ダイムラー、財務担当取締役の後任決定

  1. ドイツニュース
  2. 10 view

独自動車大手のダイムラーは13日、ハラルド・ヴィルヘルム氏が4月1日付で取締役に就任すると発表した。2019年5月22日の株主総会後に、現在のボド・ユッバー取締役の後任として、財務・コントローリングおよびダイムラー・ファイナンシャル・サービスの担当取締役となる。任期は3年。ユッバー取締役は、2004年12月から同職を務めており、株主総会で取締役を退任する。ヴィルヘルム氏は1966年4月生まれの53歳で、現在、欧州航空機大手エアバスの最高財務責任者(CFO)を務めている。独業界紙『オートモビルボッヘ』によると、同氏は昨年5月、エアバスのCFOを2019年春に退任すると発表していた。

ダイムラーは昨年9月、ディーター・ツェッチェ氏が2019年5月の株主総会で、社長および乗用車部門メルセデス・ベンツ・カーズの経営責任者を退任すると発表した。後任として、オラ・ケレニウス取締役が新社長およびメルセデス・ベンツ・カーズの責任者に就任する。任期は5年。ツェッチェ社長は、2年のクーリングオフ期間を経て、2021年の株主総会で監査役会会長に就任する予定。

[提供元/FBC Business Consulting GmbH]

カレントライフ編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがない方々にも幅広く魅力を伝えられるよう記事を執筆中。ドイツ駐在員が貴重な情報をお届けするドイツ現地レポも随時更新してます。

記事一覧

関連記事

BMW、自動運転の開発センター開設

BMW、自動運転の開発センター開設

独自動車大手BMWは11日、ドイツのウンターシュライスハイム(ミュンヘン近郊)に自動運転技術の開発センター(キャンパス)を開設した。運転支援システムおよび高度・完全自動運…

  • 14 view