伊ピニンファリーナ、ベトナム初の国産車をデザイン

  1. ドイツニュース
  2. 178 view

伊デザイン・開発会社のピニンファリーナは2月13日、ベトナムの自動車メーカー、ビンファースト・トレーディング・アンド・プロダクションからSUVとセダンの2モデルのデザインを受注したと発表した。

伊ピニンファリーナ、ベトナム初の国産車をデザイン

ベトナムの消費者が参加したデザインコンテストで20種類のコンセプトデザインから同社の2モデルが選ばれた。独業界誌『アオト・モートア・ウント・シュポルト』(14日付、オンライン版)によると、ビンファーストは2モデルを2018年10月のパリモーターショーに出展する予定。

ビンファーストは、ベトナムの不動産グループ、ビン・グループが2017年末に設立した自動車メーカーで、同国初の国産車ブランド「ビンファースト」の自動車生産に乗り出す。2019年9月に最初のモデルを発売する計画で、2025年までに生産規模を年50万台に拡大する目標を掲げている。ピニンファリーナがデザインしたモデルが選ばれたコンテストは2017年10月に開始、約6万2,000人が参加した。

[提供元/FBC Business Consulting GmbH]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
カレントライフ編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがない方々にも幅広く魅力を伝えられるよう記事を執筆中。ドイツ駐在員が貴重な情報をお届けするドイツ現地レポも随時更新してます。

記事一覧

関連記事