英新車登録、11月は11.2%減

  1. ドイツニュース
  2. 13 view

英自動車工業会(SMMT)が12月5日に発表した2017年11月の同国の乗用車新車登録は、16万3,541台となり、前年同月に比べ11.2%減少した。

英がディーゼル車の自動車物品税引き上げ、2018年4月以降の登録車両が対象

販売減少は8カ月連続。ガソリン車(5.0%増)と代替燃料車(33.1%増)は前年同月を上回ったものの、ディーゼル車の大幅な減少(30.6%減)を相殺できなかった。顧客別では、大口法人(14.4%減)、小口法人(33.6%減)、個人(5.1%減)のいずれも減少した。1~11月の累計は、前年同期比5.0%減の238万8,144台となった。

英新車登録、11月は11.2%減

SMMTのホーズ会長は、政府の反ディーゼル車のメッセージが企業や消費者の信頼低下を深刻化させている、と批判するとともに、ディーゼル車は、特に燃費の良さや二酸化炭素(CO2)排出量の低さの理由から、多くのドライバーにとって正しい選択肢といえると述べ、ディーゼル車を擁護している。

[提供元/FBC Business Consulting GmbH]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
カレントライフ編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがない方々にも幅広く魅力を伝えられるよう記事を執筆中。ドイツ駐在員が貴重な情報をお届けするドイツ現地レポも随時更新してます。

記事一覧

関連記事