全開走行でしか見ることのできない「愛車の顔」を知ろう 「第2回サーキットランミーティング」イベントレポート

  1. イベント
  2. 522 view

去る10月25日(木)、岡山国際サーキットで開催された「サーキットランミーティング」へ、第1回に引き続きお邪魔しました。

こちらの走行会は「初心者・中級者をメインに、モータースポーツを気軽に楽しむ」という趣旨で、年に2度開催されています。

会場の岡山国際サーキットには、初心者から走りのエキスパートまで幅広いオーナーが集結、クルマの年式も現行モデルからネオ・クラシックまでさまざまでした。

モータースポーツに親しむ機会を増やしたい

この走行会は、株式会社ビスボークテクノロジー代表取締役・上田昭博さんを中心に催されています。以前より催されていた走行会のリニューアル版として「モータースポーツに親しむ機会を増やしたい」という願いのもと、スタートしたそうです。

▲左から主催の上田昭博さんと、参加オーナーの中島泰秀さん、菅田政宏さん

この日のタイムスケジュール

ブリーフィング9:35〜10:10

▲丁寧なレクチャーで、ビギナーも安心

1本目走行10:40〜11:10

▲3本すべてタイム計測あり。レース形式ではないので、自分の目標を設定して走ることができます

2本目走行12:40〜13:10

▲2本目は昼食後。クラブハウスのレストランでしっかり腹ごしらえ(写真はイメージ)

3本目走行14:40〜15:10

▲ベストタイムをめざして!

閉会式15:40〜

▲お楽しみ企画のじゃんけん大会で締めくくります。アットホームな雰囲気が◎

参加オーナーインタビュー

この日参加していたオーナーのみなさんに、愛車紹介をしていただきました。

スバル・インプレッサS204
2006年式
秀 幸一さん 45歳

「今日は、社長(金城自動車さん)のお誘いで来ました。楽しく、涼しく、快適に走行会を満喫しています」

と秀さん。今までにRX-7を7台、S204を2台乗り継ぐ生粋の「走り好き」です。

愛車のS204は、600台限定のコンプリートカー。オーナー繋がりの縁でめぐり会ったそうです。モディファイはサーキット走行を想定し、熱対策や足回り強化などをしっかりと。ボンネット、トランク、GTウイングはVARISをチョイス。

とくに気に入っている点として「金城自動車オリジナルラジエーター」を挙げてくださいました。「気兼ねなく長時間走行できる」と満足しているそうです。

秀さんの主治医である金城自動車さんは、レース経験も豊富。メンテナンスからセッティングまで信頼しておまかせしているそうです。

マツダ・ロードスター(ND)
2016年式
桐原 悠さん 28歳

「金城自動車さんのお誘いで参加しました。ロードスターの性能を限界まで引き出して、走りを極めたいです」

と桐原さん。これまでにスズキ・スイフト、ホンダ・インテグラタイプR(DC5)、ポルシェ・ケイマンを乗り継いできました。ライトウエイトなクルマを好むそうで、現行ロードスターが発売されるときは「これだ!」と思い、新車で手に入れたそうです。

「とくに気に入っている点は、コーナリングスピードの高さですね。パーツの恩恵もありますが、今までに乗ってきたクルマとは全然違います」

と、ロードスターに惚れ込んでいる様子です。

モディファイは、サーキット走行のための足回りが中心。タイヤはDIREZZA ZⅢを履かせ、ホイールはRAYSのTE37 sonicを。車高調はCUSCOを装着。

「ポイントを押さえつつ、極力オリジナルの外観を保っていきたいです」

と桐原さん。

スバル・インプレッサ(GDB)
2002年式
にっしゃん さん 43歳

インプレッサを4台乗り継いでいるにっしゃんさん。偶然にも4台すべて「丸目」のインプレッサだそうです。初代愛車のマツダ・ファミリア以降18年間は、インプレッサとの付き合い。4台も乗り続けている心境を、にっしゃんさんはこう話します。

「変化がないのが変化、みたいな感覚なんです」

こだわりのモディファイを伺います。ホイールはWedsSport、足回りはBLITZ。エアクリーナーはHKS。マフラーは5ZIGENをチョイス。ほか。ブレーキまわりやコンピュータに手を入れているそうです。

「気に入らないところだらけ(笑)今後は、もっと手を入れたり、機会があれば違う型式のインプレッサに乗ってみたいですね。これからも壊さず、楽しく乗れたらいいなと思います」

自然体な愛車との関係が見えてくるようでした。

ホンダ・NSX
1992年式
中島 泰秀さん 47歳

中島さんは、MR2(SW)のワンメイクレースの全国大会でチャンピオンになった戦歴を持つ、走りのエキスパートでもあります。これまでにトヨタ・MR2(SW)、日産・シルビア、マツダ・RX-7などを乗り継いできました。NSXは、知人から譲り受けたそうです。

「NSXに乗ってから、注目されることが多くなりました。メーカーの意気込みを感じるクルマですし、スーパーカー的な存在なのですね。私にとっては、速くなっていくのがわかるたびに楽しさが増していくクルマです。大切にメンテナンスをしながら乗っていきたいです」

と中島さん。こだわりのモディファイは、オリジナルのエアロとマフラー。中島さんがデザイン案を出し、職人の手で形にした、世界にひとつだけの逸品です。マフラーもワンオフで、高音の美しさが特徴。サーキットで映え、思わず振り返らせるほど自信のあるサウンドだそうです。

トヨタ・86
2012年式
揚田 修さん 67歳

2016年からほぼ毎回こちらの走行会へ参加している揚田さん、これまでにスズキ・フロンテ、トヨタ・スプリンター、トヨタ・セリカ、トヨタ・マークⅡを乗り継いできました。

「マークⅡのターボに13年間乗っていて、他に欲しいクルマもないと思っていましたが、定年の時期にちょうど86と出会いました。コレだ!と思ったんです」

と、出会いを振り返る揚田さん。86で気に入っている点は、安定性が良いこと。モディファイはデフを入れていること、ギア比を変更しているほか、車高調はHKS製をチョイス。こだわっている点は、ステッカーを貼らずシンプルな外観を保つことだそうです。

「何年乗れるかわからないけれど、乗りつぶす気持ちです。走行会も楽しみたい」

と、充実したカーライフへの意気込みを語ってくださいました。

第2回を終えて

第2回を終えての感想と、次回への課題を、主催の株式会社ビスボークテクノロジー代表取締役・上田昭博さんに伺いました。

「とにかく、たくさんの方に集まっていただいて何よりです。普段、なかなか体験出来ない環境のなかで、存分に愛車に携わっていただける機会になれば幸いです。イベント自体の課題はまだまだありますが、もっともっとサーキット初走行の、”スーパービギナー”なお客様に参加しやすい企画を今後実行出来ればと考えております」

「走行会」といえば敷居の高さや、上級者ばかりで気がひけてしまうイメージがあるかもしれません。例えば、誰でも参加しやすいサーキットミーティングのような走行会に参加して、スポーツ走行に取り組み、全開走行でしか見ることのできない「愛車の顔」を楽しむのもいいかもしれません。

「遅いから」と気負うことはありません。今までサーキット未経験のCLCARS読者のみなさん、ひさしぶりに走りたいと思っている読者のみなさん、サーキットミーティングで、思いきり愛車を走らせ、楽しく1日を過ごしてみませんか?

次回の走行会は、岡山国際サーキットで9月か10月頃、鈴鹿サーキットで12月の1週目か2週目を予定しているとのこと。詳細は、ホームページでご確認ください。

●問合せ:https://auto-parts-manufacturer-125.business.site/

【取材協力/株式会社 ビスボークテクノロジー 岡山国際サーキット】

[ライター・撮影/野鶴美和]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
野鶴 美和

ゴルフ雑誌の編集を経て、2014年よりフリーランスに。旅行関連、スポーツ関連のライティングを中心に活動。撮影やDTPもこなす。クルマ好きがきっかけとなり、県道や広域農道を紹介したドライブ本の編集にも関わる。愛車は S2000(AP1初期型)。生粋のホンダ党と思われがちだが、基本的には“人に愛されているクルマ”が好き。

記事一覧

関連記事