VW、中国に3工場を開設

  1. ドイツニュース
  2. 175 view

独自動車大手のフォルクスワーゲン(VW)は5月28日、中国の第一汽車(FAW)との合弁会社、一汽大衆(FAW VW)が今後数カ月以内に中国で3工場を新たに開設すると発表した。

これにより、電気駆動車と同国で販売が好調なSUVの生産を強化する。5月28日には青島市に新工場を開設した。同工場では、プラットフォーム「MQB」をベースにした新型「ボーラ」を生産する。同じ生産ラインで内燃エンジン車と電気自動車を生産できる。

同工場では「MQB」向けのバッテリーシステムも生産する計画。6月に開設する仏山市の工場では主に、VWとアウディのSUVを生産する。同工場では、「MQB」ベースのモデルに加え、将来は、プラットフォーム「MEB」をベースにした電気自動車や「MEB」向けのバッテリーシステムも生産する計画。8月に開設する予定の天津市の工場では、SUVモデルを生産する。

SUV 販売好調

フォルクスワーゲン・グループ・チャイナ(VW チャイナ)の2018年第1四半期(1~3月)の販売は、前年同期比13.4%増の101 万台以上となり、過去最高を記録した。うち、SUVの販売伸び率は前年同期比37.2%増となり、平均を大幅に上回っている。

VWは2018年に4モデルのSUVを新たに中国市場に投入する。FAW VWから新型「トゥアレグ」と「Tロック」、上海汽車(SAIC)とVWの合弁会社である上海フォルクスワーゲン(SVW)は、中型SUV と新型SUV「タル(Tharu)」を発売する予定。VWチャイナは今後7~8年以内に電気駆動の現地生産車40モデルを市場投入する計画。2025年からは年150万台の電気駆動車を生産する計画。

[提供元/FBC Business Consulting GmbH]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
カレントライフ編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがない方々にも幅広く魅力を伝えられるよう記事を執筆中。ドイツ駐在員が貴重な情報をお届けするドイツ現地レポも随時更新してます。

記事一覧

関連記事