からの参加という山沢さん。走行会は岡山国際サーキットのホームページから申し込んだそうです。

「久しぶりに走りたくなって情報を探していると、こちらのお知らせを見つけました。今日は楽しみながら安全に走行したいと思います。走行会自体、明るい感じでスタッフも親切で、雰囲気がよいですよね」

と山沢さん。愛車の180SXについて伺いました。

「リトラクタブルライトが気に入っています。最近のクルマでこの形状は見かけないですよね。古いクルマなので大切に乗っていきたいです」

▲大切に乗られているのが伝わってくる個体でした

■1991年式 ホンダ・NSX(NA1)オーナー菅田政宏さん

▲「90年代のF1のホンダエンジンが大好きなんです」と菅田さん

地元津山市でカーショップを営む菅田さんは、元D1ドライバー。モータースポーツのエキスパートです。主催者の上田さんとは取引先の関係でもあります。本日はサーキット仕様のNSXで参加でした。

「初心者のかたが入りやすく、間口の広い走行会だと思います。今日は晴れと雨、どちらも走れて良かったです。雨の日に走るとスキルが上がります」

と菅田さん。愛車のNSXについて伺いました。

▲菅田さん(左)と中村和雅さん(右)

「奥が深いクルマですね。これまでターボ車にはたくさん乗ってきたので、パワーでねじふせてごまかさず、純粋にコーナリングスピードを保って乗りこなすためにNSXを選びました。ドライビングテクニックを磨いていきたいです」

▲菅田さんのD1時代のマシンのエンジンを受け継いだという、中村さんの日産・シルビア(S14)

雨模様からすっかり本降りとなった岡山国際サーキットでしたが、大きなクラッシュもなく走行会は無事終了。こちらの走行会へお邪魔してまず感じたのは、雰囲気の良さとアットホームさでした。「走行会=クルマ上級者のイベント」という先入観のある人は多いかもしれませんが「走ってみたい」と少しでも考えていればぜひ、こちらの走行会で「サーキットを走る楽しさ、喜び」を味わってみてはいかがでしょうか。

▲午後から本降りに。マシンからは水飛沫があがりはじめます

▲閉会式ではジャンケン大会も。レアグッズ争奪戦となりました

次回のイベント日程はこちらです。

・岡山国際サーキット
10月25日(木)30分×3本 フリー走行
20,000円(税込)

・鈴鹿サーキット 国際レーシングフルコース
12月11日(火)120分 フリー走行
38,000円(税込)

お問合せ:https://auto-parts-manufacturer-125.business.site/

[ライター・撮影/野鶴美和 取材協力/株式会社 ビスボークテクノロジー 岡山国際サーキット]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
野鶴 美和野鶴 美和

ゴルフ雑誌の編集を経て、2014年よりフリーランスに。旅行関連、スポーツ関連のライティングを中心に活動。撮影やDTPもこなす。クルマ好きがきっかけとなり、県道や広域農道を紹介したドライブ本の編集にも関わる。愛車は S2000(AP1初期型)。生粋のホンダ党と思われがちだが、基本的には“人に愛されているクルマ”が好き。

記事一覧

関連記事

Volkswagen Day 2016イベントレポート。マニアも家族も楽しめる、笑顔になる

Volkswagen Day 2016イベントレポート。マニ…

気づけば、5台のゴルフを乗り継いでいる筆者ですが、「よく飽きないね」と友人・知人にいわれることもしばしばです。もちろん、購入するときは他のメーカーのモデルとも比較します。…

  • 51 view