VW、新型コロナウイルスの感染拡大防止のために休止していた生産を段階的に再開へ

  1. ドイツニュース
  2. 126 view

独自動車大手のフォルクスワーゲン(VW)は15日、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため生産を休止していた工場の操業を段階的に再開すると発表した。

VW、段階的に生産再開へ
*画像はイメージです

VW乗用車ブランドは4月20日から再開

VW乗用車ブランドでは、ドイツのツヴィッカウ工場とスロバキアのブラチスラバ工場で4月20日から生産を再開する。4月27日からは、他のドイツの工場や、ポルトガル、スペイン、ロシア、米国の工場でも生産を再開する予定。5月にはさらに、南アフリカ、アルゼンチン、ブラジル、メキシコでも段階的に生産を再開する見通し。

なお、VWは、生産規模は部品調達の可能性やドイツおよび欧州の政策、販売市場の動向などに応じたものであり、従業員の健康保護に最大限注意した生産体制を取ると説明している。VWグループでは、生産再開にあたり従業員の健康を保護するための約100点の対応策(100ポイント・プラン)を打ち出している。

また、VWのドイツ工場については、引き続き時短を継続するとし、段階的な生産再開に応じて、時短の対象となる従業員数を削減していく方針を示している。

VWN、4月27日から生産再開

VWの小型商用車ブランド、フォルクスワーゲン・ヌッツファールツォイゲ(VWN)では、4月27日からドイツのハノーバー工場とポーランドのポズナニ工場およびブジェシニャ工場で生産を再開する。

再開にあたっては、従業員同士が1.5メートルの間隔を保てない場合にはマスク着用を義務付けるなどの対策を実施する。

部品生産は4月6日から順次再開、中国工場に出荷

自動車部品を生産するフォルクスワーゲン・グループ・コンポーネンツではすでに、4月6日から段階的に生産を再開している。

中国工場に部品を供給するためで、6日からは、ドイツのブラウンシュヴァイクとカッセルの2工場で生産を再開し、4月14日からは、ドイツのザルツギッター、ケムニッツ、ハノーバー、ポーランドの工場でも生産を再開した。中国ではすでに、33の工場のうち32工場で生産を再開している。

[提供元/FBC Business Consulting GmbH]

外車王公式チャンネル「外車王TV」

輸入車好きに向けて、人気車両の走行シーンからサウンド、車両レビューなど、さまざまな角度から輸入車をテーマにした動画をYouTubeで公開中!!【チャンネル登録お願いします】

外車王TV
外車王SOKEN編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがない方々にも幅広く魅力を伝えられるよう記事を執筆中。ドイツ駐在員が貴重な情報をお届けするドイツ現地レポも随時更新してます。

記事一覧

関連記事