BMW、内装用ナノファイバーフィルターを順次導入

  1. ドイツニュース
  2. 117 view

独自動車大手のBMWは10日、ナノファイバーを使用した新しい内装用フィルターを導入すると発表した。これにより、超微細ダストに加え、特定の微生物粒子やアレルギー物質の車内への進入を防ぐことができる。

BMW、内装用ナノファイバーフィルターを順次導入
*画像はイメージです

当該フィルターは、今秋からロールス・ロイスのモデルに標準装備として先行投入する。来年初めには、BMW「7シリーズ」、「8シリーズ」、「X5」、「X6」、「X7」にも導入し、段階的に他のモデルにも採用を広げて行く。

BMWはフィルターのほか、外気の状態を検知して、自動的に換気モードをオンにし、車内の空気を短時間で浄化するシステムも提供している。

換気モードは、ドライバーが手動でオンにすることもできる。また、BMWコネクテッドのアプリを利用すれば、出発前あるいは降車後に、空調システムの換気機能をオンにして車内の空気をきれいにすることができる。

[提供元/FBC Business Consulting GmbH]

外車王公式チャンネル「外車王TV」

輸入車好きに向けて、人気車両の走行シーンからサウンド、車両レビューなど、さまざまな角度から輸入車をテーマにした動画をYouTubeで公開中!!【チャンネル登録お願いします】

外車王TV
外車王SOKEN編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがない方々にも幅広く魅力を伝えられるよう記事を執筆中。ドイツ駐在員が貴重な情報をお届けするドイツ現地レポも随時更新してます。

記事一覧

関連記事