VW、EV専用プラットフォーム「MEB」を外部に公開

  1. ドイツニュース
  2. 139 view

独自動車大手のフォルクスワーゲン(VW)・グループは4日、電動車用のプラットフォーム「MEB」を外部企業に公開すると発表した。「MEB」の外部公開により、電気自動車の小規模生産が低コストで可能になり、電気自動車の普及が進むと見込んでいる。VWはスイスのジュネーブモーターショー(3月7~17日)では、MEBをベースにした「ID.バギー」を出展する。

VW、EV専用プラットフォーム「MEB」を外部に公開

VWは外部公開により、「MEB」が標準的なプラットフォームとして普及すれば、規模(スケール)の効果で電気自動車の価格が下がると予想している。VWグループは第1段階として、「MEB」をベースにした純粋な電気自動車で約1,500万台の生産を見込んでいる。

VW、EV専用プラットフォーム「MEB」を外部に公開

最初の提携先は、独アーヘン工科大学(RWTH)からドロップアウトした電気自動車の開発ベンチャー企業のe.GOMobileで、具体的な車両に関するプロジェクトは現在計画中であるという。VWによると、e.GOMobileはVWのラインアップを補完するような電気自動車を発売する見通し。

VW、EV専用プラットフォーム「MEB」を外部に公開

VWは2023年までに電動化、デジタル化、モビリティサービス、自動運転の分野に約440億ユーロを投資する計画。うち、エレクトロモビリティ(電動車)に300億ユーロを投資する。

[提供元/FBC Business Consulting GmbH]

カレントライフ編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがない方々にも幅広く魅力を伝えられるよう記事を執筆中。ドイツ駐在員が貴重な情報をお届けするドイツ現地レポも随時更新してます。

記事一覧

関連記事