アストンマーチン、高級「空飛ぶタクシー」コンセプトを発表

  1. ドイツニュース
  2. 8 view

英高級車メーカーのアストンマーチンは、ファーンボローで開催された国際航空ショーにおいて空飛ぶタクシーのコンセプト「VisionVolanteConcept」を発表した。

エアクラフトは3人乗りで、ハイブリッドモーターを搭載し、垂直離着陸と離陸後にローターの向きを変えることで高速飛行に移行できる。

フロントに2基、後方1基のローターで駆動する。コンセプトはクランフィールド大学、クランフィールド・エアロスペース・ソリューション、ロールスロイスと共同で開発した。

「VisionVolanteConcept」についてアストンマーチンのアンディ・パルメCEO(最高経営責任者)は、性能と高級感で他の類似研究を大きく引き離していると強調。渋滞や環境負荷を改善する究極のモビリティになる、と期待を示す。

現在、ドイツのLilium(ミュンヘン)やVolocopter(ブルッフザール)など数多くの企業が1~2人乗りの空飛ぶタクシーを開発している。また、エアバスとItaldesignも共同開発しており、先日ドイツのインゴルシュタットで空飛ぶタクシーのテスト飛行を行う計画を発表している。

[提供元/FBCBusinessConsultingGmbH]

カレントライフ編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがない方々にも幅広く魅力を伝えられるよう記事を執筆中。ドイツ駐在員が貴重な情報をお届けするドイツ現地レポも随時更新してます。

記事一覧

関連記事

VW、エネルギー子会社を設立

独自動車大手のフォルクスワーゲン(VW)は8日、エネルギー事業を展開する新しい子会社エリ・グループを設立すると発表した。ベルリンに本社を置く。同子会社は…

  • 10 view
BMW、チェコに走行試験場を建設

BMW、チェコに走行試験場を建設

独自動車大手のBMWは12月15日、チェコ西部のソコロフに新たな走行試験場を建設すると発表した。将来の重要技術である電気駆動、デジタル化、自動運転などを試験する計画。例え…

  • 9 view