仏ルノー、新型「メガーヌ」に初めてPHVモデルを設定

  1. ドイツニュース
  2. 204 view

仏自動車大手のルノーは3日、新型「メガーヌ」を今年夏に発売すると発表した。ハッチバック、エステート、RSライン(旧GTライン)などのモデルを設定するほか、メガーヌから初めてプラグインハイブリッド(PHV)モデル「メガーヌE-Techプラグイン」を投入する。

仏ルノー、新型「メガーヌ」に初めてPHVモデルを設定
※画像は現行モデルのルノー メガーヌです

「メガーヌE-Techプラグイン」はパワートレインに1.6リットル4気筒ガソリンエンジンと電気モーター2基、クラッチレスのマルチモードギアボックスを組み合わせており、最高出力160psを引き出す。バッテリー容量は9.8kWh。電気駆動のみでの最高速度は135km/h、最大50~65キロメートル(WLTPモード)走行できる。当初はエステートに設定し、その後ハッチバックにも設定する予定。

これまでの「GTライン」は「RSライン」として刷新し、1.8リットル・ターボエンジン(最高出力300ps、最大トルク400Nm)を搭載する。レース仕様の「RSトロフィー」は特別な差動装置(「トルセンデフ」)を採用し、コーナーリング性能を向上させている。

新型「メガーヌ」はLEDヘッドライトを採用したほか、内装に9.3インチのマルチメディア・スクリーン、10.2インチのダッシュボード・スクリーンおよびインフォテインメントシステムの「イージーリンク」を装備する。安全支援システムとしてレベル2の自動運転機能も搭載する。

[提供元/FBC Business Consulting GmbH]

輸入車のご売却は、なんでもご相談ください!

「外車王」を運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車の高価買取が可能。愛車のご売却はなんでもご相談ください!

売却相談はこちら
外車王SOKEN編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがない方々にも幅広く魅力を伝えられるよう記事を執筆中。ドイツ駐在員が貴重な情報をお届けするドイツ現地レポも随時更新してます。

記事一覧

関連記事