タミヤRCカーは今年で40周年!度肝を抜く最新作を走行レポ&憧れの歴代RCカー10台を紹介

  1. エンタメ
  2. 498 view

クルマを意のままにコントロールできるRCカーは、いくつになってもクルマ好きの心を捉えて離さない魅力があります。なかでも組立キットとして発売されているタミヤのRCカーは、昔から完成済みのトイRCとは別物のメカニズムと性能を備えています。
そんなタミヤのRCカーは今年で40周年。第1作目のポルシェ ターボ RSR 934 レーシングにはじまり、’80年代のバギーブーム、実車のF1ブームやツーリングカーレース人気などとリンクしながら、独自の進化を遂げてきました。

rc_01

そして40年目の節目の年に誕生したタミヤの新作RCカー「TA07 PRO シャーシキット」は、3種類のモーター搭載位置が選べる革新的なメカニズムを搭載しています。
今回は最新のRCカー技術に触れるとともに、40年間におよぶタミヤRCカーの歴史のなかから懐かしの名作たちをご紹介します。

操縦性の違いを体感せよ!

新製品の説明会が行われた会場は、静岡のタミヤサーキット。到着してすぐに「モーター搭載位置の違いによる走行特性の違いを体感してください」と言われ、いきなりサーキットでRCカーを走らせることになりました。

rc_02
▲静岡市駿河区にあるタミヤサーキットは、以前テレビ東京系列で放映されていた「タミヤRCカーグランプリ」で毎週熱いレースが繰り広げられた舞台。RCカーファンの聖地です!

用意されていたのは、今年7月に発売されたばかりのタミヤのRCカー「TA07 PRO シャーシキット」。この製品では車体の前寄り、車体後ろ寄り、そして両者の中間位置の3種類のモーター搭載位置が選べるのが特長です。そのため、今回の走行体験会では3台用意されたRCカーのそれぞれのモーター搭載位置はあえて知らせないまま走行してもらい、後でタネ明かしをするというプログラムでした。「外れてもペナルティはないので大丈夫ですよ」とタミヤの方から言われても、それが逆にプレッシャーになり不安なまま操縦台へ。まずはホワイトボディの車両を走らせることになりました。

rc_03

ホワイトボディの車両はコーナリングでの安定感が非常に高く、クセのない操縦性が印象的でした。次に操縦したシルバーボディの車両は、ホワイトの車両に比べてコーナリング時のシャープさが増し、タイトコーナーへの進入が容易でより曲がりやすく感じました。最後に操縦したブラックボディの車両は、コーナリングがさらにシャープになった印象。特にコーナーからの立ち上がり加速が3車中もっとも鋭く、同じコーナーをクリアする場合でも、ホワイトの車両ではワイドラインを通っていたのに、ブラックのほうはコンパクトに向きを変えすぐに全開加速に入れるような感じでした。
約10年ぶりにRCカーを走らせた筆者にとってはこの程度のインプレが限界。コースをはみ出さないように走らせることに必死でした。

rc_04
▲モーター搭載位置による走行特性の違いは意外と体感しやすく、操縦者によって好みが分かれました。

RCカーは実車ゆずりの技術から競技志向へ進化

走行体験の後に行われた新製品説明会では、まず、タミヤのRCツーリングカーの歴史についての説明がありました。現在のタミヤ製オンロードRCカーの主役となっているツーリングカー製品は、今から25年前の1991年に発売された「トヨタ セリカGT-FOUR RACラリー優勝車」が第1号。シャフトドライブによるフルタイム4WDのオフロードバギー「マンタレイ」のシャシーをオンロード用に仕立てた「TA01」が、記念すべき初代RCツーリングカーのシャシーでした。

rc_05
▲1991年に発売された初代RCツーリングカー「TA01」と改良モデル「TA02」のシャシー。当初はオフロードバギーをベースにしたシャシーでした。

当初は実車ライクなシャフトドライブ式の4WDでしたが、1996年に登場した「TA03」以降はベルトドライブを採用。以降、ベルトドライブ式の「TA」シリーズとシャフトドライブ式の「TB」シリーズを展開し、ツーリングカーだけでもエントリーモデルからハイエンドモデルまで多くの製品を取り揃えています。

rc_06
▲3世代目の「TA03」では、フロントオーバーハングにモーターを搭載した「TA03F」と、リアにモーターを搭載した「TA03R」の2種類がつくられ、ベルトドライブが初採用されました。

rc_07
▲タミヤのツーリングカー製品は、だいたい5年おきに世代交代していることが分かります。

成熟した市場に革新的なアイデアで勝負

今回発売された「TA07 PRO シャーシキット」は、タミヤのRCカーとしてはミドルクラスに位置する製品。基本的には大量生産可能な内容として価格を抑えながら、リアデフ、ベルトドライブ、サスペンションなどには競技で培ったハイエンドモデルの部品を積極的に採用。幅広いユーザー層が楽しめる内容となっています。

TAMIYA_01
▲7月2日に発売された、1/10電動RC 4WDレーシングカーの「TA07 PRO シャーシキット」(価格:税別28,800円)。ユニークな機構を多数取り入れたこともあり、従来のツーリングカー製品とは一線を画すフレーム構造が特徴的。

TAMIYA_02
▲走行体験会に使われたボディは、別売の「1/10RC ライキリGT スペアボディセット」(価格:税別4,000円)。ミニ四駆でおなじみのznug design・根津孝太氏が電動RCカー用にデザインしたボディです。

フレームのデザインについては、これまで20年ほどにわたって採用されてきたバスタブ形と呼ばれる箱形の樹脂性フレームに代えて、側面が大きく開いたフレームを新たに採用しています。この狙いは、ハイエンドモデルのようにピッチング方向には堅く、ロール方向にはしなやかという特性を持たせるため。実はハイエンドモデルでは、ロール方向には簡単にしなるようにして、シャシーのしなりにより路面追従性を高めているとのこと。これはレース参戦により得られたノウハウで、ダンパーでは吸収し切れない大きな路面ギャップをシャシーで吸収することにより、タイヤが路面をとらえていく感覚を逃さないようにしているのだといいます。

rc_08
▲新製品説明会に出席した株式会社タミヤ 企画開発部一課の鈴木清和氏。TA07 PROの開発で一番難しかったことは、成熟し切っている市場に高い戦闘力と新しい機能を兼ね備えた製品を投入することだったといいます。

rc_09
▲TA07 PROの開発を担当した株式会社タミヤ 企画開発部一課の青木孝憲氏。もともと趣味ではじめたRCカーレースで優勝したのが縁で、タミヤに入社したという経歴の持ち主。前述の鈴木清和氏とともにタミヤファクトリーチームのドライバーとしても活躍。レースで得られたさまざまなノウハウを製品づくりに活かしています。

もうひとつの特長はシンメトリカルデザイン。近年のモデルでは、片側にバッテリー、もう片側に受信機とモーターを搭載するなど、車体の左右で搭載するものがまったく違うつくりになっています。そんな車体に対して左右のコーナーで同じコーナリング特性を与えるのは、開発ポイントとして非常に難しいものだといいます。TA07 PROではバッテリーや受信機の配置方法を入念に検討することにより、操縦性のクセがなくなるように配置しているといいます。

TAMIYA_03
▲シャシーの剛性を上げているフレーム上部のトラス部品は着脱可能。装着すると安定感が高くなり、取り外すとロールが大きくなってコーナーの奥でクリッピングが取れるような感覚になるらしい。

タネ明かしの結果は?

そして先ほど走行体験で走らせた、モーター搭載位置が異なる3台のRCカーのタネ明かしが行われました。その結果と特徴は下記の通りです。
●ホワイトボディ:前方寄りにモーターを搭載。安定感の高いハンドリングが特長。
●シルバーボディ:前後の中間にモーターを搭載。比較的軽快にコーナリングすることができる。
●ブラックボディ:後方寄りにモーターを搭載。ピッチングによる荷重移動が多くなるため蹴り出しが一番強い。

TAMIYA_04
▲前後のタイヤを1本のベルトで駆動しているため、モーター搭載位置を変更してもベルト交換は不要。写真ではモーターが中間位置に搭載されています。

3台の操縦性の違いは、実はモーターの高速回転によって発生するジャイロ効果に起因することが大きいのだとか。ジャイロ効果とは、横置きにしたモーターの回転軸が前後方向に動くため、ロールに対するスタビライズ効果が発生すること。
モーターを前方寄りに搭載すると、車体の中央寄りでジャイロ効果が発揮されるため、高速コーナーを安定してクリアできるメリットがあるそうです。一方、モーターを後方寄りに搭載した場合は、車体の後方寄りでジャイロ効果が発揮されるため、ピッチングの荷重移動が多くなるのが特徴。結果的に姿勢が直りやすく、より早く加速状態に入れるとのこと。開発担当の青木氏自ら「腕に自信のある人やRCカーマニアの人は後方寄りの搭載位置を選ぶのではないでしょうか」と言っていたこともあり、競技をするならこのレイアウトがオススメとのことでした。

rc_10
▲モーター搭載位置は26mm間隔で3種類選択可能。4本のネジを外せばモーター位置を簡単に変更できます。ただし、受信機などのメカ類は両面テープで固定しているため、メカの搭載位置も変更する必要があるのだとか。ドライバーと両面テープがあれば5分から10分程度で変更できるといいいます。

旧作からヒントを得た最新作

このように3種類のモーター搭載位置を選択できる設計とした理由について、開発担当の青木氏はタミヤが1996年に発売した「TA03」に影響を受けたことを明かしました。「TA03」はモーター搭載位置がフロントオーバーハングとリアに変更できるモジュール設計が特長で、いまだに根強いファンがいます。青木氏はタミヤ入社前に「TA03」を購入し、モーター搭載位置の変更によるハンドリングの違いに面白さを感じたといいます。過去のRCカーが今回のTA07 PROの開発に大きな影響を与えたという意味においても、25年におよぶタミヤRCツーリングカーの歴史の深さを感じずにはいられません。

TAMIYA_05
▲「TA07 PRO シャーシキット」は、プロポセット、バッテリーセット、モーター、タイヤ、ボディは別売となるため、走行までに必要なアイテムの合計金額の目安は約5万円ほど。ボディセットは約35種類(2016年6月現在)のボディが搭載可能で選択肢は豊富。自分の好きなボディを載せてみたいですね。「1/10RC フェラーリ 599XX スペアボディ」(価格:税別3,800円)

TAMIYA_06
▲こちらは「1/10RC PETRONAS SYNTIUM メルセデス・ベンツSLS AMG スペアボディ」(価格:税別3,800円)。

外観はレトロ、中身は最新というオトナの楽しみかた

RCツーリングカーでは7世代目にあたる最新作のTA07 PROは、従来のツーリングカー製品との互換性が高いメリットもあります。ボディやタイヤ/ホイールをはじめ、約100種類のオプションパーツ(2016年6月現在)など、これまでに発売された多くの部品を利用することができます。そのため、例えば中身は最新スペックで、ボディは懐かしい車種のボディを被せるような楽しみかたもできます。
レースをするときは最新のタイヤ/ホイールに近年の空力的なボディを組み合わせて速さを競う一方、RCカーを自分のペースで走らせたり、操縦自体をじっくり楽しみたいときは、お気に入りのボディとタイヤ/ホイールに履き替えたり、さらにモーターポジションの違いによるハンドリングの違いなどを楽しむことができるのです。
ラップタイムなどの絶対的な速さを追求するだけでなく、いろいろな楽しみかたを知っているのが、余裕を持った大人のRCカー趣味ともいえるでしょう。

rc_11
▲説明会会場には往年のRCカーが勢揃い。リーズナブルな入門キットの「ホーネット」、初のシャフトドライブ式4WDで度肝を抜いた「ホットショット」、それにオフロードモデルをベースにつくられた「ランチアラリー」や「アウディ・クアットロ・ラリータイプ」などもあり、参加者は大興奮!

懐かしさに感動!40周年を迎えたタミヤRCカーを振り返る

ところで、説明会が行われたタミヤサーキット内の会議室には、往年のRCカーが多数展示されていました。実はこの場所は以前テレビ東京系列で放映されていた「タミヤRCカーグランプリ」のセットとして使われていたとのこと。確かに当時番組のアシスタントだった日高のり子さんと元タミヤ社員の前田靖幸さんが担当していたコーナー「のり子と前ちゃんのRC教室」では、バックに何台もRCカーが展示されていたことを思い出しました。小倉智昭さんのナレーションとともに、当時の思い出が鮮やかに蘇ってきます。当時を知る好き者揃いの参加者たちも一様に食いついていました。
そんなタミヤのRCカーは今年で40周年。これまでに数多くの製品が生み出され、常に少年たちの憧れの存在でもありました。ということで、タミヤが世に送り出した数々の名車のなかから、今回は特に記憶に残る懐かしのオンロードRCカー10台をご紹介します。

ポルシェ ターボ RSR 934 レーシング

58001.TIFF
※現在は生産・販売されていません。

1976年に発売された記念すべきタミヤRCカーの第1作目。1/12スケールのプラモデルと同じ金型を使用したボディは、まさに走るスケールモデル。あまりの出来の良さに大ヒットとなった伝説のキットで、中身は単2電池4本で360モーターを駆動するシンプルなつくりでした。翌1977年には限定版の「ブラックポルシェ」を発売。シャシーはポルシェ935用に進化し、布製キャリングバッグが付属する特別感のある製品内容でした。2006年にはRCカー30周年記念モデルして1/10スケールの新設計で発売されました。

ブラック・カウンタックLP500S

58008.TIFF
※現在は生産・販売されていません。

1978年に発売された「競技用スペシャル」の第1弾。ジュラルミン製シャシー、フロントのサンドイッチタイヤ(センター部がゴムで両サイドがスポンジでつくられた特製タイヤ)およびリアのスポンジタイヤ、RS-540Sモーターの採用など、通常のRCモデルにはないコンペティティブな内容を備えていました。ご覧の通り、ボディはランボルギーニ・カウンタック LP500Rを題材とした1/12スケールのリアルな樹脂製ボディで、その精悍なスタイリングに憧れました。

ランボルギーニ・チーター

58007.TIFF
※現在は生産・販売されていません。

1/12 ランボルギーニ・チーターは、タミヤ初のRCオフロードバギーとして1977年に発売された「XR311 コンバットバギー」の姉妹製品。ジュラルミン製フレームに4輪ダブルウィッシュボーンサスペンションを備えた意欲的な設計が特長でした。ボディは樹脂製でリアルさが売りでしたが、オフロード走行には適さない華奢なつくりがネックでした。リニューアル販売されたXR311 コンバットバギーに対して、ランボルギーニ・チーターは再生産されていないことから、当時のジャンクをレストアするファンも少なくありません。

トヨタ ハイラックス4WD ハイリフト(RN36)(価格:税別89,800円)

TAMIYA_10

1981年に発売された1/10スケールの「トヨタ ハイラックス4WD」は、実車同様の金属製ラダーフレームに、3速トランスミッション、シャフトドライブ4WDを装備した実車同様の車体構造を備えた製品。他に例を見ない独創的なメカニズムに度肝を抜かれました。現在はハイリフト版の「トヨタ ハイラックス4WD ハイリフト」をラインアップ。発売から35年が経った今でも色褪せない製品内容となっています。

Honda シティターボ(WR-02Cシャーシ)(価格:税別16,800円)

TAMIYA_11

1983年発売の「シティターボ ウイリーレーサー」は、「ワイルドウイリス」の姉妹製品。アニメーターの大塚康生氏がデザインしたディフォルメボディと、重量物を高めに搭載することでウィリー走行を可能にした車体設計が特長でした。2015年には現代の「WR-02Cシャーシ」をベースにリニューアルされた「Honda シティターボ」が登場。往年のコミカルなデザインと愉快な走りが再び楽しめるようになりました。

ランチアラリー

58040.TIFF
※現在は生産・販売されていません。

1983年に発売された「ランチアラリー」は、同社の1/10電動RCカー「スバルブラット」「マイティフロッグ」と同じABS樹脂製スペースフレームを使ったオフロード志向の強い製品。計8灯の前後ライトは別売のライトバルブにより点灯することが可能でした。しかし、リアルな樹脂製ボディに対してタイヤ/ホイールが大きくはみ出していたことで、当時の評価は決して高くありませんでした。そして17年後の2001年、TA03R-Sシャシーを使ったリニューアル製品を突如発売。こちらはボディとトレッドのバランスがピッタリで、別物の内容に仕上がっていました。

ポルシェ959パリダカール・ラリー優勝車

58059.TIFF
※現在は生産・販売されていません。

オフロードバギーの「ホットショット」で初登場したシャフトドライブ式フルタイム4WDにダブルウィッシュボーン式サスペンションを組み合わせ、テクニゴールドモーターを標準装備したオンオフ兼用のスーパーモデル。後のツーリングカーのルーツといえる内容を備えていました。1/12スケールのボディはポリカーボネート製で、特徴的なスタイリングをリアルに再現。同じシャシーで「トヨタ・セリカ Gr.B ラリースペシャル」も発売されましたが、当時の少年にとっては手が届かない高級モデルでした。これまで再生産が行われていないこともあり、昔からかなりの高値で取り引きされています。そのため、大人になってもいまだに手が届かない永遠の憧れです。

メルセデス ベンツ190EエボリューションII AMG(TA01)

58108.TIFF
※現在は生産・販売されていません。

1991年に「ニッサン スカイライン GT-R ニスモ」として発売された1/10 RCツーリングカー製品は、実車同様のシャフトドライブ式フルタイム4WDと、スケール感を重視したリアルなボディにより大ヒット。当時Gr.Aマシンで戦われていたDTMマシンも製品化されました。写真のメルセデス 190 E Evo 2に加えて、BMW M3 スポーツエボリューションもつくられました。スリーポインテッドスターのエンブレムまで再現したグリルはメッキパーツを採用。リアビューミラーとリアスポイラーも別パーツで表現するなど、リアルさを追求した設計が光る逸品でした。

ルノー クリオウイリアムズ(FF01)

58138.TIFF
※現在は生産・販売されていません。

1993年に「出光 MOTION 無限シビック」として登場した「FF01」シャシーは、フロントオーバーハング部にモーターを横置きする実車同様のFWDレイアウトを実現。タックインを利用したコーナリングを可能にするなど、画期的な製品内容でファンを驚かせました。写真の1/10 ルノー クリオウイリアムズは、「FF01」シャシーを使った1994年の製品。ボディを紺メタに、ホイールをゴールドに塗装して、ロードバージョンも再現したくなります。

ローバーミニクーパー(M-01)

58149.TIFF
※現在は生産・販売されていません。

1994年には、コンパクトカーを1/10スケールRCカーとして楽しめるよう「M-01」シャシーが新開発されました。フロントミッドシップに横置きされたモーターは前輪を駆動。また、パワーユニットとステアリング系を前後に組み替えるとミッドシップにもなるユニークな設計で大人気となりました。第1弾の「ローバーミニクーパー」に続き、「アルピーヌA110」「フォルクスワーゲン ビートル」「アルファロメオGTA」など、マニアックな車種選定も好評でした。

RCカーの操縦はクルマ好きにとって最高の脳トレになる!

rc_12

タミヤのRCカーは、昔から現在までずっとつながっているのが特長です。そのため、懐かしの製品が復刻されたり、人気車種が新たな仕様でリニューアル発売されることも少なくありません。
そして昔RCカーを走らせていた人にとっては、現代のRCカーを操縦すると、懐かしさと新鮮さの両方が体験できるはず。これはあくまでも個人的な感想ですが、RCカーの操縦は普段使わない部分の脳を刺激するように思えます。特に中高年世代にとっては、脳のトレーニングとしても心地よい疲労を感じることができるのではないでしょうか。
リアルなスマホゲームも気軽でもちろん楽しいのですが、実際に操縦するRCカーの面白さは別物だということを今回改めて実感しました。

北沢 剛司

’70年代のいわゆる「スーパーカーブーム」の洗礼を受け、以来、クルマの世界にどっぷり浸かって大人になってしまった自動車ライター。ニューモデルを見るため20年以上ジュネーブ・モーターショーに通う一方、所有したクルマは’80〜’90年代のネオクラシックカーばかり。さらにミニカーやカタログなどの自動車趣味からモータースポーツまで、興味の対象は幅広い。自動車専門誌や一般誌での執筆をはじめ、輸入車関係の仕事などを幅広く手がけている。

記事一覧

関連記事