VW、エネルギー子会社を設立

  1. ドイツニュース
  2. 10 view

独自動車大手のフォルクスワーゲン(VW)は8日、エネルギー事業を展開する新しい子会社エリ・グループを設立すると発表した。

ベルリンに本社を置く。同子会社は、新ブランド「エリ(Elli)」を通して、再生可能エネルギーの販売、電動車の充電インフラの整備、情報技術(IT)を活用したエネルギーマネジメントサービスなど幅広い事業を展開していく。

新規事業の立ち上げにより、既存顧客との結びつきを強化するとともに、新しい顧客グループの開拓にも意欲を示している。新会社ではVWグループ以外の顧客にも製品やサービスを提供していく方針。

※画像はイメージです

ブランド名は「エレクトリックライフ(Electriclife)」の略で、新会社ではスマートフォンの利用のように、電動車が日常生活の一部となるような環境の構築を目指している。

具体的には、再生可能エネルギーの販売、ウォールボックスや充電スタンドなど充電インフラの整備のほか、自家発電した太陽光発電で電気自動車を充電したり、電気自動車に充電した電力を家電などで利用する「スマートグリッド」の提供などを計画している。

新会社では、VWがプラットフォーム「MEB」をベースにした次世代の電気自動車「I.D.」を発売する2020年までに法人および個人顧客向けの製品やサービスを順次、拡充・投入していく計画。

また、2020年までに、VWの従業員用駐車スペースに現在1,000基ある充電器(充電ポイント)を5,000基以上に増やす。

さらに、欧州連合(EU)域内にある約4,000カ所の販売代理店(ディーラー)やサービスパートナーにも2020年までに充電インフラを整備する。

[提供元/FBC Business Consulting GmbH]

カレントライフ編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがない方々にも幅広く魅力を伝えられるよう記事を執筆中。ドイツ駐在員が貴重な情報をお届けするドイツ現地レポも随時更新してます。

記事一覧

関連記事