ボロコプターにDBシェンカーなどが出資

  1. ドイツニュース
  2. 122 view

「空飛ぶクルマ」を開発するドイツの新興企業ボロコプターは2月21日、ドイツ鉄道(DB)のロジスティクス子会社DBシェンカーなどが資本参加したと発表した。投資ラウンドのシリーズCを当初予定の5,000万ユーロから8,700万ユーロに拡大した際に出資したもので、三井住友海上火災保険や米シリコンバレーに拠点を置くベンチャーキャピタルのトランスリンク・キャピタルなども投資ラウンドに参加した。


▲「VoloDrone」、クリストフ・ホメット・チーフエンジニア 出所:(c)Volocopter

ボロコプターは、垂直離着陸が可能な電動ヘリコプターを開発しており、自動操縦システムの導入も視野に入れている。タクシー用途の電動ヘリコプターの開発を進めるほか、昨年10月には大型貨物輸送用ドローン「ボロドローン(VoloDrone)」のデモ機を発表した。「ボロドローン」は、物流のほか、農業、インフラ分野、公共事業などにも活用できると見込んでいる。

ボロコプターはさらに、独自動車大手ダイムラーのディーター・ツェッチェ前社長、独ソフトウエア会社CASソフトウエアの創業者であるマルティン・フープシュナイダー氏、中国の浙江吉利控股集団(ジーリーホールディンググループ)のYifanLi(フランク・リー)副社長、DBシェンカーのヨッヘン・テーヴェス最高経営責任者(CEO)が同社の顧問に就任したと発表した。

ボロコプターにはこれまでに、ダイムラーや浙江吉利控股集団、米半導体大手のインテルなどが出資している。

また、三井住友海上火災保険は2月25日付のプレスリリースで、ボロコプターとの業務提携で合意したと発表した。アジア地域における「空飛ぶクルマ」事業に関する提携先として、ボロコプターの実証試験などに参加し、「空飛ぶクルマ」の機体や運営に関するノウハウを集積し、保険商品やサービスの開発につなげていく方針を示している。

[提供元/FBC Business Consulting GmbH]

輸入車のご売却は、なんでもご相談ください!

「外車王」を運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車の高価買取が可能。愛車のご売却はなんでもご相談ください!

売却相談はこちら
外車王SOKEN編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがない方々にも幅広く魅力を伝えられるよう記事を執筆中。ドイツ駐在員が貴重な情報をお届けするドイツ現地レポも随時更新してます。

記事一覧

関連記事