国際自動車見本(IAA)開催地、69年続いたフランクフルトからミュンヘンへ

  1. ドイツニュース
  2. 101 view

独自動車工業会(VDA)は3月3日、乗用車の国際自動車見本(IAA)の2021年以降の開催地をミュンヘンに決定したと発表した。ミュンヘン市と数週間以内に正式に契約を交わす見通し。新しい見本市は、移動に関する包括的なテーマを扱い、より近代的な催しになると見られている。IAAの開催地にはベルリン、ハンブルク、ミュンヘンの3都市が最終候補に残っていた。

IAA開催地、ミュンヘンに決定
*画像はイメージです

VDAによると、IAAは今後、自動車の魅力を伝えるだけでなく、インテリジェントな交通コンセプトを導入したスマートシティや、最新技術を活用した交通手段のネットワーク化なども含むモビリティ・プラットフォームへと発展させていく方針という。

IAAは1951年から69年間の長期に渡り、フランクフルトで開催されてきたが、来場者数の減少傾向が続いていた。VDAでは、2011年3月に署名したフランクフルト見本市会社との契約が2019年末に切れることを機に、昨年10月から候補地の選考を開始していた。

[提供元/FBC Business Consulting GmbH]

輸入車のご売却は、なんでもご相談ください!

「外車王」を運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車の高価買取が可能。愛車のご売却はなんでもご相談ください!

売却相談はこちら
外車王SOKEN編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがない方々にも幅広く魅力を伝えられるよう記事を執筆中。ドイツ駐在員が貴重な情報をお届けするドイツ現地レポも随時更新してます。

記事一覧

関連記事