ポルシェ、イスラエルの新興企業に資本参加

  1. ドイツニュース
  2. 58 view

独フォルクスワーゲン(VW)傘下の高級スポーツカーメーカーであるポルシェは4月4日、デジタル技術子会社のポルシェ・デジタル(出資比率:100%)を通してイスラエルの新興企業Anagogに少数株主として資本参加したと発表した。Anagogへの出資により、人工知能(AI)を活用したモビリティ分野のデジタルサービスを強化する。

ポルシェ、イスラエルの新興企業に資本参加

Anagogは2010年の設立で、テルアビブに本社を置く。従業員数は現在約30人。同社は、AIを使ってユーザーの行動を分析し、将来の行動を予測することができるソフトウエアを開発した。同社の技術はすでに、100を超えるさまざまなスマートフォン・アプリに使用されているという。

ポルシェはAnagogの技術の活用により、各顧客がおかれている状況や個人的なニーズに適したサービスの提供が可能になる。Anagogの技術は、バックエンドサーバーにデータを送信せずに、携帯端末で直接、データを分析するシステムのため、高いデータ保護を確保できる利点がある。

独自動車大手のダイムラーも今年2月にAnagogに出資したと発表している。

[提供元/FBC Business Consulting GmbH]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
カレントライフ編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがない方々にも幅広く魅力を伝えられるよう記事を執筆中。ドイツ駐在員が貴重な情報をお届けするドイツ現地レポも随時更新してます。

記事一覧

関連記事

BMW、中国に電池工場を開設

BMW、中国に電池工場を開設

独自動車大手のBMWグループは24日、中国の提携先である華晨中国汽車(Brilliance)と共同で、瀋陽に電池工場「ハイ・ボルテージ・バッテリー・センター」を開設した。…

  • 85 view