ポルシェ、「合意なき離脱」の場合は英国で値上げ

  1. ドイツニュース
  2. 49 view

独フォルクスワーゲン(VW)・グループ傘下の高級スポーツカーメーカー、ポルシェは、英国の欧州連合(EU)離脱が「合意なき離脱(ハードブレグジット)」となった場合、同国で10%の値上げを実施する。

新型マカンを2019年夏より日本全国のポルシェ正規販売店にて発売

EUとの離脱協定が成立しないまま英国が3月29日に離脱すると、輸入車に関税がかかるためで、英国の顧客は、ポルシェ車を購入する際に、この価格調整条項に署名しなければならない。

2018年のポルシェ国内新車販売台数、過去最高の7,166台を記録

ポルシェはこのような措置について、顧客に対し情報の透明性を確保するとともに、購入時に装備などの選択により価格を調整することができる、と説明している。なお、1月17日までに頭金の支払いを済ませた顧客は値上げの対象とならない。

2018年のポルシェ国内新車販売台数、過去最高の7,166台を記録

また、ポルシェの親会社であるVWグループはメディアの取材に対し、他のグループブランドでも同様な措置を取るかについてコメントを控えている。

[提供元/FBC Business Consulting GmbH]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
カレントライフ編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがない方々にも幅広く魅力を伝えられるよう記事を執筆中。ドイツ駐在員が貴重な情報をお届けするドイツ現地レポも随時更新してます。

記事一覧

関連記事

BMW、中国に電池工場を開設

BMW、中国に電池工場を開設

独自動車大手のBMWグループは24日、中国の提携先である華晨中国汽車(Brilliance)と共同で、瀋陽に電池工場「ハイ・ボルテージ・バッテリー・センター」を開設した。…

  • 73 view