日本車登録が急増!ドイツ国内Hナンバー車種の最新人気ランキングトップ10が発表

  1. ドイツピックス
  2. 33 view

税金面でも様々な優遇が受けられる、製造30年以上のクラシックカーが持つことができるドイツのHナンバー所有者は年々増加傾向にあります。2016~2017年は前年と比べると登録数が10%増え、新たに38,107台のHナンバーが登録されました。現在、ドイツ国内のHナンバー車は合計343,958台となっており、これは現在登録されている自動車台数全体の0.7%がHナンバーを取得していることとなります。

先日、自動車工業協会(VDA)より昨年度のHナンバー登録数ランキングが発表されました。※( )内は前年度登録数

1.VW ケーファー(ビートル):34,643台(32.750)
2.メルセデス・ベンツ W123:18,578台(17534)
3.ポルシェ 911/912:14,052台(10498)
4.メルセデス・ベンツ SL R107:13,719台(11325)
5.VW バス/トランスポーター(ブリー):10,183台(7736)
6.メルセデス・ベンツ W114 / W 115:7,352台(7045)
7.メルセデス・ベンツ W110 / W 111 :6,097台(5242)
8.VW ゴルフ:5,984台(4519)
9.メルセデス・ベンツ W113 パゴダ:4,949台(4847)
10.オペル カデット:4,685台(4280)

メーカー別に分けると、登録数が一番多いのはダイムラーグループ:92,048台、続いてVWグループ:71,210台 、ポルシェ:25,120台となっています。

Hナンバー登録車のおおよそ70%がドイツ車ですが、残りの30%は外国メーカーから成り立っています。その内、日本車がぐんぐんと割合を増やしており昨年度は31%プラスの登録数となりました。トヨタのカローラ コンビや日産(ダットサン)サニー、 Nissan 300ZXなどを中心に日本車のHナンバー取得数が増えてきているようです。

出典・参照元:http://www.autobild.de/

NAO

NAO

在独6年目のライター。Current Europe GmbH (ドイツ現地法人)所属。ドレスデン工科大学修士課程を修了し、現在はケルペン在住。2012年よりドイツワイン店に勤務し、日本向けの販売・輸出業に携わる。独英韓中の語学力を活かし、通訳・翻訳家、現地コーディネーター、日本語教師としても活動。現代車にはない欧州クラシックカーの多様性に惹かれ、個人的にロイトとフィアット推し。「本当のドイツをもっと見てほしい」と自動車にまつわる文化・マーケティングを中心に現地情報を発信している。

記事一覧

関連記事