ランボルギーニ、2025年に初のEVを発表も

  1. ドイツニュース
  2. 85 view

独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)傘下の伊スポーツカーメーカー、ランボルギーニが同社初の電気自動車(EV)を2025年に発表する可能性が出てきた。独自動車専門誌『automotorundsport』(電子版、10月15日付)が消息筋から得た情報として報じた。


※画像はイメージです

現在開発中のEVモデルは4座席のグランドツアラー(GT)とされており、「ウラカン」、「アヴェンタドール」、「ウルス」に続く4番目のモデルとなる予定。当該モデルは、ポルシェとアウディが共同開発した次世代高性能EV専用プラットフォーム「プレミアム・プラットフォーム・エレクトリック(PPE=PremiumPlatformElectric)」を採用する予定で、時速0~100kmの加速性能は3秒以内、航続距離で600キロメートル以上を目指しているという。

ランボルギーニの2019年上半期(1~6月)販売台数は、前年同期比96%増の4,553台に拡大し、過去最高を記録した。そのうち、同ブランド初のSUVモデル「ウルス」の販売は2,693台と好調だった。

[提供元/FBC Business Consulting GmbH]

輸入車のご売却は、なんでもご相談ください!

「外車王」を運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車の高価買取が可能。愛車のご売却はなんでもご相談ください!

売却相談はこちら
外車王SOKEN編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがない方々にも幅広く魅力を伝えられるよう記事を執筆中。ドイツ駐在員が貴重な情報をお届けするドイツ現地レポも随時更新してます。

記事一覧

関連記事