VW、新分野HUXを設立

  1. ドイツニュース
  2. 71 view

独自動車大手のフォルクスワーゲン(VW)は4月9日、新事業分野「ホリスティック・ユーザー・エクスペリエンス(HUX)」を設立すると発表した。HUXの責任者にはマティアス・エルプ氏が就任。エルプ氏は、ヘルベルト・ディース取締役(VWブランド担当)に直接、業務報告できる立場となる。

VW、新分野HUXを設立

VWブランドにおける顧客との接点(タッチ・ポイント)は、自動車の中(乗車中)、自動車の外(メンテナンスなど)だけでなく、インターネット(アプリ、ウェブサイなど)などへと広がっている。新分野HUXでは、タッチ・ポイントが今後さらに多様化する見通しの中で、統一した顧客体験(ユーザー・エクスペリエンス)を提供していくことに注力する。

具体的には、技術開発、デザイン、モデルシリーズ、販売などと連携し、車両のデジタル化を進めていく。使いやすさ(ユーザビリティ)やインフォテイメント、デジタルサービス、モビリティサービスの強化や拡大などが課題となる。

当初は、プラットフォーム「MEB」をベースにした次世代の電気自動車「I.D.シリーズ」から着手し、段階的に他のモデルにも対象を広げていく。
マティアス・エルプ氏は2003年にVWグループに入社した。直近では2016年4月から、米国法人フォルクスワーゲン・オブ・アメリカのチーフ・エンジニアリング・オフィサーを務めていた。

[提供元/FBC Business Consulting GmbH]

外車王公式チャンネル「外車王TV」

輸入車好きに向けて、人気車両の走行シーンからサウンド、車両レビューなど、さまざまな角度から輸入車をテーマにした動画をYouTubeで公開中!!【チャンネル登録お願いします】

外車王TV
外車王SOKEN編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがない方々にも幅広く魅力を伝えられるよう記事を執筆中。ドイツ駐在員が貴重な情報をお届けするドイツ現地レポも随時更新してます。

記事一覧

関連記事