独部品大手ZF、外部サイドエアバッグを開発

  1. ドイツニュース
  2. 92 view

独自動車部品大手のZFフリードリヒスハーフェンはこのほど、車両の側面の衝突事故の衝撃を吸収するサイドエアバッグシステムのプロトタイプを公開した。


※画像はイメージです

エアバッグがサイドスカートから外側の上方に展開し、AピラーとCピラーの間の車両側面のドア部分の衝撃を吸収する。ZFによると、システムがエアバッグの展開を決定してから、エアバッグが膨張するまでの時間は約150ミリ秒で、人間が瞬きする時間に相当する。カメラ、レーダー、ライダーを連携した車載センサー技術により、衝突の可能性を予測し、システムのソフトウエアに採用されているアルゴリズムにより、衝突が不可避であり、エアバッグの展開が可能かつ有効であると判断すると、エアバッグを展開させる。エアバッグの容量は車両により280~400リットルで、運転席用エアバッグの容量の5~8倍に相当する。衝突の不可避を予測する情報は、シートベルトの巻取り装置(リトラクター)など既存の安全技術の性能向上にも活用することができる。

[提供元/FBC Business Consulting GmbH]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
カレントライフ編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがない方々にも幅広く魅力を伝えられるよう記事を執筆中。ドイツ駐在員が貴重な情報をお届けするドイツ現地レポも随時更新してます。

記事一覧

関連記事

英新車登録、10月は12.2%減

英新車登録、10月は12.2%減

英自動車工業会(SMMT)が6日発表した2017年10月の同国の乗用車新車登録は、15万8,192台となり、前年同月に比べ12.2%減少した。販売減少は7カ月連続。1~1…

  • 8 view