自動車大手など11社、自動運転に関するホワイトペーパー発表

  1. ドイツニュース
  2. 109 view

自動車業界および自動運転技術分野の11社が7月2日、安全な自動運転乗用車の開発・試験・検証の枠組みをまとめたホワイトペーパー「SafetyFirstforAutomatedDriving(SaFAD)」を発表した。米国自動車技術会(SAE)が定義する「レベル3」および「レベル4」の自動運転車を対象としたもので、12の基本原則を基盤としている。同文書を通して、自動運転に関する業界標準を定める際に、検証を含めた「セイフティ・バイ・デザイン」の重要性を強調することが目的としている。

同文書には、自動車大手のアウディ、BMW、ダイムラー、フォルクスワーゲン(VW)、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)、自動車部品大手のコンチネンタル、アプティブ、半導体大手のインフィニオン、インテル、デジタル地図大手のヒア、中国の検索エンジン大手である百度(Baidu)が合意している。

参加企業は今後、世界で開催される業界会議などで同文書を紹介していく予定。

[提供元/FBC Business Consulting GmbH]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
カレントライフ編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがない方々にも幅広く魅力を伝えられるよう記事を執筆中。ドイツ駐在員が貴重な情報をお届けするドイツ現地レポも随時更新してます。

記事一覧

関連記事

VW、カーシェアリング事業に参入

独自動車大手のフォルクスワーゲン(VW)は4日、カーシェアリング事業に参入する計画を発表した。顧客プラットフォーム「WE」を立ち上げ、顧客ニーズに応じてカーシェアリングな…

  • 53 view