VW、中国で新ブランド「ジェッタ」の販売好調

  1. ドイツニュース
  2. 366 view

独自動車大手のフォルクスワーゲン(VW)は5日、中国で立ち上げた新ブランド「ジェッタ(JETTA)」の出荷台数が9月の市場投入から約3万台となっており、好調なスタートを切ったと発表した。新ブランド「ジェッタ」では特に中国の若い年齢層をターゲットとしている。

VW、中国で新ブランド「ジェッタ」の販売好調

VWはジェッタから現在、SUV「VS5」とセダン「VA3」を販売している。近く2番目のSUVも市場投入する予定。VWによると、ジェッタの出荷台数のうちSUVが約80%を占めている。ジェッタの車両はすべて、VWと第一汽車(FAW)との合弁会社である一汽大衆(FAWVW)の成都工場で生産している。

VWは中国市場で、既存のVWブランドを上級の量産車(TopofVolume)と位置付ける一方、「ジェッタ」ではこれまで対応できていなかったエントリーセグメント、特に若い世代に注力する。VWによると、エントリーセグメントは中国の乗用車市場の約3分の1を占めており、現在は中国ブランドが多い。また、エントリーセグメントの顧客層のうち、人生で初めて自動車を購入する人が約80%を占めている。

中国では、初めて自動車を購入する人の平均年齢が20歳と、欧州や米国に比べて若い特徴がある。また、エントリーセグメントで初めて自動車を購入する人は、8,000~1万5,000ユーロの車両を購入している。

VWにとって中国は世界販売の約50%を占める最大市場。VWブランドの中国市場の出荷台数は2017年から2年連続で300万台を超えている。同社では2019年も300万台を超えると見込んでいる。

[提供元/FBC Business Consulting GmbH]

外車王公式チャンネル「外車王TV」

輸入車好きに向けて、人気車両の走行シーンからサウンド、車両レビューなど、さまざまな角度から輸入車をテーマにした動画をYouTubeで公開中!!【チャンネル登録お願いします】

外車王TV
外車王SOKEN編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがない方々にも幅広く魅力を伝えられるよう記事を執筆中。ドイツ駐在員が貴重な情報をお届けするドイツ現地レポも随時更新してます。

記事一覧

関連記事