独ポルシェ、次期「マカン」を電気自動車に

  1. ドイツニュース
  2. 11 view

独フォルクスワーゲン(VW)・グループ傘下の高級スポーツカーメーカー、ポルシェは2月26日、コンパクトSUV「マカン」の次世代モデルを純粋な電気自動車のみとすると発表した。ドイツのライプチヒ工場で2020年代の初めに生産を開始する予定。

※画像はイメージです

ポルシェは2019年末に、同社初の純粋な電気自動車となるセダン「タイカン」を市場投入する。その後、派生モデル「タイカン・クロス・ツーリスモ」も発売する予定。次世代「マカン」はポルシェにとって3番目の電気自動車となる。

独業界紙『オートモビルボッヘ』によると、次世代「マカン」の市場投入は2022年になるもよう。

ポルシェのオリバー・ブルーメ社長は今回の決定に際し、「我々は2022年までに60億ユーロ以上を電動車に投資する計画で、2025年までにポルシェの新車の2台に1台が電気駆動となりうる。今後10年は、ガソリンエンジン、プラグインハイブリッドモデル、純粋な電気自動車のスポーツカーのミックスとなる」とコメントした。

ポルシェは昨年7月初め、次世代「マカン」をドイツのライプチヒ工場で生産すると決定した。同工場では、既存の生産ライン上で純粋な電気自動車を生産できる体制を整える。ライプチヒ工場は2002年に量産を開始した工場で、現在は従業員4,000人超が勤務している。

[提供元/FBC Business Consulting GmbH]

カレントライフ編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがない方々にも幅広く魅力を伝えられるよう記事を執筆中。ドイツ駐在員が貴重な情報をお届けするドイツ現地レポも随時更新してます。

記事一覧

関連記事

独ダイムラー、商用バンを電動化

独ダイムラー、商用バンを電動化

独自動車大手のダイムラーは11月20日、軽商用車部門のメルセデスベンツ・バンが販売する商用バンを電動化する計画を発表した。中型バン「ヴィトー」の電動モデル「eヴィトー」は…

  • 21 view