ヨーロッパ中からファンが集う、ドイツの「日本デー」が今年も開催

  1. ドイツピックス
  2. 75 view

欧州最大級の日本人都市デュッセルドルフ。ここでは毎年5月になると、「日本デー(Japan Tag)」と呼ばれる大きなイベントが開かれます。今年は5月21日に開催され、たった一日で約75万人もの来場者を記録し盛り上がりを見せました。

ライン川沿いの会場では、日系企業や市内の日本食レストランを始め多くの団体がブースを構え、着物の着付け体験や日本の屋台フードが味わえるほか、伝統音楽などのパフォーマンスも披露されました。

その他にも会場には多くのコスプレイヤーたちが集結し、写真撮影やフリーハグを行われ、彼らのハイレベルなコスプレを見るのも楽しみの一つ。最後は打ち上げ花火でクライマックスを迎え、来場者からの拍手喝采に終わりました。

様々なジャンルで日本を楽しめる「日本デー」は今年で15回目を迎え、今ではドイツ国内だけでなく、他のヨーロッパ諸国からも日本ファンがこぞって集まる有名な一大イベントとなっています。

出典・参照元:http://www.rp-online.de/

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
NAO

NAO

在独6年目のライター。Current Europe GmbH (ドイツ現地法人)所属。ドレスデン工科大学修士課程を修了し、現在はケルペン在住。2012年よりドイツワイン店に勤務し、日本向けの販売・輸出業に携わる。独英韓中の語学力を活かし、通訳・翻訳家、現地コーディネーター、日本語教師としても活動。現代車にはない欧州クラシックカーの多様性に惹かれ、個人的にロイトとフィアット推し。「本当のドイツをもっと見てほしい」と自動車にまつわる文化・マーケティングを中心に現地情報を発信している。

記事一覧

関連記事